クラロワのアーチャー


 クラロワのアーチャー(訓練キャンプでアンロック可能)の使い方・デッキ・対策について紹介していく。

アーチャーの目次

性能・使い方
デッキ考察
対策
目次にもどる

アーチャーの性能・使い方

 クラロワのアーチャーの性能は以下の通り。
コスト3
レア度ノーマル
タイプユニット

レベル9のダメージ、毎秒ダメージ、HP
ダメージ89
毎秒ダメージ74
HP252

攻撃速度1.2秒
攻撃目標空中/地上
移動速度普通
射程5
同時出撃数2

考察
 アーチャーは3コストの地上ユニット。遠距離攻撃が可能で2体分計算であれば火力もそこそこある。地上と空中の両方に攻撃でき、汎用性が高い。HPが低いのが弱点で攻撃されると簡単に倒されてしまう。ナイトやジャイアントなどHPが高いユニットをアーチャーの前方に配置するのがいい使い方だ。

 また、自陣中央に出して敵を引きつけたり、アーチャーを1人ずつ左右に分けて展開することもできるなど汎用性が高い。
 ノーマルかつ訓練キャンプで手に入るカードではあるが育てておいて損はない。

目次にもどる

アーチャーのデッキ考察

 アーチャーは非常にHPが低い。必ず、壁となるHPが高いカードも用意してデッキ構築を行おう。
中でもおすすめのデッキを紹介する。

巨大スケルトンデッキ


巨大スケルトン
 このデッキの攻めの主力。死亡時爆弾はタワーダメージが凄まじい。他ユニットで援護してタワーまで進ませよう。

クローン
 巨大スケルトンとその後衛をクローンする。ダブル死亡時爆弾がタワーに当たるのが理想。

アーチャー
 このデッキの防衛を担当する。他のユニットでターゲットをとって攻撃していこう。

オーブン
 ファイアスピリットを出撃させる建物。飛行ユニットに当たる範囲攻撃であるため汎用性は高い。

ゴブリン
 ゴブリン3体のユニット。3体分の火力はそこそこ高く単体ユニットに打撃を与えられる。

ホバリング砲
 防衛や巨大スケルトン&エリートバーバリアンの援護を担当するカード。HPは低いが飛行ユニットなので意外と死にづらい。

エリートバーバリアン
 火力と機動性に優れた2体出撃ユニット。主に防衛で使い生き残ったらカウンター攻撃を仕掛けていく。セパレートして両サイドを守る使い方も有効。

ボンバー
 爆弾を投げて範囲攻撃を行うユニット。HPは低いので、他ユニットの後ろから支援をしていこう。

 アーチャーはこのデッキの守りの主力と言えるカード。
相手が地上ユニットでも飛行ユニットでもアーチャーを自陣中央に出し防衛を行っていこう。
後衛としても優秀なので、エレクトロジャイアントやエリートバーバリアンの後方から支援していこう。
HPが低いので、他のユニットでターゲットをとることを意識するのが大切だ。

高回転攻城デッキ


攻城バーバリアン
 このデッキの攻めの主力。アイスゴーレムでタゲ取りしたり、マジックアーチャーや呪文で援護して、タワーまで到達させたい。

アイスゴーレム
 高HP2コストユニットで囮として攻守で活躍する。死亡時はスロー効果もあり、敵の足止めが可能だ。

ゴブジャイアント
 このデッキのもう一つの攻めの主力。高HPで壁になるので、アーチャーやマジックアーチャーを後衛につけることで攻めの形を作ることができる。

ゴブリン
 2コストの3体出撃ユニット。地上の単体攻撃ユニットや建物狙いユニットに対する防衛で使っていく。

マジックアーチャー
 4コストの遠距離攻撃ユニット。射程も長めだが弾の飛距離が驚異的に長い。特に一直線上に並んだ敵をまとめて処理できるのが強力。

アーチャー
 遠距離攻撃できる2体出撃ユニット。セパレートもでき、戦況にあわせ柔軟な立ち回りが可能。

ポイズン
 4コスト呪文。持続時間が8秒ある。攻める時にあらかじめ撒いておくなどの戦術をとれる。

巨大雪玉
 2コストのスロー効果付き呪文。攻守で役立つが、特に敵陣に撃つ際は着弾時間が遅いので、タイミングをよく考えたい。

 アーチャーは防衛や、ゴブジャイアント、攻城バーバリアンの後衛として使っていく。
セパレートとすることも可能。
攻城バーバリアンを使う都合上、両サイド攻めすることが多く、セパレートできるのが特に役立つ。
また、両サイド攻めをするということはカウンターで両サイド攻撃されやすい。
その場合もアーチャーのセパレート防衛が役立つ。

高回転ウォールブレイカーデッキ


ウォールブレイカー
 高速建物狙い自爆ユニット。カウンターやエリアドをとった場合に橋前に出し、速攻を仕掛けダメージを与えていく。

ゴブリン
 2コスト3体出撃ユニット。単体攻撃ユニットや建物狙いユニットに対する防衛で活躍する。

スケルトン
 1コストの3体出撃ユニット。単体攻撃ユニットに対する防衛で使用。自陣中央に出せばかなり時間稼ぎできる。

ナイト
 このデッキ唯一の高HPユニット。攻守で壁として活躍する。

アーチャー
 2体出撃の遠距離攻撃ユニット。2体分の火力は高め。後方支援や対空で使っていく。セパレートできるので両サイド防衛も可能。

ガーゴイル
 3体出撃の飛行ユニット。高い火力を活かして防衛で使用。対空でも活躍する。

ボンバー
 範囲攻撃で地上の小型の複数ユニットをまとめて倒すことができる。

墓石
 3コストの建物。建物自体が囮となり、スケルトン出撃でダメージ稼ぎをしてくれる。防衛で非常に重要なカードだ。

 アーチャーは高い火力を持ち後方支援で活躍する。
できるだけ死なないよう、ナイトや墓石などでタゲ取りした上で、アーチャーで援護しよう。
アーチャーが敵近接ユニットに近づかれ倒されそうな時はスケルトンを出して延命するのも手。

目次にもどる

アーチャーの対策

 アーチャーはHPが低い。ベビードラゴンやハンターなど範囲攻撃持ちのユニットなら簡単に倒せる。
また、アーチャーが自陣付近まで来たところで小型複数ユニットを投入するのもいい対策方法だ。


カード一覧(50音順)へ戻る
カード一覧(コスト順)へ戻る
カード一覧(アリーナ順)へ戻る

page top