クラロワのスケルトン部隊


 クラロワのスケルトン部隊(アリーナ2でアンロック可能)の使い方・デッキ・対策について紹介していく。

スケルトン部隊の目次

性能・使い方
デッキ考察
対策
目次にもどる

スケルトン部隊の性能・使い方

 クラロワのスケルトン部隊の性能は以下の通り。
コスト3
レア度スーパーレア
タイプユニット

レベル9のスケルトン1体のダメージ・毎秒ダメージ・HP、スケルトンレベル
ダメージ67
毎秒ダメージ67
HP67
スケルトンレベル9

同時出撃数15

考察
 スケルトン部隊は3コストで15体のスケルトンが出撃するユニット。15体分の火力は圧倒的で、ジャイアントやホグライダーといった建物以外に攻撃手段を持たないユニットや、ペッカやプリンスなど1体ずつしか攻撃できないユニットを素早く処理することができる。特に防衛で役立つユニットと言える。

 敵ユニットを倒した後は、移動速度の速さと数を利用してのカウンター攻撃に使うこともできる。特に高HPユニットでタゲ取りしてやれば、タワーの矢で倒されずにタワーまで到達できるので、大ダメージを与えることが可能だ。
中央に出すことで、両サイドにスケルトンを送る使い方もある。両サイド攻めに使ったり相手が両側から攻めてきた場合も対処できる。

また、相手のゴブリンバレルが見えたら、素早くアリーナタワー下にスケルトン部隊を配置することで、ゴブリンバレルからのダメージ0で処理が可能だ。
 ただ、スケルトン1体のHPが低く、範囲攻撃持ちや呪文で一瞬で倒されてしまうこともあるのが弱点なので注意。
 スケルトンは攻守で役立つカードであり、育てておいて損はない。

目次にもどる

スケルトン部隊のデッキ考察

 スケルトン部隊の弱点は範囲攻撃や呪文。HPの高いユニットも一緒に入れておくことで、まとめて対処されることを防げる。
中でもおすすめのデッキを紹介する。

ランバージャック+エアバルーンデッキ


ランバージャック
 高火力・高機動で攻めの際に力を発揮するユニット。死亡後にはレイジが発動する。続けてエアバルーンやプリンスで攻撃を仕掛けていくといい。

エアバルーン
 レイジ発動後に出すことで速度上昇し、タワーに到達しやすくなる。攻撃速度も上がるので複数回攻撃が成功することも多い。

フリーズ
 効果範囲内の敵の動きを停止できる強力呪文。特にエアバルーンで攻める際に使うとタワー到達させやすい。

ライトニングドラゴン
 気絶効果と連鎖効果を持つ。敵の反撃力を弱め、連鎖で小型の複数ユニットを処理し、インフェルノ系のダメージ上昇をリセットするなど、様々な場面で活躍するサポートユニットだ。

アイスゴーレム
 HPが高く壁として使えるユニット。コストが軽いので、敵のターゲットとりをして他ユニットを延命させることができれば、十分活躍していると言っていい。

プリンス
 高い火力とHPを活かした敵単体ユニット防衛や、レイジ発動後の突撃要員として活躍する。汎用性が高い強力カードだ。

スケルトン部隊
 主に防衛で使用。スケルトン15体分の圧倒的火力で敵単体ユニットを倒す。1体の範囲攻撃や呪文に弱いので扱いには注意が必要だ。

ローリングバーバリアン
 小型ユニットを処理するのに役立つ呪文。出たバーバリアンはターゲット取りやレイジ後の高速攻撃要員として活躍可能。

 スケルトン部隊は非常に火力が高く、敵単体ユニットを瞬殺できる。
ただ、使うタイミングが重要。1体のHPが低いのでローリング系呪文やザップで簡単に全滅してしまう。できるだけ敵が呪文を使った後に出していきたい。
また、範囲攻撃ユニットの攻撃に巻き込まれないようにするのも重要。
基本的には敵が単体ユニットを出してきたら、防衛でスケルトン部隊を出して倒す立ち回りでいい。
問題は、倒すべき単体ユニットと範囲攻撃持ちユニットが一緒にいる場合だ。
この場合は、プリンスやアイスゴーレムなどHP高めのユニットがターゲットをとっている間にスケルトン部隊を出して、敵ユニットの排除を行っていこう。

ホグバレルデッキ


ホグライダー
 そこそこのHP・火力と高機動性を持った建物狙いユニット。ユニットを無視するためタワーに攻撃が刺さりやすい。

ゴブリンバレル
 ゴブリン3体を好きな場所に出現させる呪文。呪文を枯渇させ、別ユニットでタゲをとった上で放てば、タワーに打撃を当てやすい。

ボウラー
 発射する岩は敵ユニットを貫通し、大型でなければノックバックする。敵が一直線上になる橋付近での防衛で活躍する。

ロケット砲士
 ノックバックを活かして自陣に長くとどまり防衛する。対空でも役立つユニットだ。

スケルトン部隊
 単体攻撃ユニットや建物狙いユニットの防衛で使うのが基本。

インフェルノタワー
 当て続けるとダメージが上昇していくレーザーにより、地上・空中の大型ユニット対策が可能。

ロケット
 超威力呪文。まとまっている敵やタワー削りに使用する。

矢の雨
 攻撃範囲の広さが特徴の3コスト呪文。攻守で使えるができるだけ攻めの援護で使いたい。

 このデッキでもスケルトン部隊は攻め込んできた単体攻撃ユニットや建物狙いユニットの処理に使っていく。
呪文で除去された場合には、ゴブリンバレルを撃ちこむチャンスとなる。
他カードでしっかり防衛した上でカウンター攻撃を仕掛け、その際にゴブリンバレルを撃ち込めば攻撃が成功しやすい。

ラヴァバルーンデッキ

ラヴァハウンド
 飛行ユニットの中で最も高いHPを誇り、建物を狙うユニット。後方から出し、敵陣突撃前にエアバルーンを後衛に配置するのが理想の攻め方。

エアバルーン
 建物のみ狙い、一撃のダメージが凄まじい飛行ユニット。ラヴァハウンドの後ろに配置できれば攻撃が成功しやすい。

コウモリの群れ
 HPが低いが他のユニットでターゲットさえとっていれば、高い火力で攻守で活躍する。

スケルトンドラゴン
 コウモリの群れと同じくターゲットさえとっていれば高火力範囲攻撃で攻守で活躍できる。

ディガー
 ラヴァハウンドが撃破された後のラヴァパピィ6体の延命用に敵タワーに出現させターゲットを取る。

スケルトン部隊
 このデッキでも攻めてきた単体攻撃ユニットを素早く処理するために採用。

ボムタワー
 範囲攻撃ができる建物。ボムタワーが地上ユニットの攻撃を受け止めている間に他ユニットで防衛しよう。

ザップ
 ラヴァハウンドやエアバルーンが苦手とするインフェルノ対策として採用。

 このデッキの場合、飛行ユニットが非常に多い。
特に対空できない敵地上ユニットは飛行ユニットを素通りして自陣に殺到する。
単体攻撃ユニットに対してはスケルトン部隊、それ以外にはボムタワーで対応していこう。

目次にもどる

スケルトン部隊の対策

 スケルトン部隊を相手が持っている場合、1体ずつしか攻撃できないユニット単体で攻めるのは危険。スケルトン部隊で一方的に倒されてからのカウンター攻撃を喰らいやすい。
単体ユニットと範囲攻撃持ちユニットを同時に進軍させるなどして対策したい。他のユニットと一緒にスケルトン部隊がいる場合呪文でまとめて攻撃してもいい。


カード一覧(50音順)へ戻る
カード一覧(コスト順)へ戻る
カード一覧(アリーナ順)へ戻る

page top