COD VのUGM-8の性能とカスタム

  初心者オススメ度★★★☆☆
中級者以上オススメ度★★★★★


 COD VのUGM-8は低威力高レートのライトマシンガン(LMG)だ。
シーズン4(2022年6月23日頃開始)のバトルパスのティア31でアンロックできる。
性能の詳細、おすすめのアタッチメントやカスタムについて紹介していく。

UGM-8の目次

性能と立ち回り
アプデ

マズル
バレル
サイト
ストック
アンダーバレル
マガジン
弾薬タイプ
リアグリップ
熟練度
キット

おすすめカスタム

目次にもどる

UGM-8の性能と立ち回り

現在の性能
 COD VのUGM-8は、レートが895.5RPM、有効射程は約55.88mでダメージ24。胸と腹のダメージは更に高くなっている。胸・腹に2発当てれば残り2発が手足に当たっても4発キルが可能でキルタイム約0.2秒が出せる。

 ダメージ増加マガジンをつけることで、有効射程内で胸か腹に2発当てれば残りはどこに当てても3発キルにでき、キルタイム約0.189秒。ホローポイント弾もつければどこでも3発キルすることが可能。
 6.5サクラ式125ラウンドボックス(小口径マガジン)+ホローポイント弾なら頭以外はどこでも4発キルでき、キルタイム約0.186秒。

 反動は以下の通り。

反動はかなり特殊。右→左→右→左と繰り返すものの全体としては右上方向に銃身が跳ね上がっていく。反動自体も大きめ。射程の長さを活かすためにも反動制御アタッチメントをつけたい。

 弾速は930m/秒(全LMG同じ)。アサルトライフル(833m/秒)よりわずかに優れている。
 エイム速度は0.45秒でライトマシンガンの中でも遅い部類。遭遇戦では不利なので注意したい。
 一方でエイム中歩行速度や腰撃ち精度はアサルトライフルレベルはあり、LMGとしては優れている。
 マガジン弾数は50発とARやSMGと比べれば多いが、LMGとしてはやや少なめ。そしてリロードは6.7秒と非常に長いので注意。

 UGM-8はエイム速度が遅いなどの弱点はあるが、アタッチメント次第でキルタイムやマガジン弾数の改善が可能。射程が長めでエイム中歩行速度も速い。強いLMGと言える。

UGM-8のアタッチメント

 UGM-8にガンスミスでつけられるアタッチメントについて紹介する。
おすすめのアタッチメントを選んでみたので、ぜひ使ってみてほしい。

目次にもどる

UGM-8のマズル

G28コンペンセーター
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+1.2%
短所…なし

MXサイレンサー(超おすすめ)
長所…消音(発砲時にコンパスに赤点表示されない)
   水平反動制御+3.6%
短所…エイム速度-4.2%

リコイルブースター(おすすめ)
長所…連射速度+6.3%
短所…水平反動制御-3.7%

F8スタビライザー
長所…有効射程距離+10%
   水平反動制御+7.1%
短所…ダッシュ後射撃速度-4.8%
   腰撃ち時の命中率-4.0%

Lブレーキ
長所…水平反動制御+3.6%
短所…なし

イスコヴフラッシュハイド
長所…マズルフラッシュ抑制
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+1.2%
短所…エイム速度-4.0%

マーキュリーサイレンサー(超おすすめ)
長所…消音(発砲時にコンパスに赤点表示されない)
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+1.2%
短所…有効射程距離-10%

考察
 サイレンサー系のアタッチメントで消音&反動抑制を行うのがおすすめ。
 リコイルブースターで火力を上げるのも選択肢。

目次にもどる

UGM-8のバレル

 UGM-8だけでなく全ての武器に言えることだが、バレルは長所も短所も極端に大きいので、特に考慮して選びたい。

バーナードXL214 736MM(超おすすめ)
長所…連射速度+11.7%
   垂直反動制御+30%
   水平反動制御+45%
   エイム時のブレ制御+52%
   ひるみ耐性+40%
短所…移動速度-8%
   エイム中歩行速度-12%
   ダッシュ後射撃速度-20%
   エイム速度-10%

考察
 レートが上がり、反動も大きく軽減できる。デメリットもあるがそれ以上にメリットが大きいので優先度が高い。

ロムアルド560MM DA
長所…4点バースト化
   反動回復
   反動制御と命中率
短所…ダッシュ後射撃速度-14.8%
   連射速度-46,4%

考察
 4点バースト化する。バースト後、次のバーストまでに時間がかかることからおすすめはできない。

メルシエポート 635MM
長所…移動速度+8%
   ダッシュ後射撃速度+10%
   エイム時間+23.1%
   腰撃ち時の命中率+20%
短所…有効射程距離-15%
   弾丸速度-20%
   垂直反動制御-20%
   水平反動制御-15%

考察
 取り回しがよくなるのはいいが、デメリットが大きいのであまりおすすめできない。

目次にもどる

UGM-8のサイト

スレートリフレクター
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイト(小)で精密照準。
短所…なし

サタン 1.35Xレンズ(おすすめ)
長所…1.35倍ミニチュアレンズスコープで精密照準。
短所…なし

MK3サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

G16 2.5X
長所…2.5倍コンパクトスコープ
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+71.4%
短所…エイム時間-4.0%

単眼リフレクター
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイトで精密照準。
短所…なし

SVT-40 PUスコープ3-6X(おすすめ)
長所…3.0倍サンフィルターおよび6.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+48.6%
短所…エイム時間-4%

ロムアルドMD(おすすめ)
長所…エイム時間+2%。
   オルタネイト アイアンサイトコンストラクション
短所…なし

M38/スレート 2.5Xカスタム
長所…1.35倍リフレクターおよび2.5倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+48.6%
短所…エイム時間-6.4%

ナイダーモデル47
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイトで精密照準。
短所…なし

ZC2 1.35Xレンズ
長所…1.35倍ミニチュアレンズスコープで精密照準。
短所…なし

M38MOD.2 7.0Xテレスコープ
長所…スナイパーテレスコープ7倍。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+48.6%
短所…エイム時間-8.2%
   敵がスコープの反射を視認可能。

MK8リフレクター
長所…1.35倍フレームレスグラスサイトで精密照準。
短所…なし

MK.12ナイトビジョン
長所…ナイトビジョン3倍で暗闇の視野が向上
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+48.6%
短所…エイム時間-6.4%

タイプ97 5Xテレスコープ
長所…スナイパーテレスコープ5倍。
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+13.1%
短所…エイム時間-4%
   エイム時移動安定性とエイム安定性が低下
   敵がスコープの反射を視認可能。

MK18 サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

M19 4.0Xフリップ
長所…1.5倍サンフィルターおよび4.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+48.6%
短所…エイム時間-6.4%

MK3 MOD.2サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

ZF4 3.5Xライフルスコープ(おすすめ)
長所…3.5倍コンパクトスコープで精密照準。
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+65.7%
短所…エイム時間-4%

九九式 10.0Xテレスコープ
長所…10倍ヘビースコープ
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+48.6%
短所…エイム時間-8.2%
   敵がスコープの反射を視認可能。

1913ヴァリアブル4-8X
長所…4.0倍サンフィルターおよび8.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+48.6%
短所…エイム時間-8.2%
   敵がスコープの反射を視認可能。

1229/スレート 3.25Xカスタム
長所…1.35倍リフレクターおよび3.25倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+48.6%
短所…エイム時間-6.4%

考察
 UGM-8のアイアンサイトは邪魔な枠や突起がないので比較的見やすい。

ただ、せっかくサイトをつけられるので何か一つつけたい。
 弱点であるエイム速度を少しでも改善したいなら、ロムアルドMDをつけるといい。デフォルトのアイアンサイトとあまり視認性は変わらず、エイム速度を上げることができる。
 視認性を重視するなら、サイト面積が広く視認性が優れているMK3サンフィルター、サタン 1.35Xレンズ、MK3 MOD.2サンフィルター、MK3 MOD.2サンフィルターがおすすめ。
 遠距離戦を重視するなら、ZF4 3.5ライフルスコープやSVT-40 PUスコープ3-6Xも選択肢。倍率が高いので遠くにいる敵も弾を当てやすく、スコープから光が出ないので見つかりづらい。

目次にもどる

UGM-8のストック

メルシェWTアンクル
長所…武器マウント/しゃがみ/伏せ撃ち時の反動制御。
   連射中の命中率と反動
短所…移動速度-4%

ロムアルドタックYR(超おすすめ)
長所…エイム中歩行速度+35%
   初期命中率を向上
   エイム時のブレ制御+10%
短所…ダッシュ後射撃速度-14,8%
   腰撃ち時の命中率-5.0%

バーナードフォルテVII(超おすすめ)
長所…エイム速度+3.8%
   初期命中率を向上
   センタリング速度+10%
短所…連射中の命中率と反動が増加
   腰撃ち時の命中率-5.0%

ストックなし(おすすめ)
長所…エイム速度+3.8%
   エイム中歩行速度+10%
   ダッシュ後射撃速度+5.2%
   移動速度+4%
短所…垂直反動制御-10.2%
   水平反動制御-13%
   エイム時のブレ制御-10%
   ひるみ耐性-10%

考察
 この枠では取り回しを強化しておきたい。
 特におすすめなのはエイム中歩行速度を大幅に強化しつつ初期命中率を強化できるロムアルドタックYR。個人的には、エイム速度を上げる手もあるが元々遅く焼石に水なため、エイム中歩行速度を重視したほうがいいと思う。
 エイム速度のほうを重視したいならバーナードフォルテVIIがおすすめ。
 取り回し全般を強化できるストックなしもアリだが、デメリットも大きく特に他アタッチメントで反動軽減をしっかりやる必要が出てくる。


目次にもどる

UGM-8のアンダーバレル

M1941ハンドストップ(おすすめ)
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
短所…腰撃ちの命中率-4%

MARK VI スケルトン(おすすめ)
長所…エイム速度+3.8%
短所…なし

バイポッド
長所…武器マウント/しゃがみ・伏せ撃ち時の武器の反動制御。
短所…ダッシュ後射撃速度-4.9%

M1930ストライフアングル
長所…水平反動制御+7.1%
   エイム安定性・エイム時移動安定性を上昇。
短所…ダッシュ後射撃速度-5%

カーヴァーフォアグリップ
長所…垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+2.5%
   腰撃ち時の命中率+4%
短所…エイム速度-4.2%

ヘビーフォアグリップ
長所…センタリング速度+10%
   エイム時のブレ制御+10.0%
短所…なし

GF-59フラッシュライト
長所…敵ネームプレート視認距離が上昇。
短所…光で敵から見つかりやすくなる。

SMLEハンドガングリップ
長所…ダッシュ後射撃速度+10%
   腰撃ち時の命中率+4.0%
短所…垂直反動制御-5.0%
   水平反動制御-5.1%

考察
 M1941ハンドストップで反動を小さくするか、MARK VI スケルトンでエイム速度を上げるのがおすすめ。

目次にもどる

UGM-8のマガジン

 UGM-8以外の他の武器にも言えることだが、マガジンは長所も短所も極端に大きいので、特に考慮して選びたい。

7.62X54MMR 100ラウンドマガジン
長所…マガジン装弾数が50発から100発に増加
       開始時の弾薬+100%
   装弾数+100%

短所…移動速度-2%
   エイム時間-8.7%
   リロード速度6.7秒→7,2秒

考察
 継戦能力が高まるのはいい。だが、UGM-8は大口径または小口径でのキルタイム強化の必要性が高いためおすすめはできない。

.303ブリティッシュ 75ラウンドマガジン(おすすめ)
長所…連射速度+6.3%
   移動速度+2%
   エイム時間+2%
   垂直反動制御+25%
   水平反動制御+25%
   腰撃ち時の命中率+4%
   マガジン装弾数+50%
   開始時の弾薬+50%
   装弾数+50%
短所…ダメージ-4.2%
   有効射程距離-35%
   バイタルダメージ-5.3%
   弾丸速度-20%
   乗り物へのダメージ-4.8%
   貫通力-62.5%

考察
 このアタッチメントのみだと頭に当てない場合、胸か腹に4発全て当てないと4発キルに失敗する。ホローポイント弾もつければどこに当てても4発キルできるようになるのでぜひつけよう。4発キル時のキルタイムは約0.188秒とだいぶ速くなり、継戦能力強化や反動軽減もできるので選択肢になるアタッチメント。ただ射程が大幅に落ち、遠距離戦は困難になる点には注意。

.50 BMG 50ラウンドボックス(おすすめ)
長所…ダメージ+33%
   有効射程距離+20%
   弾丸速度+20%
   乗物へのダメージ+33.3%
   貫通力+25%

短所…連射速度-29.5%
   移動速度-2.0%
   エイム速度-2.0%
   垂直反動制御-25%
   水平反動制御-25%
   腰撃ち時命中率-4%

考察
 ダメージが上がることで有効射程内で胸か腹に2発当てれば残りはどこに当てても3発キルが可能になる。だが、レートの低下も大きいためキルタイムは約0.189秒と大幅には改善されない。射程や弾速も上がるので選択肢にはなるアタッチメント。ホローポイント弾もつければどこに当てても3発キルが可能。

.50 BMG 75ラウンドボックス(おすすめ)
長所…ダメージ+33%
   有効射程距離+20%
   弾丸速度+20%
   乗物へのダメージ+33.3%
   貫通力+25%
   マガジン装弾数+50%
   開始時の弾薬+50%
   装弾数+50%

短所…連射速度-29.5%
   移動速度-4.0%
   エイム速度-10.0%
   垂直反動制御-25%
   水平反動制御-25%
   腰撃ち時命中率-4%

考察
 .50 BMG 50ラウンドボックスと基本性能は同じだが、デメリットが大きくなった代わりにマガジン弾数が増え継戦能力が改善される。このアタッチメントも選択肢になる。

6.5MMサクラ式 125ラウンドボックス(おすすめ)
長所…連射速度+8.1%
   垂直反動制御+40%
   水平反動制御+40%
   腰撃ち時の命中率+10%
   マガジン装弾数+150%
   開始時の弾薬+66.7%
   装弾数+66.7%
短所…ダメージ-4.2%
   有効射程距離-40%
   バイタルダメージ-5.3%
   弾丸速度-30%
   乗り物へのダメージ-4.8%
   リロード速度6.7秒→7,2秒
   貫通力-81.3%

考察
 .303ブリティッシュ 75ラウンドマガジンと似ているが、こちらのほうがデメリットが大きいぶんレートや反動軽減量が増している。このアタッチメントも頭に当てないなら、胸か腹に4発全て当てないと4発キルに失敗する。ホローポイント弾もつければどこに当てても4発キルできるようになるのでぜひつけよう。4発キル時のキルタイムは約0.186秒とだいぶ速くなるので選択肢になるアタッチメント。

.303ブリティッシュ 50ラウンドマガジン(おすすめ)
長所…連射速度+6.3%
   移動速度+2%
   エイム時間+10%
   垂直反動制御+25%
   水平反動制御+25%
   腰撃ち時の命中率+4%
短所…ダメージ-4.2%
   有効射程距離-35%
   バイタルダメージ-5.3%
   弾丸速度-20%
   乗り物へのダメージ-4.8%
   貫通力-62.5%

考察
 .303ブリティッシュ 75ラウンドマガジンと基本性能は同じ。マガジン弾数が増えない分、取り回しがよくなるので、選択肢になるアタッチメント。

目次にもどる

UGM-8の弾薬タイプ

FMJ弾
長所…貫通力+25%
短所…なし

徹甲弾
長所…乗物へのダメージ+57.1%
短所…なし

長尺弾
長所…弾丸速度+30%
短所…なし

亜音速弾
長所…ミニマップピンなし(発砲時にコンパスに赤点表示されない)。
   発射の被視認性
短所…弾丸速度-10%

焼夷弾
長所…焼夷弾ダメージ
短所…弾丸速度-10%
   有効射程距離-5%

ホローポイント弾(超おすすめ)
長所…手足へのダメージ向上
短所…有効射程距離-10%

フランジブル弾
長所…敵の治療を遅らせる
   敵の脚に命中すると動きが鈍くなる
短所…なし

考察
 ダメージ増加弾だろうが小口径弾だろうが、手足当てによるダメージ低下は痛い。手足のダメージ低下をなくせるホローポイント弾の優先度は非常に高い。

目次にもどる

UGM-8のリアグリップ

ラバーグリップ
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+2.4%
短所…なし

レザーグリップ(おすすめ)
長所…エイム速度+3.9%
短所…なし

スティップルグリップ(おすすめ)
長所…撃った直後の反動が軽減
   センタリング速度+20%
短所…なし

ハッチグリップ
長所…水平反動制御+3.6%
短所…なし

パインタールグリップ
長所…垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+2.5%
   腰撃ち時の命中率+4%
短所…エイム速度-4.1%

ポリマーグリップ
長所…ひるみ耐性+40.0%
   連射中の命中率と反動を改善。
短所…なし

テープグリップ
長所…エイム時のブレ制御+21.4%
   武器の切替速度
短所…なし

粒状グリップ
長所…エイム中歩行速度+5.0%
   エイム時のブレ制御+19%
短所…なし

グループグリップ
長所…エイム中歩行速度+10%
   水平反動制御+7.1%
短所…ダッシュ後射撃速度-5%
   エイム時間-4.1%

ファブリックグリップ
長所…エイム速度+3.9%
   ダッシュ後射撃速度+5.0%
   腰撃ち時の反動回復
短所…水平反動制御-3.8%

考察
 スティップルグリップで初期反動を抑えるか、レザーグリップでエイム速度を上げるのがおすすめ。
目次にもどる

UGM-8の熟練度

タイトグリップ
長所…連射中の命中率と反動が改善。
短所…なし

ドリラー
長所…弾丸の貫通力が向上。
短所…なし

サーベイル
長所…敵ネームプレート視認距離。
短所…なし

ブレイス(超おすすめ)
長所…初期命中率が向上
短所…なし

ナーブス・オブ・スティール
長所…負傷/制圧射撃中の命中率と反動が改善
短所…なし

ガンホー
長所…ダッシュ中の射撃が可能。
短所…なし

考察
 この枠は初期反動を抑えることができるブレイスがおすすめだ。

目次にもどる

UGM-8のキット

ディフェンダー(おすすめ)
長所…武器マウント時の動きと使用時間を向上。
短所…なし

サープラス
長所…キルXPが上昇。
短所…なし

ディーププレス
長所…息を止めていられる時間が上昇。
短所…なし

高速近接
長所…近接攻撃速度が向上。
短所…なし

フルロード(おすすめ)
長所…開始時の最大弾薬数最大
短所…なし

リーチ
長所…近接攻撃範囲が向上。
短所…なし

ヘビーヒッター
長所…近接スタンパワーを付与
短所…なし

オンハンド(おすすめ)
長所…装備使用後のクールダウンタイムが短縮
短所…なし

考察
 この枠はあまり重要ではないので、好きなものを選んでいい。
 装備使用後のクールダウンを短くできるオンハンド、弾を増やせるフルロード、マウント時の動きを改善するディフェンダーなどが選択肢。

目次にもどる

UGM-8のおすすめカスタム

メイン武器…UGM-8
・マーキュリーサイレンサー(マズル)
・バーナードXL214 736MM(バレル)
・ロムアルド MD(サイト)
・ロムアルドタックYR(ストック)
・M1941ハンドストップ(アンダーバレル)
・50 BMG 75ラウンドボックス(マガジン)
・ホローポイント弾(弾薬タイプ)
・スティップルグリップ(リアグリップ)
・ブレイス(熟練度)
・オンハンド(キット)

考察
 火力とエイム中歩行速度を重視したUGM-8カスタム。

 50 BMG 75ラウンドボックス+ホローポイント弾でどこでも3発キルを可能にしつつ、バーナードXL214 736MMでレートを向上させている。3発キル時のキルタイムは約0.17秒と速め。
 加えて、エイム速度は諦めたがエイム中歩行速度を強化。サブマシンガン(SMG)よりエイム中歩行速度が速くなっているので、エイムしたまま移動して撃つ立ち回りを徹底していこう。
 エイムした状態で交戦できれば、反動を軽減しており有効射程も十分あるので、近距離~遠距離の広い範囲で戦うことができる。

武器まとめへ戻る

COD Vのpage top