公開日:2023/11/14  更新日:2024/02/14

COD MW3のSTRIKER 9の性能とカスタム

  初心者オススメ度★★★☆☆

中級者以上オススメ度★★★★☆

COD MW3のSTRIKER 9

COD MW3のSTRIKER 9はレートが高めだが低威力のサブマシンガン(SMG)だ。

詳しい性能とカスタムについて紹介していく。

COD MW3のSTRIKER 9の目次

性能
アプデ
おすすめカスタム
目次にもどる

STRIKER 9の性能

COD MW3のSTRIKER 9で戦闘

COD MW3のSTRIKER 9はレート約857.1RPM。

最大ダメージが出る射程内のヘッドショットダメージは41、ボディ上部ダメージ(胸)は35、ボディ下部(腹)ダメージは35。頭>胸・手・腹>足のようなダメージ設定となっている。

約14mまでは頭以外のどこに当てても5発キルでキルタイムは約0.28秒と速め。あまり現実的ではないが、頭2発+胸・手・腹2発のように当てれば4発キル可能でキルタイム約0.210秒。

約20.3mまでは頭1発+胸・手・腹2発のように当てるか胸・手・腹に全弾当てれば5発キル可能。条件を満たせない場合は6発キルとなりキルタイム約0.35秒となってしまう。アプデによりこの距離でも足にさえあてなければ5発キルできるようになった。

約27.9mまでは頭+胸・腹・手3発のように当てるか、胸・腹・手に全て当てることで6発キルが可能。条件を満たせない場合は7発キルとなりキルタイム約0.42秒となってしまう。この距離での正面からの交戦は避けるのが無難。

弾速は560m/sとSMGの中では速い。動いている敵にも弾を当てやすい。

反動は以下の通り

COD MW3のアプデ後のSTRIKER 9の反動

アプデの結果、蛇行反動ではなくなりほぼ真上の反動となった。ただ上反動が大きいのでしっかりと銃身を下げながら撃つ必要はある。

STRIKER 9の元ネタはUMP45。アイアンサイトは以下の通り

COD MW3のSTRIKER 9のアイアンサイト

枠が少し邪魔。我慢してアイアンサイトを使うのもいいが、サイト系アタッチメントを使うのもアリ。

STRIKER 9の取り回しについての性能は以下の通り。

エイム速度0.205秒
エイム時の移動速度3.3m/s
ダッシュ後射撃速度0.1秒
移動速度5.0m/s
腰だめ撃ち時のばらつき最小2
腰だめ撃ち時のばらつき最大6.1
切替速度1.2秒

エイム速度、エイム時の移動速度、ダッシュ後射撃速度はSMG平均より速い。腰撃ち精度は悪い。

マガジン弾数は30発。レートが高めなので撃てる時間は短め。リロード速度は2.6秒と普通。継戦能力は少し不安。

STRIKER 9は弱体化の後は3回強化と運営が迷走。現在の性能は少し射程の長いサブマシンガン(SMG)といったところ。

キルタイムはほとんどのARよりは速いが、ほとんどのSMGにわずかに劣るといったところ。

ただ、第2射程までは十分に5発キルを狙うことができる点が強力で射程はSMGにしては長め。

弱点であった蛇行反動も上反動に変化している。

取り回しもよく、以前よりは格段に使いやすくなっているのでぜひ使ってみよう。

目次にもどる

アプデ

2024年2月14日のアプデ

・敵のネームプレート表示距離が33m→38.1mに増加。

・射撃中のクロスヘアの広がりが6%減少。

・ガンキックが54.93→35deg/sに減少。

・水平反動が9.70→16.7deg/sに増加。

・垂直反動が40.65→50.93deg/sに増加。

・弾速が540→560m/sに増加。

・最大ダメージが29→32に増加。

・第2射程ダメージが25→28に増加。

・最小ダメージが20→18に減少。

・最大ダメージ射程が10.7→14mに増加。

・第2ダメージ射程が22.9→20.3mに減少。

・第3ダメージ射程が35.6→27.9mに減少。

弱体化した部分もあるが総合的には大幅に強化された。

最大ダメージ射程が10.7→14mに伸びた上にダメージも上がり、確実に5発キルはできるようになった。

更に第2ダメージ射程でも足に当てなければ5発キルができるようになった。

そこそこ高い火力を長い距離で出せるようになったと言える。

反動は大きく変化している。

アプデ前

COD MW3のアプデ前のSTRIKER 9の反動

アプデ後

COD MW3のアプデ後のSTRIKER 9の反動

アプデ前は最初の1~3発目は右上反動で4~8発目は強烈な左反動に変化する・・というように蛇行反動を繰り返すのがかなり厄介だった。

アプデ後は左右反動も少しはあるもののほぼ真上の反動となり蛇行しなくなったのが強化点。ただし上反動は大幅に増している。しっかり銃身を下げながら撃つ必要が出てきた。

総合的に反動制御もやりやすくなったとは思うが、最低ダメージが下がっており中距離以遠での戦闘は厳しい。

STRIKER 9はもはや別物の武器に変化したと言える。少し射程の長いSMGと考えて運用するのがおすすめだ。

2024年1月18日のアプデ

・近距離のダメージが27→29。

 

以前までは最大ダメージ射程で頭に1発当ててようやく5発キルという武器だった。アプデ後は頭に1発当てるか胸・手・腹に3発当てれば5発キル可能。5発キルが安定してとれるようになり大幅に強化された。

 

まぁ、そもそも2023年11月のダメージ低下アプデがなければこんな調整必要なかったのだが・・・

2023年12月7日のアプデ

・ダッシュ後射撃速度が0.11秒→0.1秒に強化。

・エイム速度が0.225秒→0.205秒に強化。

 

多少取り回しよくなろうが近距離戦で勝てない。中距離はARに勝てない。この武器が得意な距離どこにもないよ。今すぐダメージを元に戻せ!この武器は運営に嫌われているのか?

2023年11月22日のアプデ

・エイム速度が0.275秒→0.225秒に短縮。

・最大ダメージ射程でのダメージが32→27に低下。

 

エイム速度が大幅に強化されたものの近距離ダメージが低下。これはかなり痛い。アプデ前は最大ダメージ射程ではどこに当てても基本5発キルだったのに、頭に1発+胸・手・腹に4発のように当てないと5発キルがとれなくなってしまった。総合的には弱体化といえ、特にヘッドショットが難しい初心者が使ってはならない武器となった。

目次にもどる

STRIKER 9のおすすめカスタム

シャドウストライクサプレッサーS(マズル)

長所

サプレッサーで消音発砲時にミニマップに赤点表示されない

短所

なし

1MWクイックファイアレーザー(レーザー)

長所

エイム速度-4%

短所

エイム時に青レーザーレーザー照射装置が少し青く光るだけでレーザーが照射されたりはせず、ほぼデメリットはない。

RB クロタラスアサルトストック(ストック)

長所

反動ガンキック-5.5%
水平反動-0.6%
垂直反動-0.6%
タクティカルスタンス時のばらつき-11.8%
エイム速度-8.4%

短所

なし詳細表記上はない。ありえないので、バグまたは記述ミスの可能性あり

DR-6ハンドストップ(アンダーバレル)

長所

移動速度+4.6%
しゃがみ時の移動速度+9.2%
エイム時の移動速度+7%
エイム速度-7.3%
ダッシュ時射撃速度-8.2%

短所

腰だめ撃ちのばらつき最小+10%
タクティカルスタンス時のばらつき+25.4%

9MM ハイグレイン弾(弾薬)

長所

射程距離+15%
弾丸速度+15%

短所

反動ガンキック+5%
水平反動+5%
垂直反動+10%

考察

弱点であるエイム速度の改善を図ったSTRIKER 9カスタム。

DR-6ハンドストップ、RB クロタラスアサルトストック、1MWクイックファイアレーザーの3つのエイム速度強化アタッチメントをつけた。

ハイグレイン弾で射程も上げている。

シャドウストライクサプレッサーSにより消音を行っている。近距離戦では正面からの撃ち合いでもいいが、距離が離れた敵に対しては消音を活かして奇襲していきたい。

武器まとめへ戻る

STRIKER 9の元ネタのUMP45の実銃解説とエアソフトガンの紹介

COD MW3のpage top