COD WARZONEのTEC-9の性能とカスタム


 COD WARZONE(ウォーゾーン)のTEC-9はセミオートのサブマシンガン(SMG)だ。
アタッチメントで3点バースト化とフルオート化が可能。3点バーストについては弱すぎるがフルオートは強い。
デフォルトのセミオート時&フルオート時の性能やおすすめカスタムについて紹介していく。

COD WARZONE(ウォーゾーン)のTEC-9目次

TEC-9の性能
TEC-9(フルオート)の性能
TEC-9おすすめカスタム

COD BOCWのTEC-9考察へ
目次にもどる

TEC-9の性能

  初心者オススメ度:★☆☆☆☆
中級者以上オススメ度:★★★★☆

現在の性能
 TEC-9のレートは約424RPM、弾の当て方と敵の耐久によるキルタイム(約14m以内)は以下の通り。

耐久100の敵耐久250の敵
全て腹か手足約0.28秒(3発)約0.7秒(6発)
頭1発か胸2発+腹・手足約0.14秒(2発)約0.56秒(5発)

 耐久250(体力100+アーマー3枚)の敵に対し、頭1発か胸に2発当てればキルタイム短縮できる。
キルタイム短縮できれば強力だが、できないと一気に弱くなるので、胸以上をしっかり狙っていこう。


 約14mを超えると威力減衰が発生する。キルタイムは以下の通り。

耐久100の敵耐久250の敵
全て腹・手足約0.28秒(3発)約0.99秒(8発)
頭1発か胸4発+残り腹・手足約0.28秒(3発)約0.84秒(7発)
 この距離では一気にダメージが落ちる。耐久250の敵に対し、キルタイム短縮できない場合はキルに1秒近くかかる。
 キルタイム短縮しても、遅いキルタイム。この距離で戦うのはおすすめできない。

 反動は1~16発目までは右上反動、それ以降は左上反動に切り替わる。反動はそれほど大きくなく、近距離で使うなら特に問題にはならない。
 エイム速度はサブマシンガン(SMG)では標準。
 リロード時間は2.6秒と普通だが、マガジン弾数は24発と少ない。だが、低レートで撃てる時間は長く1発のダメージが高いのでそこまで問題にはならない。
 TEC-9は近距離キルタイムが速い。ただ、そのキルタイムを出すには「高速指連射」と「胸以上に当てる命中率」が重要となる。使用難度が高めで初心者にはおすすめできない。
目次にもどる

TEC-9(フルオート)の性能

  初心者オススメ度:★★☆☆☆
中級者以上オススメ度:★★★★☆

現在の性能
 TEC-9はフルオートリピーター(マズル枠アタッチメント)をつけることで、フルオート化が可能。
レートは約1000RPM、弾の当て方と敵の耐久によるキルタイム(約14m以内)は以下の通り。

耐久100の敵耐久250の敵
全て胸か腹約0.24秒(5発)約0.6秒(11発)
手足5発+残り胸・腹約0.24秒(5発)約0.66秒(12発)

 9月16日アプデ以前は耐久250(体力100+アーマー3枚)の敵に対し10発キルでキルタイム0.54秒を出すのが難しくなかった。
だが、現在は、手足当てを4発以内にとどめ、残りを胸か腹に当てればキルタイム0.6秒というやや高めの火力が出せる程度。

 約14mを超えると威力減衰が発生する。キルタイムは以下の通り。

耐久100の敵耐久250の敵
全て胸か腹約0.24秒(5発)約0.66秒(12発)
手足5発+残り胸・腹約0.3秒(6発)約0.72秒(13発)

 この距離ではダメージが落ちるものの、手足当て4発以内におさめれば、キルタイム0.66秒が出せる。
 この距離でもある程度は戦えるが反動が大きいので、できるだけ距離は詰めたい。

 反動は主に右上方向。ときどき左上に変わるが、左右の反動はそれほど大きくない。ただ、上反動は特大。銃身を下げて反動制御をしっかりしていきたい。
 マガジン弾数が24発と少なく、セミオート時と異なりレートが高く、1発のダメージも低いので、継戦能力も不足している。
 TEC-9フルオートは反動の大きさと継戦能力の低さが弱点。マズル枠に1枠使い、サプレッサー系アタッチメントをつけられないのも欠点だ。長所であった近距離火力もだいぶ削られ平凡な武器になってしまった。

2021年9月16日のアプデで、フルオートのみ以下のように性能が変更
・最大ダメージが26→24に低下。

・最小ダメージが24→22に低下。

・首ダメージ倍率1→1.1に増加。

目次にもどる

TEC-9おすすめカスタム

 TEC-9をロードアウトドロップマーカーで呼び出す場合のおすすめカスタムについて紹介していく。

フルオートリピーター(マズル枠)
長所…フルオート(レート上昇)
   位置隠蔽
   ダッシュ後射撃速度
短所…ダメージが低下

7.3レインフォースヘビー(バレル枠)
長所…有効射程距離が上昇
   弾丸速度が上昇
短所…ダッシュ時の移動速度が低下
   エイム時の移動速度が低下

SASコンバットストック(ストック枠)
長所…エイム時の移動速度が上昇
   射撃時の移動速度が上昇
   エイム射撃時の移動速度が上昇
短所…腰撃ち命中率が低下

36ラウンド(弾薬枠)
長所…マガジン弾数が24発から12発増え、36発になる。
短所…リロード速度が低下

サーペントラップ(リアグリップ枠)
長所…エイム速度が上昇
短所…ダッシュ後射撃速度が低下

考察
 フルオートリピーターをつけ近距離火力を重視したTEC-9カスタム。
 7.3レインフォースヘビーで射程と弾速を伸ばし、交戦適正距離を伸ばしてある。
 SASコンバットストックとサーペントラップで取り回しも強化した。
 マガジン弾数は36ラウンドで増やし、連戦にもある程度対応できるようになっている。
 弱点は反動。アタッチメントで強化する余裕がなかった。よって、撃つ時には銃身を下げての反動制御を徹底して行っていきたい。
COD WARZONE(ウォーゾーン)の武器まとめへ戻る。
COD WARZONE(ウォーゾーン)のサブマシンガン(SMG)まとめへ戻る。
COD WARZONE(ウォーゾーン)の考察へ戻る。

COD BOCWのTEC-9考察へ

  COD MWで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!