公開日:2023/12/15  更新日:2024/02/09

COD MW3のLOCKWOOD680の性能とカスタム

  初心者オススメ度★★☆☆☆

中級者以上オススメ度★★★★☆

COD MW3のLOCKWOOD680

COD MW3のLOCKWOOD680は高威力のショットガン(SG)だ。

詳しい性能とカスタムについて紹介していく。

COD MW3のLOCKWOOD680の目次

性能
アプデ
おすすめカスタム
目次にもどる

LOCKWOOD680の性能

COD MW3のLOCKWOOD680で戦闘

COD MW3のLOCKWOOD680はレート約150RPM。だが、再装填時間が設定されておりそのレートで撃てるわけでなく、1発撃った後次弾を放つのに約0.85秒かかる。

胸当たりを狙って撃った場合約7mまではワンショットキル、約16mまでは2発キルが可能(キルタイム約0.85秒)。腰撃ちの場合は約5mまでワンショットキル可能。2発キルでは弱いので一撃で敵を倒すべき武器と言える。

散弾を飛ばすため当て方によって射程は変化する。上記の射程は参考程度に。

弾速は320m/sとSGとしては普通。他武器種と比べると遅いが、近距離戦ならそれほど問題ない弾速だ。

アイアンサイトは以下のような構造。

COD MW3のLOCKWOOD680のアイアンサイト

枠がないので、そこまで見づらいことはない。近距離戦専門の武器なのでサイトは必要ないだろう。

LOCKWOOD680の取り回しについての性能は以下の通り。

エイム速度0.35秒
エイム時の移動速度2.9m/s
ダッシュ後射撃速度0.184秒
移動速度4.9m/s
腰だめ撃ち時のばらつき最小5
腰だめ撃ち時のばらつき最大7
切替速度1.30秒

ダッシュ後射撃速度はなぜか早くAR平均すら上回るが、エイム速度はSGの中でも遅めでARと比較すると明らかに遅く遭遇戦はあまり得意ではない。一方でエイム時移動速度はSG平均レベルでありARとほぼ同等。エイムしたまま移動して撃つ立ち回りを行うのがおすすめ。

腰撃ち精度もSGの中では比較的いい。至近距離戦では腰撃ちも積極的に行っていこう。

マガジン弾数は6発、一撃キルを狙える武器であることを考えると継戦能力は悪くない。リロードは1発ずつ弾を入れる形式で、全弾入れるとなるとリロード時間6.3秒と長くなってしまう。移動中などに小まめにリロードしていこう。

LOCKWOOD680はワンショットキル射程がそこそこ長いことが強み。アタッチメントで強化すればエイム時ワンショットキル射程を約9m程度まで伸ばすことが可能。HP150でTTKが全体的に長くなっているので一撃キルできるというだけで非常に強力だ。

エイム速度が遅く取り回しが悪いが、アタッチメントがかなり優秀であるため、だいぶ改善できる(後述するがエイム速度と射程が両方上がるバレルやペレット数が増加するバレルがある)。

狭い場所であれば非常に強力なのだが、MW3は広いマップが多く交戦距離が長くなることが多いのが逆風。この武器をメインで使う場合は射程が足りないと感じることも結構ある。

連射速度が低いので、射程が足りなかったり外したりして一撃で倒せないと一気に不利になるのが懸念点だ。

狭いマップで使用したり、オーバーキルベストで他の射程が長いメイン武器と組み合わせるなど一工夫必要。ただショットガンの中では強力で、しっかり照準を合わせて撃つことを意識すれば、なかなか使える性能の武器と言える。

弾薬変更系アタッチメントは以下のように通常弾と比較してデメリットが多いので、あまりおすすめできない。

BOLOシェルは胸エイム時ワンショットキル射程が約4m程度まで低下するのでおすすめできない。

ドラゴンブレス弾はワンショットキル射程はほぼ同じ。ただ敵がEODパッドをつけていて炎ダメージを軽減されると胸エイム時ワンショットキル射程が約4m程度まで低下するのでおすすめできない。

12ゲージ炸裂弾はEODパッドをつけていない敵にすら至近距離で頭以外一撃キルがとれなくなる。全くおすすめできない。

12ゲージスラグ弾は弾を1発だけ撃ち出し、約7mまで頭・胸・手・腹当てでワンショットキルが可能。だが約7mを超えると頭以外ではワンショットキルがとれなくなる。他の弾薬よりマシだが弾速の低下やアタッチメント枠を一つ消費することを考えるとおすすめはできない。

目次にもどる

アプデ

2024年2月8日のアプデ

・LOCKWOODディフェンダーヘビーロングバレルのダッシュ後射撃速度が+8%→+30%に弱体化。

このバレルはペレット数が増えるのが強力だったが弱体化してしまった。今後は取り回しを重視するならBRYSON ハンマーフォージヘビーロングバレルのほうが優先度が上がってくるかもしれない。

目次にもどる

LOCKWOOD680のおすすめカスタム

XTEN改造チョーク(マズル)

長所

ペレットのばらつき減少-12.9%
射程距離+4%
腰だめ撃ち時のばらつき-4%
タクティカルスタンス時のばらつき-4%

短所

水平反動+3.3%
垂直反動+3.3%
エイム速度+3.4%

BRYSON ハンマーフォージヘビーロングバレル(バレル)

長所

射程距離+24%
弾速+12.6%
移動速度+3.1%
しゃがみ時の移動速度+4.4%
エイム速度+5.7%

短所

水平反動+3.6%
垂直反動+2.4%
ダッシュ後射撃速度+6%

ソードオフMOD(ストック)

長所

移動速度+6.1%
しゃがみ時の移動速度+14.4%
ダッシュ速度+3.1%
タクティカルダッシュ速度+3.1%
エイム時の移動速度+10.2%
エイム速度+12.6%
ダッシュ後射撃速度-13%
腰だめ撃ちのばらつき最小-10.6%
腰だめ撃ちのばらつき最大-5.1%
タクティカルスタンス時のばらつき-5.1%

短所

ひるみ耐性+25.5%
水平反動+30.6%
垂直反動+30.6%

DR-6ハンドストップ(アンダーバレル)

長所

移動速度+4.7%
しゃがみ時の移動速度+8.5%
エイム時の移動速度+7.8%
エイム速度-5.7%
ダッシュ時射撃速度-8.2%

短所

腰だめ撃ちのばらつき最小+10%
タクティカルスタンス時のばらつき+25.4%

DEMO X40タクティカルポンプ(ガード)

長所

エイム速度-12.2%
ダッシュ時射撃速度-11.5%

短所

ひるみ耐性+100%

考察

エイム速度と射程を両方上げたLOCKWOOD680カスタム。

XTEN改造チョークとBRYSON ハンマーフォージヘビーロングバレルによりエイム時胸狙いワンショットキル距離は約9m、腰撃ちワンショットキル距離が約7mまで上昇した。

ソードオフMODとDR-6ハンドストップとDEMO X40タクティカルポンプでエイム速度など取り回しを大幅に強化した。

犠牲となったのは反動制御とひるみ耐性。ただこの武器は一撃で決めるタイプの武器でありしかも連射速度が低いため反動増加はほとんどデメリットにならない。ひるみ耐性も元々が0.08Nと異常なレベルで優れており大幅に悪化させてもSMG・AR・BR平均よりはわずかに優れている程度のレベルはあるので問題ない。

近距離戦に持ち込み一撃で決めることを意識すれば戦果をあげやすいカスタムだ。

なお、フォロワーさんのおかげで知ったのだが、LOCKWOODディフェンダーヘビーロングバレルをつけるとペレット数(飛び散る散弾の数)が6→10に増える隠し効果がある。性能詳細は以下の通り。

LOCKWOODディフェンダーヘビーロングバレル(バレル)

長所

ペレット数6→10
有効射程距離+14%
弾速+7.4%
水平反動-6%
垂直反動-6%
マガジン弾数6→10

短所

移動速度-1.6%
ダッシュ速度-1.5%
タクティカルダッシュ速度-1.2%
エイム速度+14.3%
リロード速度+56.3%
撃ち切り後のリロード速度+48.5%
ダッシュ後射撃速度+30%

このアタッチメントもペレット数が増えるのが強力で選択肢になる。

先ほどのカスタムから、BRYSON ハンマーフォージヘビーロングバレルのみをLOCKWOODディフェンダーヘビーロングバレルに変更したカスタムもおすすめだ。

このカスタムにした場合もエイム時胸狙いワンショットキル距離は約9m、腰撃ちワンショットキル距離が約7mでほぼ変化はない。

ただ、ペレット数が増えることで照準が少しずれても一撃で仕留められることが増えるのが強い。また、マガジン弾数も10発に増え、継戦能力も非常に高くなる。

しかし、エイム速度はBRYSON ハンマーフォージヘビーロングバレルでのカスタムと比較して、約25%も遅くなってしまう。ダッシュ後射撃速度も遅くなる。

取り回しを重視するならBRYSON ハンマーフォージヘビーロングバレル、確実性や継戦能力を重視するならLOCKWOODディフェンダーヘビーロングバレルを選ぶのがおすすめだ。

武器まとめへ戻る

COD MW3のpage top