y6 オーバーウォッチ2のロードホッグの性能・立ち回り・対策を究める。

オーバーウォッチ2のロードホッグについて


 オーバーウォッチ2(OW2)のロードホッグはチェイン・フックによる引き寄せ能力が特徴のヒーロー。ロールはタンクであるためノックバックを受けづらく、ダメージや回復を与えたヒーローのアルティメットチャージ量が少なくなる。
詳しい性能・立ち回り・対策について紹介していく。

オーバーウォッチ2のロードホッグの考察目次

基本性能
スクラップ・ガン
ホール・ホッグ
チェイン・フック
テイク・ア・ブリーザー
立ち回り
対策
目次にもどる

ロードホッグの基本性能

 ロードホッグの基本性能は以下の通り。
個人的使用難度★★★★☆
個人的強さ評価★★★☆☆
HP700
 ロードホッグの特徴は何といってもチェイン・フック。敵を引き寄せメインウェポンや近接攻撃で追加ダメージを与えることでキルを狙っていける。
 ただ、フックの命中率が問われる点、タンクだが味方を守る手段がない点が厳しい。

目次にもどる

ロードホッグのスクラップ・ガン

最大ダメージ165
ヘッドショット判定あり
連射力約70RPM
DPS約192
マガジン弾数5
マガジン火力825
射撃モードフルオート
サブの弾ダメージ50
 ロードホッグのメインウェポン。散弾を撃ち出して攻撃する。

 最大ダメージを出した時のDPSはダメージのヒーロー平均と比較しても高い。ただし弾のばらつきが激しい(白の照準円よりも弾が広がる)。ダメージやヒーローに対しては至近距離戦でなければ全弾命中しない。
 近距離戦以外ではまともにダメージがでないので注意。ただロードホッグの場合は自ら距離詰めせずともチェイン・フックで敵を引き寄せることが可能。チェイン・フック+少し前進+メインウェポン(ヘッドダメージを出すためできるだけ胸上を狙う)+近接攻撃で多くのダメージやサポートを撃破することができる。

 サブウェポンボタンで射撃した場合には1発の弾を放つ。

 1発の弾は約10m進んで分裂し、メインウェポンと同様の散弾になる。
 散弾になる前に敵に当たった場合は50ダメージしか出ない。よって10m以降の敵に対してはサブウェポンボタンでの攻撃を仕掛けていくといい。特に約10mちょっと超えの敵には非常に大きなダメージを与えられるので強力だ。


目次にもどる

ロードホッグのホール・ホッグ

制限時間約5.5秒
 ロードホッグのアルティメット。制限時間中はマガジン弾数無限のショットガンを撃つことができる。

 このショットガンは横に散弾が大きく広がり、敵をノックバックさせるのが特徴。
 火力自体は非常に高いのだが、普通の場所で使ってもノックバックのせいで距離が離れ散弾が当たらなくなり、敵を仕留めきれないことも。
 だが、壁があり狭い場所や、敵のステージ落下を狙えるような場所で使えば大きな戦果をあげられることもある。
目次にもどる

ロードホッグのチェイン・フック

ダメージ30
射程約20m
クールダウン約8秒
 ロードホッグの要となる攻撃アビリティ。

 最大射程20mのフックを前方に投げ、当たった敵に30ダメージ与えて引き寄せる。前述したが、当てた直後に少し前進+メインウェポン(ヘッドダメージを出すためできるだけ胸上を狙う)+近接攻撃で多くのダメージやチャンピオンを撃破可能。
 フックの命中率でロードホッグで活躍できるかが決まると言っても過言ではない。
 ロードホッグの耐久力ならある程度攻撃されても耐えられる。焦らずにしっかり照準をあわせてチェイン・フックで敵を仕留めていこう。

目次にもどる

ロードホッグのテイク・ア・ブリーザー

回復HP350
ダメージ軽減50%
かかる時間約2秒
クールダウン約8秒
 ロードホッグのテイク・ア・ブリーザーは自身のHP回復を行えるアビリティ。回復量は350と多め。

 ダメージ軽減もついているので、ちょっと障害物に隠れて使えばOK。たとえ敵の追撃を受けたとしても大したダメージにならずにすむ。
 このアビリティがあるおかげで単独行動も十分可能となっている。

目次にもどる

ロードホッグの立ち回り

 ロードホッグはタンクであるが味方を守るのは難しい。よって自身が積極的に攻撃して戦果をあげていく必要がある。
 敵はロードホッグの近距離戦での怖さを知っているので近づいてこないことが多い。だがチェイン・フックで引き寄せればメインウェポンと近接攻撃でダメージやサポートのヒーローは撃破できる。
 テイク・ア・ブリーザーで回復して耐えながら、機会をみてチェインフックを狙っていくのが基本的な立ち回りだ。敵が動きまわりチェイン・フックが当たらない場合は裏取りを行い奇襲を仕掛けるのもアリ。

目次にもどる

ロードホッグの対策

 ロードホッグ対策で重要なのは近づかないこととチェイン・フックに当たらないこと。距離をある程度とり動きまわっていれば、チェインフックも喰らいづらくなる。
 一方的にロードホッグを攻撃し続ければたとえテイク・ア・ブリーザーで回復され生き残られたとしても、アルティメットのチャージが溜まりやすくなり有利に立ちやすい。

オーバーウォッチ2のヒーローまとめへ戻る

page top