オーバーウォッチ2のラマットラについて


 オーバーウォッチ2(OW2)のラマットラは汎用性の高いヒーロー。ロールはタンクであるためノックバックを受けづらく、ダメージや回復を与えたヒーローのアルティメットチャージ量が少なくなる。
詳しい性能・立ち回り・対策&アンチピックについて紹介していく。

オーバーウォッチ2のラマットラの考察目次

基本性能
ヴォイド・アクセラレーター
パメル
ヴォイド・バリア
ブロック
アナイアレーション
ネメシス・フォーム
貪欲な渦
立ち回り・相性
対策・アンチピック
アプデ(2022年12月15日)
目次にもどる

ラマットラの基本性能

 ラマットラの基本性能は以下の通り。
個人的使用難度★★★★★
個人的強さ評価★★★★☆
HP450
 ラマットラの特徴はネメシス・フォームのアビリティを使用することでフォーム変更が可能である点。そのためどの距離でも戦える。またバリアも張れるなど汎用性も高い。
 一方でそこまで火力や耐久があるわけでもなく、バリアが出ている時間が短く、機動性が低い器用貧乏。戦況に臨機応変に対応できる判断力が重要となるので初心者向けではない。

目次にもどる

ラマットラのヴォイド・アクセラレーター

ダメージ4
連射速度約1500RPM
ヘッドショット判定あり
DPS約100
マガジン弾数100
リロード速度約1秒
射撃モードフルオート
 ラマットラのメインウェポン。小型エネルギー弾を超高速レートで放つ。

 連射力は高いが1発のダメージが低く、DPSは約100程度でダメージと比べると低いがタンクとしては普通レベル。
 威力減衰もないので、中距離以遠の戦闘で使っていくといい。

目次にもどる

ラマットラのパメル

ダメージ60
連射速度約100RPM
ヘッドショット判定なし
射程約11m
DPS約100
マガジン弾数無限
射撃モードチャージ
 ラマットラは後述するネメシス・フォームを使用することでメインウェポンがヴォイド・アクセラレーターからパメルに変化する。
 この状態では殴りつけて攻撃する。

 殴りにしては射程が長いがそれでも約11mなので近距離戦でしか使えない。
 DPSは約100でヴォイド・アクセラレーターとほぼ同じだが、敵のバリアを貫通して攻撃を行えるのが特徴。
 また、ネメシス・フォームになったことで追加アーマー+225を付与できているので近距離戦では撃ち勝てることが多い(ただし火力は通常フォームと比較して変わってないどころか、ヘッドショットできない分下がっているとも言え、敵を仕留めきれないことも)。
 敵に接近されたら、ネメシス・フォームで迎撃し返り討ちにする立ち回りがおすすめだ。


目次にもどる

ラマットラのヴォイド・バリア

バリア耐久1000
制限時間約4秒
射程約35m
クールダウン約13秒
 ラマットラのサブのヴォイド・バリアは照準を向けた位置に耐久1000のバリアを生成可能。

 射程が長いので遠くにいる味方を守るようにバリアを張ることも可能なのが利点。
 バリアを展開したい場合には、展開したい場所の地面に照準をあわせてボタンを押そう(地面ではなく正面を向いてボタンを押してしまうと最大射程である約35m先にバリアが生成されてしまう)。
 耐久力はあるが、約4秒で消えてしまうのが厳しい。

目次にもどる

ラマットラのブロック

ダメージ軽減率約75%
 ラマットラは後述するネメシス・フォームを使用することでサブがヴォイド・バリアからブロックに変化する。

 移動速度は落ちるが、手を前方に組むことで、正面からのダメージを約75%軽減することができる。
 敵の強力な攻撃がくる場合やギリギリ攻撃が届かず少しだけ距離詰めしたい場合に使うといい。

目次にもどる

ラマットラのアナイアレーション

DPS約30
効果範囲半径12m
制限時間約3秒
 ラマットラのアルティメット。後述するネメシス・フォームに変身し、アーマーが225付与され、メインウェポンがパメル、サブがブロックに変化する。
 加えて、半径約12m以内にいる敵のHPにDPS30のダメージを与え続ける。

 制限時間は約3秒と短いが、敵にダメージを与え続けている間は制限時間は減らない。
 敵が周囲に大勢いる場合や狭くて逃げにくい場所で使うと非常に強力。
 敵から集中攻撃を受ける場合にはブロックを使って耐え、倒されないようにしよう。
目次にもどる

ラマットラのネメシス・フォーム

アーマー付与225
制限時間約8秒
クールダウン約8秒
 ラマットラのフォーム変更アビリティ。
 通常はオムニック・フォームであるが、このアビリティを使うことでネメシス・フォームになり、アーマーが225付与され、メインウェポンがパメル、サブがブロックに変化する。
 敵に接近された時に使っていくといい。
 ネメシス・フォームの制限時間は約8秒だが、ボタンをもう一度押すことでいつでもオムニック・フォームに戻ることができる。距離をとられてしまいパメルでは攻撃が届かない場合などに使っていこう。

目次にもどる

ラマットラの貪欲な渦

最大ダメージ45
制限時間約3秒
効果範囲半径約2m
クールダウン約12秒
 ラマットラの貪欲な渦は山なりに飛ぶ爆弾を放つ。
 着弾すると爆発してエネルギーフィールドを形成する。

 エネルギーフィールド内の敵はダメージを受け、移動速度が低下する。下向きの重力が発生する。
 特にネメシス・フォーム時やアナイアレーション使用時は、敵に近づくことが重要になる。貪欲な渦を当てて敵の移動速度を下げて逃がさないようにするのがおすすめ。

目次にもどる

ラマットラの立ち回り・相性

 ラマットラは汎用性が高いタンクと言える。
 バリアにより自分だけでなく味方を守れ、ネメシス・フォームにより近距離戦、オムニック・フォームで中距離戦以遠の戦闘をこなせる。
 ただしバリアは約4秒しか持たず、火力が高いわけでもなく、機動性も低い。戦況にあわせて適切な行動を選択しなければとたんに厳しくなってしまう。
 移動系アビリティがないので、自分から距離詰めするよりはヴォイド・アクセラレーターで攻撃したりバリアを張ったりしながら中距離戦をするといい。敵が近づいてきたらネメシス・フォームに切り替えて対応し敵を逃さないよう貪欲な渦も使って仕留めていく立ち回りがおすすめだ。
 ルシオがいれば、クロスフェードによるスピード・ブーストで弱点である機動力を上げられる。特にネメシス・フォーム時やアルティメット使用時は敵から距離をとられないことが重要。機動力が上昇するととても戦いやすくなるので相性がいい。
目次にもどる

ラマットラの対策・アンチピック

 ラマットラは汎用性は高いが逆に言えば中途半端である。特化型のヒーローで得意な距離で戦えば対策することが可能だ。
 ラマットラの具体的なアンチピックは以下の通り。

D.VA
 ブースターで近距離戦に容易に持ち込むことが可能。ラマットラがネメシス・モードになったとしても火力で上回るため有利に戦える。

リーパー
 近距離火力で大きく上回り、自己回復しながら戦えるので撃ち勝ちやすい。

アナ
 ラマットラは身体が大きく機動力もない。スリープ・ダーツを当てやすい。

目次にもどる

ラマットラのアプデ

2022年12月15日のアプデで性能が変更
ヴォイド・バリア
 クールダウンを約15秒→約13秒に短縮。

ネメシス・フォーム
 移動速度を20%上昇。

 ボーナスアーマーを150→225に増加。

オーバーウォッチ2のヒーローまとめへ戻る

page top