クラロワのミニペッカ


 クラロワのミニペッカ(訓練キャンプでアンロック可能)の使い方・デッキ・対策について紹介していく。

ミニペッカの目次

性能・使い方
デッキ考察
対策
目次にもどる

ミニペッカの性能・使い方

 クラロワのミニペッカの性能は以下の通り。
コスト4
レア度レア
タイプユニット

レベル9のダメージ、毎秒ダメージ、HP
ダメージ598
毎秒ダメージ351
HP1129

攻撃速度1.7秒
攻撃目標地上
移動速度速い
射程近接(短距離)

考察
 ミニペッカは非常に高い火力を持つ4コストユニット。1発のダメージが大きくレベル9同士であればマスケット銃士が一撃で倒れるほど。HPもそこそこあり、すぐには死なない上に移動速度も速く、敵の単体ユニットを次々と倒していくことも多く突破力に優れる。タワーまでたどりつければ甚大な損害を与えられることも多い。移動速度が速いのを活かし、敵がエリクサーを消費した後の逆サイド攻撃をするのもいい使い方だ。
 敵単体ユニットに対しての防衛にも役立つ。特にホグライダーやジャイアントなど建物以外に攻撃できないユニットを一方的に素早く処理できる。

防衛に成功した後はミニペッカをカウンター攻撃に使ってもいい。
 ただし、ミニペッカには弱点も多い。1体ずつしか攻撃できない上に1発は重いが攻撃速度が遅いため、小型の複数ユニットを倒すのに時間がかかってしまい、返り討ちにあいやすい。また地上にしか攻撃できず、飛行ユニットには一方的に攻撃されてしまう。ジャイアントやナイトなどの壁ユニットをミニペッカの前に配置したり、マスケット銃士やベビードラゴンなど飛行ユニットを攻撃できるユニットと一緒に攻めるなど工夫したい。
 ミニペッカは使い方を間違わなければ、強いカードなので、育てる選択肢になる。

目次にもどる

ミニペッカのデッキ考察

 ミニペッカの弱点は小型の複数ユニットと飛行ユニットだ。この2種を処理するカードを入れてデッキを組みたい。
中でもおすすめのデッキを紹介する。

ジャイネクロデッキ


ジャイアント
 非常に高いHPを誇る壁ユニットで、ジャイアントの後ろに後衛をつけるのが基本。ミニペッカを配置すればジャイアントがターゲットをとっている間にミニペッカが敵タワーに到達できる可能性が上がる。

ネクロマンサー
 スケルトンを召喚するユニット。ジャイアントの後衛に配置したり、単体ユニットに対する防衛として使う。ネクロマンサー自身は対空もでき、なかなかの汎用性を誇る。

バルキリー
 主に防衛で小型の複数ユニットを処理していく。防衛成功後は高HPを活かして壁となりカウンター攻撃を仕掛けると強力。小型の複数ユニットがミニペッカを後衛に配置するといい。

ミニペッカ
 非常に高い火力を活かし、ジャイアント、エレクトロジャイアント、メガナイトなどに対する防衛に使う。機動力が高く攻めにも使えるが、HPはそこそこ高めレベルなので、バルキリーやディガーでターゲットをとるなどして、タワーまで辿り着かせたい。

ハンター
 ジャイアント、バルキリー、ミニペッカ、ディガーは飛行ユニットに攻撃できない。よって、ハンターは対空防御の要となる存在だ。

ガーゴイル
 主に防衛で使用する3体出撃の飛行ユニット。相手が地上でも飛行でも、ガーゴイルを攻撃できないユニットであれば高い火力で圧倒できる。

ディガー
 主に攻撃で使用。ジャイアントやバルキリーがターゲットをとっている間にアリーナタワーに出してダメージを与えていくのが基本。邪魔なユニットや建物を処理するのにも使える汎用性の高い攻めカード。

矢の雨
 広範囲攻撃可能な呪文。ジャイアント、ミニペッカ、ディガーを小型の複数ユニットで倒そうとするプレイヤーも多いので、これで殲滅する。

 ミニペッカは圧倒的火力を持ち、単体ユニットに対する処理能力が高い。特にジャイアント、ゴーレム、ホグライダーなど建物しか攻撃できないユニットに対して強いので、積極的に出していこう。
防衛が成功したらカウンター攻撃を仕掛けよう。ミニペッカの前にジャイアントやバルキリーを配置したり、ディガーを出すことで敵ターゲットをとり、その間にミニペッカが攻める立ち回りが強い。
ミニペッカをタワー前まで到達させられれば高い火力で大打撃を与えることができる。
ホグライダーデッキ


ホグライダー
 移動速度の速さとユニット無視による速攻が強力。このデッキの主力攻撃カードだ。

ロケット砲士
 防衛で使う遠距離攻撃ユニット。ロケット発射時のノックバック効果により長い間、長い間防衛が可能。HPは低いが距離がとれるのでユニット戦では死にづらい。

スケルトン
 3体出撃ユニット。1コストなのを活かして囮として活躍する。このデッキでは特にロケット砲士を守るのに使っていこう。

アイスゴーレム
 建物のみ狙う高HPユニット。アイスゴーレムが攻撃を受け止めている間に他ユニットで攻め込んできた敵を倒していこう。

テスラ
 地上と空中の敵に対応可能な万能防衛建物。攻撃しない時には地面に隠れるので破壊されづらい点もいい。

ミニペッカ
 高い火力で単体ユニットを処理していく。基本的に防衛で使うが、高い機動性を活かしてカウンターを狙うのもアリ。

巨大雪玉
 ホグライダーの援護にも使うが、特の防衛で強いカード。ノックバック効果とスロー効果で相手の攻めを止める。

アースクエイク
 建物破壊能力に特化した呪文。ホグライダーの攻めの邪魔になる建物を壊していこう。

 このデッキはホグライダーとアースクエイク以外は防衛重視。
ミニペッカも防衛第一で単体ユニットに対して出していこう。
防衛成功後は、ホグライダーを追加してカウンター攻撃を決めるのもアリ。特に相手が小型の複数ユニットを持っていないようならかなり強力な戦法だ。

ホグロケットデッキ

ホグライダー
 そこそこのHPと速い移動速度があり、ユニット無視するため、タワーまで辿り着いて攻撃しやすい。攻めの主力。

ロケット
 ホグライダーでタワーを攻めるのに邪魔な建物を壊してやろう。まとまった敵ユニットの排除や終盤の削りでも活躍。

ローリングウッド
 ホグライダーが苦手とする小型の複数ユニットをまとめて処理可能。

アイススピリット
 自爆範囲攻撃が可能なユニット。1コストなので、ホグライダーの後衛につけたり、囮にしたりと手軽に使える。

アイスウィザード
 スロー範囲遠距離攻撃が可能なユニット。火力は低いが、他ユニットとの連携で力を発揮する。主に防衛で使っていく。

プリンセス
 主に防衛で使う3コストユニット。射程の長さを活かした逆サイド防衛が強力だ。

ミニペッカ
 火力が高く、単体攻撃ユニットに対する防衛で力を発揮する。

盾の戦士
 防衛で使っていく。盾で一撃は耐える上3体いる。一撃が重いペッカやプリンスに特に強い。

 このデッキでも単体ユニットに対する防衛でミニペッカを使っていく。
防衛後、余裕があればホグライダーやアイススピリットを出し、カウンター攻撃に使っていくといい。

目次にもどる

ミニペッカの対策

 ミニペッカは単体なら小型の複数ユニットと飛行ユニットで容易に対策可能。
 だが、他のユニットと組ませたり、こちらのエリクサーがない時に速攻してくるなど、相手も工夫してくる。ミニペッカの火力は非常に高く、対応を誤ると致命的な打撃をこうむることも多い。ある程度エリクサーを残すことを心掛け守備には余裕を持ちたい。


カード一覧(50音順)へ戻る
カード一覧(コスト順)へ戻る
カード一覧(アリーナ順)へ戻る

page top