内臓SSDの種類とおすすめ

 PCを使っていると、ストレージ容量が足りなくなることがよくある。その際ゲームや重いアプリケーションを入れるつもりなら、SSDを増設するのがおすすめだ。SSDはHDDよりも処理速度が速く、ロード時間や動作を高速化することができる。
 SSDには大きく分けて内臓SSDと外付けSSDがある。取り付けが簡単なのは外付けSSDだ。外付けSSDについては以下の記事で紹介している。
PCゲームなどに最適!外付けSSDのおすすめ

 内臓SSDの取りつけ作業を行うには、PCを分解する必要がある。PCの分解や知識に自信がない人は外付けSSDを選んだほうがいいと思う。
 内臓SSDの利点は外付けSSDのように場所をとらず、USBポートも占有せず、接続トラブルなども起こりづらい点だ。ただし、内臓SSDには種類があり間違ったものを選ぶと使用できないという最悪の結末が起こりえる。よって内臓SSDの種類と種類別のおすすめについて紹介していく。
 外付けSSDの中で特におすすめなものを紹介していく。


内臓SSDの種類とおすすめ目次

内臓SSDの種類
BUFFALOの外付けSSD
BUFFALOの小型外付けSDD
目次にもどる

内臓SSDの種類

 内臓SSDには以下の4種類が存在する。

2.5インチの内臓SSD
 「Serial ATA(SATA)」と呼ばれるインターフェースが使用されていることがほとんど。最もよく使われている標準的なインターフェースでありデスクトップPCやノートPCなどに幅広く使われている。

1.8インチの内臓SSD
 「Micro SATA」と呼ばれるインターフェース(規格)が採用されていることがほとんど。主にノートPCに使われていることが多い。ただし古い規格であり現在はあまり使われていない。

mSATA
 「mSATA」という同名のインターフェースが採用されている。「Serial ATA(SATA)」の小型版と言える。ただ、「Micro SATA」とは別物で正式名称は「Mini SATA」。紛らわしいので間違わないように気をつけたい。古い規格であり現在はあまり使われていない。

M.2
 インターフェースは「PCIe(PCI Express)」と「Serial ATA(SATA)」の2種が存在する。特に「PCIe」は性能を最大限発揮することができる仕組み(NVMe)を備えており超高速処理が可能だ。「Serial ATA(SATA)」の場合は2.5インチのものと比較して、性能は基本的に変わらない。ただ小さくスペースをとらない利点はある。

 HDDのインターフェースは「Serial ATA」である(よほどPCが古くない限り)。よって、HDD→SSDに交換して増設を図る場合には2.5インチの内臓SSD(Serial ATA)を購入すればいいので迷うことはほとんどない。


 一方で容量が少ないSSD→大容量のSSDに交換して増設する場合には、現在、どのSSDを使用しているのかの確認が必要である(種類の異なるSSDを購入しても交換できない)。

 使用PCのSSDの種類がわからない場合(あるいはSSDなのかHDDなのかもわからない場合)は以下のように確認するといい。

①Windows検索で「デバイスマネージャー」と入力


②ディスクドライブの項目を開きディスク名を確認。インターネット検索すればSSDの種類がわかる。


 mSATAの場合には、「ハーフサイズ」と「フルサイズ」の2種が存在する。サイズが違えば取り付けられないので、現在搭載されているSSDのサイズも確認しよう。
 M.2でノートパソコンに取り付ける場合には「PCIe(PCI Express)」と「Serial ATA(SATA)」のどちらのスロットに対応しているかの確認が必要。

 SSDの種類がわかったら、同種類でより容量の大きい内臓SSDを購入し交換すればSSDのストレージを増加させることができる。
 ただし、あまりに古いPCの場合は、インターフェースが旧式でそもそもSSDの交換が推奨されていない可能性がある。古いPCを使っている場合はSSDを増設するより、新しくPCを買うことをおすすめする。特にゲームや動画配信などを行うつもりなら、ゲーミングPCがおすすめ。以下の記事でおすすめのゲーミングPCを紹介しているので、ぜひ確認してみてほしい。

ゲーミングデスクトップPC(セール中商品も紹介)
ゲーミングノートPC(セール中商品も紹介)

外付けSSDと異なり内臓SSDはとりつけなどが面倒だ。また交換することを避けるためにも、できるだけ容量が大きい内臓SSDを選ぶのをおすすめする。内臓SSDは主に2.5インチとM.2のものが販売されているので、おすすめを紹介していく(1.8インチやmSATAの内臓SSDは古く商品数が少ないので、交換するより外付けSSDを使ったりゲーミングPCを買うのがおすすめ)。

目次にもどる

2.5インチの内臓SSDのおすすめ

サンディスクの内蔵SSD
 読出し速度が最大560MB/秒、書込み速度が最大530MB/秒と性能が優れている。
 低音であるため騒音で悩まされることが少ない。消費電力も低め。3D NAND技術によって耐久性も高くなっている。
 値段も内蔵SSDとしてはそれほど高くない。おすすめなので、ぜひ確認してみてほしい。

クルーシャルの内蔵SSD
 読出し速度が最大560MB/秒、書込み速度が最大510MB/秒と性能が優れている。
 サンディスクの内臓SSDと比べると、ごくわずかに書き込み速度が遅いが、ごくわずかに安い。
 こちらも価格と性能バランスが優れているのでおすすめだ。

目次にもどる

M.2の内臓SSDのおすすめ

 M.2のうち「PCIe(PCI Express)」のおすすめは以下の通り。

Samsungの980内蔵SSD
 M.2の「PCIe(PCI Express)」の力は凄まじく、読出し速度が最大3500MB/秒、書込み速度が最大3000MB/秒。2.5インチの内臓SSDとはケタ違いの性能だ。
 圧倒的な速度が出せる上に値段も高くない。ぜひ確認してみてほしい。

 M.2のうち「Serial ATA(SATA)」のおすすめは以下の通り。


ウエスタンデジタル 内蔵SSD
 読出し速度が最大560MB/秒、書込み速度が最大530MB/秒と性能が高い。読み込み時間を短縮し、ゲームをすばやく開始できる。

  ゲームで勝ちたい!最強になりたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!