クラロワのランバージャック


 クラロワのランバージャック(アリーナ14でアンロック可能)の使い方・デッキ・対策について紹介していく。

ランバージャックの目次

性能・使い方
デッキ考察
対策
目次にもどる

ランバージャックの性能・使い方

 クラロワのランバージャックの性能は以下の通り。
コスト4
レア度ウルトラレア
タイプユニット

レベル9のダメージ、毎秒ダメージ、HP
ダメージ200
毎秒ダメージ250
HP1060

攻撃速度0.8秒
攻撃目標地上
移動速度とても速い
射程近接(短距離)

考察
 ランバージャックは4コストの近接攻撃ユニット。そこそこ高めのHPと高い火力を持つ上に移動速度が速い。攻撃用ユニットとして優れている。

なぜか、異様なほど攻撃速度が速く、小型の複数ユニットへの耐性もある程度ある。だが、範囲攻撃できるユニットで援護してやると、より攻撃が成功しやすくなる。
死亡すると、その場所にレイジの呪文(ユニットの攻撃速度や移動速度が上昇、建物のユニット生産速度アップ)が放たれるのが特徴。

よって、ランバージャックが前衛を務めて敵タワー前で最初に倒れ、後続の火力&タワーへの到達速度を上げるのが理想の使い方となる。
特に敵タワーに到達すれば大ダメージを与えられるエアバルーンとの相性は抜群にいい。
 防衛でも十分強力で、倒れた後はレイジが発動するため、味方ユニットを多く巻き込めば、それだけで防衛力が高まる。
 ランバージャックは攻守で役立つ強力カードなので、育てておいて損はない。

目次にもどる

ランバージャックのデッキ考察

 ランバージャックは飛行ユニットには攻撃できない。飛行ユニットに攻撃できるカードは何かしらデッキに入れておきたい。
中でもおすすめのデッキを紹介する。

ランバージャック+エアバルーンデッキ


ランバージャック
 そこそこのHPと高めの火力を誇る攻撃用ユニット。相手のスキをみてランバージャックを敵タワーに突っ込ませ死亡→レイジ発動からエアバルーン突撃がこのデッキの基本戦法だ。

エアバルーン
 建物のみを狙う飛行ユニット。一撃の威力が非常に高いことが特徴。ランバージャック死亡でレイジを発動させておけば移動速度が上がり、高速でタワーまで到達可能だ。

フリーズ
 敵の動きを止める呪文。敵のタワー&防衛ユニットに使用し、エアバルーンでの攻撃を通すために使用する。

ライトニングドラゴン
 ランバージャックやエアバルーンに随伴して、気絶攻撃で敵防衛ユニットの反撃を弱めるのが任務。連鎖で3体まで攻撃できるので、小型の複数ユニット対策にもなる。

アイスゴーレム
 コストの低さの割に高いHPを持つ壁ユニット。ターゲットをとり、ランバージャックやエアバルーンが敵タワーまで辿り着きやすくする。防衛でも活躍。

プリンス
 相手デッキの対空性能が高い場合は、ランバージャックでレイジ発動からプリンス突撃も有効。また、単体ユニットに対する防衛でも使用する。

スケルトン部隊
 15体ものスケルトンが出撃する。その火力は圧倒的であり、大型単体ユニットを素早く処理できる。主に防衛で使用するが、防衛成功後はランバージャックなどを加えてカウンター攻撃につなげてもいい。

ローリングバーバリアン
 タルが転がりバーバリアン1体を出現させる呪文。小型の複数ユニットを処理しつつ戦力を増加させられる。レイジ発動中に使えれば特に強い。

 ランバージャックはこのデッキの主力だ。
アイスゴーレムを後ろに配置して攻めたり、ライトニングドラゴンで小型ユニット対策をしたり、相手がユニット配置した逆サイドに配置するなどしよう。
ある程度工夫すれば、ランバージャックのHP、火力、攻撃速度、移動速度が高水準なのでタワーまで辿り着くのはそれほど難しくない。
たとえ、敵陣中ほどで倒れたとしても、最低限の役割は果たせている。
ランバージャックが死亡するとレイジが発動するので、エアバルーンを配置する。エアバルーンが高速化しタワーまで辿り着きやすくなり、大打撃を与えることが可能だ。


ランバージャック+メガナイトデッキ

ランバージャック
 死亡時レイジ発動で、後続のメガナイトやラムダイダーで強力な攻めが可能。

メガナイト
 高HPで壁となるユニット。出現時効果を使った防衛と、その後のカウンター攻撃で活躍する。ランバージャックでレイジを発動させておくと攻めがより強力になる。

スパーキー
 基本的には防衛で使い、攻めではメガナイトの後ろに配置して攻めるのが基本。敵陣内まで辿り着ければ、高い攻撃力で敵に大きな被害を与えることができる。

ラムライダー
 高速で建物を狙いながらも投げ縄でダメージを与えていける。ただでさえ高い突破力をランバージャックの死亡時レイジで引き上げてやるとより強力。

プリンセス
 遠距離攻撃ユニット。主に逆サイド防衛で使っていく。対空防衛でも役立つユニット。

エレクトロウィザード
 対空防衛の要。メガナイトの天敵であるインフェルノドラゴン対策にもなる。

漁師トリトン
 地上防衛で活躍。敵ユニットを自陣中央や逆サイドに送って処理できる。

ローリングウッド
 高めのダメージ、ノックバック効果、敵タワーを攻撃可能の汎用2コスト呪文。

 ランバージャックはこのデッキの先鋒を務める。
敵地上ユニットが攻めてきた時に防衛で出すのが基本。高い火力で十分に防衛に貢献できる。
その上でランバージャックが死ぬ直前にメガナイトやラムダイダーを後ろに追加してやれば、高速で攻めることが可能。
2倍エリクサータイムなどであれば、更に後ろにスパーキーを加えることも可能で非常に強力な攻めができる。
以上のカードは飛行ユニットに一方的に攻撃される。プリンセスやエレクトロウィザードでサポートを行って攻めていこう。

ゴレヒーラーダクネデッキ

ゴーレム
 火力はそれほど高くないが、耐久力は最強と言っていい。他ユニットでサポートしながら前進させて敵タワーを破壊しよう。

バトルヒーラー
 高HPかつ自身も回復可能なので、防衛でのタゲ取りで使える。攻撃ではゴーレム、ダークネクロなどの攻め集団の中に配置しておきたい。敵を攻撃することで、攻め集団のHPを回復させ延命させることができる。

ダークネクロ
 コウモリを出撃させる4コスト単体攻撃地上ユニット。防衛やゴーレムの後衛として活躍する。

60式ムート
 火力が高くシールドHPがなくなると固定砲台(性能はほぼ大砲と同じ)になる。総合耐久はかなりのもの。防衛からのカウンター攻撃で活躍する。

ランバージャック
 防衛で使用しカウンター攻撃して倒れてレイジ発動からの後続突撃が理想。

執行人ファルチェ
 一直線上の敵を攻撃できる。小型の複数ユニットや飛行ユニットを始末できる。敵を一か所に集められるトルネードとも相性がいい。

ライトニングドラゴン
 気絶攻撃で敵の火力と機動力を落とす。特にゴーレムの後衛に配置するとゴーレムが更に死にづらくなり強力。

トルネード
 序盤にキング起動をしておけば本格的に攻めるための逆サイドの備えとして役立つ。

 このデッキでも防衛で使った後に前衛として突撃させ倒されてレイジを発動させるのが基本。
その後にゴーレムや60式ムートを攻め込ませる立ち回りが強力(ゴーレムの場合はきちんど後衛も用意したい)。
ゴーレムがより素早く、60式ムートの火力がより上がるので相手は非常に防衛しづらい。
ランバージャックが倒れるタイミングとゴーレムや60式ムートが敵陣に入るタイミングをよく計算する必要があるが、成功すれば非常に強力だ。

ロイジャイランバーデッキ


ロイヤルジャイアント
 ユニットを無視してタワーを遠距離攻撃できる主力攻めユニット。

ランバージャック
 高火力と機動性、死亡時レイジが魅力の4コストユニット。

メガガーゴイル
 火力が高い3コスト飛行ユニット。基本的に防衛で使うがロイヤルジャイアントを壁にしてカウンター攻撃でも使える。

ベビードラゴン
 範囲攻撃持ち4コスト飛行ユニット。小型の複数ユニットをまとめて処理してロイヤルジャイアントの援護を行おう。

ゴブリンの檻
 檻+リベンジゴブリンのHPは4コスト建物の中でも随一。攻撃を受け止めている間に他ユニットで援護して防衛しよう。

エレクトロスピリット
 1コスト気絶効果持ち自爆ユニット。ロイヤルジャイアントが攻める際の援護に使っていこう。

ライトニング
 ダメージが大きく3体まで攻撃できる6コスト呪文。このデッキではロイヤルジャイアントが攻撃する邪魔となる建物撃破に使っていく。

ローリングバーバリアン
 タルが転がり敵にダメージを与えつつバーバリアンでタゲ取り+攻撃が可能。特にカウンターで役立つ。

 ランバージャックは火力を活かし防衛で使用した後、カウンター攻撃に使うといい。後続としてロイヤルジャイアントを突っ込ませてレイジで火力を上げると、非常に強力な攻めとなる。


目次にもどる

ランバージャックの対策

 ランバージャックは火力が高い上に、たとえタワーを攻撃される直前に倒せたとしてもレイジで後続が強化されてしまう。
 攻撃されない飛行ユニットや小型の複数ユニットで早めに倒すのがおすすめの対策だ。


カード一覧(50音順)へ戻る
カード一覧(コスト順)へ戻る
カード一覧(アリーナ順)へ戻る

page top