VALORANTのイニシエーターの立ち回り

 VALORANT(ヴァロラント)でイニシエーターに属するキャラは攻撃支援や索敵のアビリティを持っている。壁の向こう側にいる敵に対しても作用するもの多いのが特徴で味方の援護ができる。味方と一緒に行動して立ち回りすることで勝利に貢献できるキャラが揃っている。

イニシエーターの立ち回り目次

KAY/O
ソーヴァ
スカイ
ブリーチ
目次にもどる

KAY/Oの立ち回り


 KAY/Oは敵を抑制状態(アビリティを使用できない)にするアビリティを持つイニシエーター。
 ゼロ/ポイント(E)はナイフを投げて、着弾した周辺の敵を抑制状態にする。壁の向こう側にいる敵にも効果があるのが強力だ。

 ヌル/コマンド(X)は周囲の広範囲の敵を抑制状態にするパルスを3秒に1回放つ上に自身の武器のレートが上がる。
 敵を抑制状態にして弱体化させ突破口を開くのはKAY/Oにしかできない立ち回りであり他キャラと比較した大きな差別化要素と言える。
 その他、ダメージフィールドを形成するフラグ/メント(C)やフラッシュバンを投げるフラッシュ/ドライブ(Q)など汎用性が高いアビリティを持っており1人でも比較的戦いやすい。
 KAY/Oの詳細については以下の記事で紹介している。
KAY/O考察

目次にもどる

ソーヴァの立ち回り


 ソーヴァは索敵に特化したイニシエーターだ。
 オウルドローン(C)はカメラ付きドローンを操作でき、を敵がいるかもしれない場所を確認する手段として優秀。

 リコンボルト(E)は着弾した矢からパルスが出て敵の位置を表示してくれる。
どちらも極めて強力な索敵手段だが、特に自身が無防備になるオウルドローン(C)は1人では使いづらい。味方と一緒に行動することが特に大切になるキャラと言える。
壁を貫通するハンターズフューリー(X)や爆発する矢を放てるショックボルト(Q)など攻撃性能もある。索敵と組み合わせて使うと強力だ。
 ソーヴァの詳細は以下の記事で紹介している。
ソーヴァ考察
目次にもどる

スカイの立ち回り


 スカイは索敵、攻撃、回復などバランスよくこなせるイニシエーターだ。
 特にガイディングライト(E)は攻撃と索敵を両立した強力なアビリティ。

 鳥を操作し起爆すれば敵の視界を奪うことができ、敵に当たった場合「見えないでしょ」というボイスが流れることから索敵にも使うことができる。
 リグロウス(C)で自身は回復できないものの味方を回復できる珍しいイニシエーターでもある。
 スカイは汎用性が高く様々な立ち回りができるイニシエーターと言える。詳しくは以下の記事で紹介している。
スカイ考察

目次にもどる

ブリーチの立ち回り


 ブリーチは壁貫通攻撃を得意とするイニシエーターだ。何と全てのアビリテイが壁を貫通する。
 特にローリングサンダー(X)は範囲が広く当たった敵を眩暈状態(視界が狭まり視認性が低下し、移動速度が低下し、ADSができなくなる)にできる。敵に移動を強制させその間に攻め入る動きが可能。

 その他、ダメージを与えるアフターショック(C)、敵の視界を奪うフラッシュポイント(Q)、ローリングサンダー(X)の小型版と言えるフォールトライン(E)など様々な壁貫通攻撃が可能。
 ブリーチは特に壁があり狭い場所を突破するのに役立つキャラとなっている。詳細は以下の記事で紹介している。
ブリーチ考察

エージェントまとめへ戻る

VALORANT(ヴァロラント)のpage top