VALORANTのブルドッグの性能と評価

  初心者オススメ度★★★☆☆
中級者以上オススメ度★★★★★

 VALORANT(ヴァロラント)のブルドッグはフルオートと3点バーストを使い分けられるライフル。性能や立ち回りについて紹介していく。

ブルドッグの性能・評価

基本性能
リコイル
立ち回り
買うタイミング
モデル
目次にもどる

ブルドッグの基本性能

 ブルドッグの性能は以下の通り。

ダメージ0~50m
頭部115
胴体35
脚部29


連射速度移動速度構える速さ初弾の拡散率 腰だめ/照準
600RPM5.4m/秒1秒0.3/0.3
ADSすると、ズーム倍率1.25倍で3点バースト化し集弾率向上と反動軽減が行われる。移動速度が4.104m/秒(76%)に低下する。4発発射時の連射速度は600RPM→約550RPMに低下し、3発撃った後、次の発射まで約0.22秒かかってしまう。

貫通力マガジン弾数リロード速度値段
24発2.5秒2,050

 ブルドッグは50m以内でヘッドショットダメージ115が出せる。敵が頭を購入していなければ一撃キル可能。アーマーで耐えられたとしても大幅にキルタイム短縮できるのは間違いないので積極的にヘッドショットを狙っていこう。
ヘッドショットしなかった場合のキルタイムは以下の通り。

キル弾数キルタイム
3発キル約0.2秒
4発キル約0.3秒
5発キル約0.4秒
6発キル約0.5秒

 ブルドッグは50mまで威力減衰せず、ヴァンダルよりもわずかに連射速度が高い。ヴァンダルのほうがダメージでは上だが、胴体・脚当ての場合はキルに必要な弾数が変わらないことも多い。連射速度の差でヴァンダルよりも優秀なキルタイムを出せることも結構ある。

 ただ、初弾の拡散率がヴァンダルと比べると大きく、連続ヒット難易度は高い。
 リロード速度2.5秒は普通だが、マガジン弾数も24発。ファントムと比べて6発、ヴァンダルよりも1発少ないので、連戦もあまり得意ではない。できるだけ連戦を避ける立ち回りをしよう。
 ADS時の3点バーストは火力は低下するが、反動抑制され集弾率が向上するため遠距離戦では強力。見晴らしのよい場所が多いブリーズやアイスボックスでは出番がある。
 ブルドッグは、確実にヘッドショット一撃キルできるファントム(15m以内)やヴァンダルに対して総合的には見劣りしてしまう。
 ただ、そこそこの火力を持っており、3点バーストで遠距離対応もできる汎用性がある。2,050クレジットと安めであるため、マネーが十分ない場合は選択肢になる武器と言える。
目次にもどる

ブルドッグのリコイル

 ブルドッグのフルオート(腰撃ち時)のリコイルは以下の通り。

 リコイル例を紹介する(ランダム性が多めで毎回決まった形にならない)。
 だいたい1~4発目まではほぼ上反動のみ。
 だいたい5~7発目は右上反動。8~13発目は左上反動、13~19発目は右反動、それ以降は左反動。
 特に8発目以降はランダム性が大きい。できるだけ短い連射で敵を仕留めることを特に意識したい武器だ。
 
 ブルドッグの3点バースト(ADS時)のリコイルは以下の通り。

 上反動が大きく抑えられる。連射力が下がり、1バースト後に次バーストがはじまるまでに時間がかかるのでキルタイムが落ちるとはいえ、精度が重要な中距離以遠では腰撃ちより役立つことも多い。
目次にもどる

ブルドッグの立ち回り

 ブルドッグの場合、50mまで威力減衰せず、戦える交戦距離範囲は広め。
 ただ近距離では腰撃ち、中距離以遠はADSでの3点バーストのようにしっかり使い分けて戦いたい。
 ファントムやヴァンダルと比べると劣るとはいえそこそこ戦えるので、金が足りない時のライフルとして出番があるかもしれない。射撃練習をしておきたい。

目次にもどる

ブルドッグを買うタイミング

 ブルドッグは2,050クレジットとアサルトライフル(AR)の中では安いのが魅力。
 1ラウンド目に勝利した後の2ラウンド目で購入する武器としては選択肢になる。敵がアーマーを買っていなければ頭一撃キルが可能。50mまで威力減衰しないので、どの距離でもある程度戦うことができ汎用性が高い。

目次にもどる

ブルドッグのモデル

 ブルドッグのモデルはイスラエルウェポン・インダストリーズ社が生産して販売しているタボールだろう。グリップや引き金より後方に弾倉や機関部を配置し、銃身を短くしても高い威力を保てるように工夫されているのが特徴。

武器まとめへ戻る

VALORANT(ヴァロラント)のpage top