スポンサーリンク



自己紹介

 ドラゴンと言います。
FPSやアクションゲームで強くなるには練習も必要ですが、
だが、知識と準備も非常に重要です。
強い武器、強い装備、強いキャラを知り、強い立ち回りをすることで最強へ大きく近づけます。
ヘッドセットやモニターなどを準備することでも強くなれます。
これらの情報について紹介していきます。

Twitter




↑フォローよろしくお願いします。

FPSするならヘッドセットを買おう。

 FPSやバトロワのゲームをする場合、敵の足音を聞くためにヘッドセットは必ず買おう。
ゲーミングヘッドセットがなくても足音は聞こえるというプレイヤーはいるかもしれない。
だが、足音が聞こえてもその方向が正確に分からなければ、敵の位置の完全な特定は難しい。
聞こえているつもりで、実際は大きい足音しか聞けていない可能性もある。
実際、安物のヘッドセットを使っていたり、ヘッドセットを使っていなかったフレンドに
性能の高いヘッドセットを勧めてみると、
「足音がする方向が前後左右だけでなく上下も分かる。」、 「今まで聞こえなかった細かな音が聞こえ、世界が変わった。」、
「敵の位置が簡単に分かる!」などと非常に好評だ。
価格や機能などをよく見て、自分にあったものを選んで買うのをおすすめする。
とはいえ、数が多すぎてどれを買えばいいのかわからないという人も多いはずだ。
そこで、自分やフレンドが実際に使って良かったヘッドセットを紹介するので、ぜひ確認してみてほしい。

HyperX HX-HSCOS-GM/WW


 自身が最近買ったヘッドセット。
今まで聞こえなかった細かな音が聞こえ、驚くこと間違いなし。
値段は高いが、わずかな足音すら逃さず聞こえ、
最強クラスのヘッドセットと言える。
PS4以外でもPCやスマホでも使えるなど汎用性も高い。

SteelSeries Arctis 7


 ワイヤレスのゲーミングヘッドセット。
有線ではコードが邪魔で嫌だという人におすすめ。
S1 オーディオドライバーにより音が立体的に聞こえ、
足音の方向がよくわかるので、性能も高いと言える。
値段もそれほど高くないので、予算がない場合にもおすすめなヘッドセットだ。

キングストン HyperX Cloud II


 こちらはPS4を買って最初に使っていたヘッドセット。
値段もそれほど高くなく、7.1バーチャルサラウンドサウンドに切り替えるスイッチがあり、 敵の足音を十分聞くことができる。
FPSやバトロワも試しにやってみたいという人にはおすすめできるヘッドセットだ。

 どのFPSやバトロワでも足音が重要であることは多い。
FPS、バトロワ好きのプレイヤーであれば、多少高くても性能が高いヘッドセットを買うことをおすすめする。

ゲームで勝ちたいならモニターをチェック

 ゲーミングモニターはテレビや安物モニターより応答速度(MS)が優れているため、敵をわずかに速く認識できるようになる。
このわずかな差がFPSでは勝敗を分けることがよくある。
FPSやバトロワをPS4でやっているなら、ぜひゲーミングモニターでプレイしたい。
特におすすめのゲーミングモニターが、Acer ゲーミングモニター SigmaLine 24.5インチ KG251QHbmidpxだ。
 応答速度が0.6MSと非常に速いのが特徴(数字が小さいほど速く、普通のテレビの場合8MS前後)。
加えて、解像度1920×1080(フルHD)で遠距離にいる敵も見つけやすい。
画面サイズもちょうどいい24.5インチ(プロが使っているモニターは24インチ前後が多い)。
そして、リフレッシュレート144hz(画面を1秒間に何回切り替えるかを示す数値)を持つのがが重要。
性能発表では、PS4では60hzまでしか画面切り替えができなかったが、今後発売される予定のPS5であれば120hzまで切り替え可能になる模様。
リフレッシュレート60hzのモニターも多いが、それではPS4ではよくても、PS5に使うモニターとしては性能不足となる。
PS5を買う可能性が高いプレイヤーにもこのモニターはおすすめできる。
これだけの性能を持ち、この値段は非常に優秀で、実際に買って満足している。
FPSヤバトロワで勝ちたいと思っているなら、ぜひ確認してみてほしい。
実はFPSやバトロワ以外のゲームでも有用。
スマブラSPではこのモニターのおかげでリドリーでVIPになれた。

モンハン持ちができない人へ。

 FPSやバトロワでPS4純正コントローラーを普通に持っていては不利。
R3スティックと〇ボタン・×ボタンを同時に触れないため、
ジャンプ中やスライディング中の視点変更ができないからだ。
そこで、モンハン持ち(右手人差し指で×、〇、□、△を押し、R1ボタンを右手中指で押す。)がおすすめ。

これなら、R3スティックと〇ボタン・×ボタンを同時に操作することができる。
だが、手の大きさや指の長さなどから、モンハン持ち習得の難易度には個人差がある。
実際、フレンドの中にはモンハン持ちに挑戦したものの、断念した者もいる。
「モンハン持ちを断念した」あるいは「モンハン持ちを覚えるのが面倒くさい」という人は
純正コントローラーではなく、別のFPS用コントローラーを買うといい。
おすすめなのはスラストマスターだ。
 このコントローラーには、「背面ボタン」が4つある。
そして、ボタンのマッピングを自由に変更可能。
普通の持ちかたでも、背面ボタンでジャンプやスライディングが出るように設定すれば視点変更との両立が可能となる。
 加えて重要なのは、アナログスティックやトリガー可動域のデッドゾーン調整が可能だったり、
スティックや各ボタンなどのモジュールの配置変えが可能な点。
自分にあうようにコントローラーを徹底的にカスタマイズできるのが凄い。
モンハン持ちしたくない人だけでなく、FPSで勝ちたいと思っている人もぜひ確認してみてほしい。
また、PCにも対応しているので、PCでゲームをすることがあるという人にもおすすめだ。

 「コントローラーは高すぎるし、今の純正コントローラー(DUALSHOCK4)も健在。」という人におすすめなのが、
DUALSHOCK4 背面ボタンアタッチメントだ。
これを、DUALSHOCK4にとりつければ、2つの「背面ボタン」が増設できる。
「背面ボタン」にジャンプやスライディングのボタンを割り当てれば、
普通の持ちかたでも、モンハン持ちと同様の操作が可能となる。
ボタン割り当てのプリセットを3つまで用意できるので、他のゲームをやる時に素早く切り替えることができるので便利だ。

ゲームをやると疲れるという人へ。

 ゲームをやっている途中に疲れがきたり、腰が痛いという人は多い。
「長い時間やりすぎ」、「年のせい」というのも確かにあるかもしれない。
だが座っている椅子が悪いという可能性も十分にありえる。
アクションゲームでは疲れてしまうと反射神経が落ち成績低下につながってしまう。
そこでおすすめの椅子が、GTXMANのゲーミングチェアだ。
 このゲーミングチェアは高反発ウレタンを採用しているので、座り心地がよく疲れにくい。
また、耐久性と復元力が高く、長く使っても座り心地が変わらない。
座面高さ調節、背もたれ角度調節が可能であり、自分にあった形状にして座ることができる。
長時間ゲームをしても疲れにくく成績向上に役立つはずだ。
他のゲーミングチェアと比較してもかなり安くコスパもいい。
特に今座っている椅子の座り心地が悪かったり、壊れかけの人はこの機会にぜひ確認してみてほしい。

PS4の容量不足で困っていないか?

 最近のPS4のFPS・バトロワゲームは新マップや新武器が次々追加されるのが魅力。
だが、それゆえにPS4の容量を凄まじく消費する。
例えば、2020年5月現在、COD MWの容量は190.9GBと既に自身がプレイしたゲームの中でもダントツトップだ。
これからのアップデートで更に使用容量は増えるし、
アップデート時にはなぜか、アップデート容量以上の空き容量を要求されてしまうこともある。
空き容量が足りず、ついには泣く泣く、昔やっていたゲームを削除した人もいるはずだ。
この問題はSeagate Gaming Portable HDDを買えば解決する。  容量4TB(4000GB)の外付けHDD。
PS4向けとなっており、付属ケーブルとPS4をつないで簡単な設定をするだけで使うことができる。
4TBという容量があれば何十本ものゲームを削除せずにおいておくことができる。
特に複数のゲームをやっている人はぜひ確認してみてほしい。

エイム力を上げたいならエイムリングがおすすめ

 エイム力を上げ、中~遠距離の敵を正確に撃つ助けとなるのがエイムリングだ。


エイムリングをつけると、スティックが稼働する幅を小さくできる。
これにより、エイムの微調整がしやすくなる。
中~遠距離の小さく見える敵を撃ったり、ヘッドショット確率を上げることができる。
eスポーツの大会で使用可能で、実際に10団体以上のプロゲーミングチームで使用されている。
成績を上げたい!と思っているなら、ぜひ確認してみてほしい。

スマホゲームやるならイヤホンを買おう。

 スマホでFPSやバトロワをする場合も足音の方向がわからなければ不利になる。
だが、ヘッドセットでは持ち運びに不便と思っている人もいるかもしれない。
その場合にはゲーミングイヤホンを使うのがおすすめだ。

XROUNDの9-0000AEROXA01


 こちらは手頃な値段のゲーミングイヤホンとなっている。
イヤホンにもかかわらず、優れた定位感を持ち、敵の足音の聞こえる方向がよくわかる。
ヘッドセットでは持ち運びが不便という人には特におすすめなゲーミングイヤホンだ。
このゲーミングイヤホンはゲームにも音楽にも使える二刀流が大きな特徴。
ゲームだけでなく音楽をよく聞くという人もぜひ確認してほしい。

PS4のR2・L2ボタンで困っていないか?

 PS3をやっていたプレイヤーがPS4を買って困るのがR2・L2ボタンの押しづらさだ。
PS3では普通にボタンを押せばよかったのに、PS4では押し込み式になっている。
この改悪のせいで、特にR2ボタンでの射撃が問題となっておりフルオート武器はまだしも、セミオート武器の撃ちづらさは異常レベル。
ひとまず、オプションでL1/L2とR1/R2を反転させるのがおすすめ。
発砲をR1、エイムをL1でできるようになり、かなり戦いやすくなる。
だが、リーサルとタクティカルを使う時に、押しにくいR2やL2を押さないといけないので問題は完全には解決していない。
そこでおすすめなのがSHEAWA PS4 コントローラー用拡張トリガー ハンドルだ。


R2ボタンとL2ボタンに押し込み制限をかけられ、
R1ボタンやL1ボタンと同じようにボタンを押す感覚で操作ができるようになる。

とりつけ簡単で、操作ミスを大幅に減らせる。
特にFPS・バトロワで強くなりたいプレイヤー、他のPS4ゲームも多くやっているプレイヤーはぜひ確認してみてほしい。



  ゲームで勝ちたい!最強になりたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!