y6 オーバーウォッチ2のシグマの性能・立ち回り・対策を究める。

オーバーウォッチ2のシグマについて


 オーバーウォッチ2(OW2)のシグマはタンクの割に火力が高いヒーロー。ロールはタンクであるためノックバックを受けづらく、ダメージや回復を与えたヒーローのアルティメットチャージ量が少なくなる。
詳しい性能・立ち回り・対策について紹介していく。

オーバーウォッチ2のシグマの考察目次

基本性能
ハイパースフィア
エクスペリメンタル・バリア
グラビティ・フラックス
キネティック・グラスプ
アクリーション
立ち回り
対策
目次にもどる

シグマの基本性能

 シグマの基本性能は以下の通り。
個人的使用難度★★★★☆
個人的強さ評価★★★★★
HP+アーマー350+200=550
 シグマの特徴はシールドを持っており壁にもなれ火力も高い点。弱点が少なく上手く扱えれば非常に強力なヒーローだ。
 ただ、2点バーストのメインウェポン、メインウェポンとの連携が重要なグラビティ・フラックスなど慣れが必要な攻撃手段が多く、初心者が使いこなすのは少し難しい。

目次にもどる

シグマのハイパースフィア

直撃ダメージ55
ヘッドショット判定なし
DPS約73
射程約22m
マガジン弾数無限
射撃モードフルオート
 シグマのメインウェポン。球体を2連発して攻撃する。1発のダメージは55で初弾を撃ってから次の2発を撃てるまでにかかる時間は約1.5秒。

 DPSはダメージヒーローと比較すると低い。ただ2発をどちらも直撃されれば110ダメージ。障害物などを利用して撃つ時のみ出るようにしていれば連射力の低さはカバーでき撃ち合いでもかなり強い。たとえ障害物がない撃ち合いでも他アビリティとの組み合わせで多くにヒーローに対し有利に立つことができる。
 活かすのはやや難しいが、壁に跳ね返る性質があり直撃せずとも爆風に敵を巻き込めば小ダメージを与えられる。
 弾速は速くはない上に2点バースト(1回ボタンを押すと押した時間がどれだけ短くとも2発は発射される)。1発目を撃ってから2発目発射までの時間は約0.2秒あり、その間は敵に照準をあわせ続ける必要がある。慣れるまではやや命中させるのが難しいかもしれない。

目次にもどる

シグマのエクスペリメンタル・バリア

耐久700
射程無限に近い
クールダウン約2秒
 シグマはサブウェポンボタンでエクスペリメンタル・バリアを設置できる。

 サブウェポンボタンを押し続けることでバリアは前進、ボタンを放すと静止する。ボタンを押した後に即放せば自身の即正面に配置できる一方。長く押し続けて放すことでバリアを遠距離に配置することも可能である(射程距離は無限に近い)。自分だけでなく遠くにいる味方のサポートも可能だ。
 バリアを配置後、もう一度サブウェポンボタンを押すとしまうことができる。バリアをしまうと約2秒のクールダウンが発生しその間は再度出せないので注意。
 バリアをしまっている状態であれば、約2秒で回復がはじまる。
 耐久は700でラインハルトのバリア・フィールド(耐久1200)と比較するとすぐに壊されやすい。バリアの耐久が0になり破壊されると285前後に回復するまで展開できなくなる。小まめにしまって回復させできるだけ壊されないようにしたい。シグマはエクスペリメンタル・バリアの他に後述するキネティック・グラスプというアビリティもある。2つを交互に使っていけばバリアは壊されにくくなる。


目次にもどる

シグマのグラビティ・フラックス

ダメージ50+敵の最大HPの半分
制限時間約5秒
 シグマのアルティメット。発動すると自身が浮いた状態になる。攻撃はできないが、移動と上昇(ジャンプボタン)が可能。メインウェポンボタンを押すことで攻撃範囲(薄紫色で示される)の敵を持ち上げることができ、50ダメージ与えられる。

 持ち上げた状態では自身がメインウェポンでのみ攻撃可能となる。ここでメインウェポンを敵に浴びせるといい。
 持ち上げてから約2秒後に叩きつけが発生し、敵の最大HPの半分のダメージを与えることが可能。
 アルティメットとメインウェポンのダメージをあわせることでほとんどのダメージとサポートを撃破可能であり、非常に強力なアルティメット。
 ただし、アルティメット中の敵は移動できないだけで攻撃できる。できるだけ耐久が残っている時にアルティメットを発動したい。
 ジャンプボタンで結構ありえない高さまで上昇可能。場合によっては高く上がっておき持ち上げを仕掛ければ敵はどこから持ち上げを仕掛けられたのかわからず反撃されにくい。また、アルティメット終了後に上空から落下しながらの奇襲を仕掛けることもできる。
 敵を持ち上げることでペイロードから引き離し、時間を稼いで勝利する戦法も可能。
目次にもどる

シグマのキネティック・グラスプ

吸収率60%(上限400)
制限時間約2秒
クールダウン約12秒
 シグマの防御アビリティ。約2秒間、正面にからの攻撃を吸収して自身のライフに変換できる。

 ただしザリア、シンメトラ、メイ、モイラなどのビーム攻撃や格闘系の攻撃は防げないので注意。
 クールダウンが長いが非常に強力。ピンチ時でも上手く吸収できれば態勢を立て直すことができる。

目次にもどる

シグマのアクリーション

直撃ダメージ100
準備時間約0.75秒
クールダウン約10秒
 シグマのアクリーションは照準の方向へ岩石の塊を飛ばすことができる。

 直撃すればダメージが100と高く、かすった敵に対しても小ダメージを与える。更にはノックバック&スタン効果までついている。敵の場外やメインウェポンでの追撃を狙えるので当てられれば非常に強力。
 ただ、ボタンを押してら岩石を放つまでに約0.75秒かかってしまう上、放つまでの間は移動速度が落ちる。そのため逃げられてしまうことも多い。閉所など逃げづらい場所で仕掛けるなど工夫したほうがいい。
 同高度正面を狙った場合射程は20mをちょっと超える程度。それ以上の距離にいる敵を狙う時には視点を上げれば山なりに飛ぶのを活かせ射程を伸ばすことができる。

目次にもどる

シグマの立ち回り


 シグマはメインウェポンとアクリーション、更にアルティメットなど火力は充実している。どれも扱うのに慣れが必要であるが、こればかりは練習するしかない。
 注意したいのは防御面だ。エクスペリメンタル・バリアの耐久は700であり、割とすぐに使えなくなる。キネティック・グラスプと交互に使ったり、障害物を壁にするなどしてエクスペリメンタル・バリアの回復時間を作り長持ちさせていく立ち回りを心掛けていきたい。

目次にもどる

シグマの対策

 シグマは弱点が少なく、これをといった対策はない。
強いて言えば、ビーム攻撃を持つザリア、シンメトラ、メイ、モイラや格闘攻撃が強力なラインハルトであれば、キネティック・グラスプが怖くないので戦いやすい。

オーバーウォッチ2のヒーローまとめへ戻る

page top