COD VのNIKITA AVTの性能とカスタム

  初心者オススメ度★★★★★
中級者以上オススメ度★★★★★


 COD VのNIKITA AVTは高レートのアサルトライフル(AR)。
シーズン3(2022年4月28日頃開始)のバトルパスのティア31でアンロックできる。
性能の詳細、おすすめのアタッチメントやカスタムについて紹介していく。

NIKITA AVTの目次

性能と立ち回り
アプデ

マズル
バレル
サイト
ストック
アンダーバレル
マガジン
弾薬タイプ
リアグリップ
熟練度
キット

おすすめカスタム

目次にもどる

NIKITA AVTの性能と立ち回り

現在の性能
 COD VのNIKITA AVTは、レートが952.4RPM、約50.8mまでダメージ23と表記されている。ただし、胸と腹に当てた場合のダメージは23より高くなっている(たぶん25)。よって胸と腹に全て当てた場合は4発キルでキルタイムは約0.189秒、頭に当てず1発でも胸・腹以外に当ててしまった場合は5発キルとなりキルタイムは約0.25秒となる。

ダメージ増加マガジンをつけると、胸と腹に2発当てれば後1発はどこに当てても3発キルが可能となり、BARやクーパーに匹敵するキルタイム約0.16秒を出すことができる(4発キルになってしまった場合、キルタイム約0.24秒)。加えてホローポイント弾をつけると、どこに当てても3発キルが可能となる。

 反動は以下の通り。

だいたい最初の1~5発は右上反動。それ以降は左上反動。だが左右の反動は大きくなくほぼ上反動と言っていい。ただ上反動は大きめなので、銃身を下げて反動制御をしっかりやる必要がある。

 弾速は885m/秒(全AR同じ)。SMGと比べると弾速が非常に速く、中距離以遠の敵にも弾を当てやすい。
 エイム速度は0.26秒。アサルトライフルの中では平均レベル。

 マガジン弾数は30発と普通だが、レートが高いため撃てる時間は短め。リロード時間も3秒と遅めで継戦能力は少し不安。

 NIKITA AVTはBARと比較してキルタイムはほぼ互角で、反動が大きい欠点があるが取り回しでは勝っている(どちらもダメージ増加マガジン想定)。強武器なのは間違いない。

目次にもどる

アプデ

2022年5月11日のアプデで以下のように性能が変更
6.5サクラ式60ラウンドドラム
・ダメージが-17.4%→-4.3%。よって、ダメージ値が19→22に強化。

・有効射程が-20%→-30%

ダメージがあまり減らなくなったものの、このアタットメントだけでは確定で5発キルとなってしまう(キルタイム約0.23秒)。コワレフスカヤ546MMスナイパーもつけてダメージを上げることで胸か腹に2発当てれば4発キルができる(キルタイム約0.2秒)。ただそれでも、アタッチメントなしにも勝てないキルタイムとなってしまう。おすすめはできない。

NIKITA AVTのアタッチメント

 NIKITA AVTにガンスミスでつけられるアタッチメントについて紹介する。
おすすめのアタッチメントを選んでみたので、ぜひ使ってみてほしい。

目次にもどる

NIKITA AVTのマズル

G28コンペンセーター
長所…水平反動制御+4.8%
   水平反動制御+1.2%
短所…なし

F8スタビライザー
長所…有効射程距離+10%
   水平反動制御+7.1%
短所…ダッシュ後射撃速度-4.7%
   腰撃ち時の命中率-4.0%

リコイルブースター(おすすめ)
長所…連射速度+6.8%
短所…水平反動制御-3.7%

MXサイレンサー(超おすすめ)
長所…消音(発砲時にコンパスに赤点表示されない)
   水平反動制御+3.6%
短所…エイム速度-4.2%

コードマズルブレーキ
長所…水平反動制御+3.6%
短所…なし

M9フラッシュハイド
長所…マズルフラッシュ抑制
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+1.2%
短所…エイム速度-3.8%

マーキュリーサイレンサー(超おすすめ)
長所…消音(発砲時にコンパスに赤点表示されない)
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+1.2%
短所…有効射程距離-10%

考察
 サイレンサー系アタッチメントで発砲時のコンパス赤点表示を消しつつ反動を抑えるのがおすすめ。
 リコイルブースターで火力を上げるのも選択肢。

目次にもどる

NIKITA AVTのバレル

 NIKITA AVTだけでなく、他武器にも該当することだが、バレルは長所も短所も極端に大きいので、特に考慮して選びたい。ただ、この武器の場合、どのバレルもデメリットがでかすぎる。バレルはつけないのもアリだ。

ZAC 358MM ラピッド
長所…有効射程距離+25%
   連射速度+26%
短所…ダメージ-8.7%
   バイタルダメージ-8.8%
   乗り物へのダメージ-6.3%
   垂直反動制御-5.0%
   水平反動制御-15.4%

考察
 メリットは魅力的だが、デメリットがそれ以上にきつい。ダメージ低下することでダメージ増加マガジンをつけた場合でも3発キルができなくなる。更には反動も増加してしまう。おすすめできない。

エンブレス613MM BFA(おすすめ)
長所…垂直反動制御+45%
   水平反動制御+45%
   エイム時のブレ制御+52%
   ひるみ軽減+40%
短所…移動速度-8%
   エイム中歩行速度-12%
   ダッシュ後射撃速度-20%
   エイム時間-19.2%

考察
 バレル枠の中で唯一選択肢になるアタッチメント。この武器はダメージ増加マガジンがほぼ必須で反動が悪化するが、このアタッチメントをつければ反動が大幅に軽減され遠距離の敵すら簡単に狙える精度が得られる。ただし、取り回しがとても悪くなる点に注意。

コワレフスカヤ546MMスナイパー
長所…ダメージ+8.7%
   有効射程距離+50%
   バイタルダメージ+8.8%
   弾丸速度+40%
   乗り物へのダメージ+6.3%
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+16.5%
短所…連射速度-12.5%
   ダッシュ後射撃速度-4.7%
   腰撃ち時の命中率-20%

考察
 ダメージが少し上がり、このアタッチメントだけつけた場合はどの部位に当てても4発が確実にできるようになる。ダメージ増加マガジンと組み合わせた場合にはどこに当てても3発キルが可能となる。その他射程や弾速も上がり反動軽減できるなどメリットは大きい。ただレートが下がってしまうので、あまりおすすめできない。
 

ZAC 444MM ショート
長所…エイム時間+18.5%
   エイム中歩行速度+20%
   ダッシュ後射撃速度+10.2%
短所…弾丸速度-20%
   垂直反動制御-15.0%
   水平反動制御-10.0%

考察
 取り回しが非常によくなるのはメリット。ただ元々大きめの反動が更に悪化してしまうためおすすめできない。

コワレフスカヤ514MMプレシジョン
長所…バイタルダメージ+47.1%
   水平反動制御+40%
短所…ダメージ-21.7%
   乗り物へのダメージ-18.8%
   ダッシュ後射撃速度-9.8%

考察
 ヘッドショット2発キルができるようになるが基本ダメージが下がってしまうのでおすすめできない。

目次にもどる

NIKITA AVTのサイト

スレートリフレクター
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイト(小)で精密照準。
短所…なし

MK8リフレクター
長所…1.35倍フレームレスグラスサイトで精密照準。
短所…なし

サタン 1.35Xレンズ(おすすめ)
長所…1.35倍ミニチュアレンズスコープで精密照準。
短所…なし

エンプレスIS20(おすすめ)
長所…エイム時間+1.9%。
   オルタネイトアイアンサイトコンストラクション
短所…なし

MK3サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

G16 2.5X
長所…2.5倍コンパクトスコープ
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+83.3%
短所…エイム時間-3.8%

単眼リフレクター
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイトで精密照準。
短所…なし

SVT-40 PUスコープ3-6X
長所…3.0倍サンフィルターおよび6.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+70%
短所…エイム時間-3.8%

ZF41 7.0Xテレスコープ
長所…スナイパーテレスコープ7倍。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+70.0%
短所…エイム時間-8.1%
   敵がスコープの反射を視認可能。

M19 4.0Xフリップ
長所…1.5倍サンフィルターおよび4.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+70.0%
短所…エイム時間-6.5%

ナイダーモデル47
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイトで精密照準。
短所…なし

ZC2 1.35Xレンズ
長所…1.35倍ミニチュアレンズスコープで精密照準。
短所…なし

エンプレスIS19(おすすめ)
長所…エイム時間+1.9%。
   オルタネイトアイアンサイトコンストラクション
短所…なし

MK.3リフレクター
長所…1.35倍レクタンギュラーグラスサイトで精密照準。
短所…なし

MK.12ナイトビジョン
長所…ナイトビジョン3倍で暗闇の視野が向上
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+70.0%
短所…エイム時間-6.5%

タイプ97 5Xテレスコープ
長所…スナイパーテレスコープ5倍。
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+49.3%
短所…エイム時間-3.8%
   エイム時移動安定性とエイム安定性が低下
   敵がスコープの反射を視認可能。

MK18 サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

M38/スレート 2.5Xカスタム
長所…1.35倍リフレクターおよび2.5倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+70%
短所…エイム時間-6.5%

MK3 MOD.2サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

ZF4 3.5Xライフルスコープ(おすすめ)
長所…3.5倍コンパクトスコープで精密照準。
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+80%
短所…エイム時間-3.8%

九九式 10.0Xテレスコープ
長所…スナイパーテレスコープ10倍。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+70%
短所…エイム時間-8.1%
   敵がスコープの反射を視認可能。

1913ヴァリアブル4-8X
長所…4.0倍サンフィルターおよび8.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+70.0%
短所…エイム時間-8.1%
   敵がスコープの反射を視認可能。

1229/スレート 3.25Xカスタム
長所…1.35倍リフレクターおよび3.25倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+70.0%
短所…エイム時間-6.5%

考察
 NIKITA AVTのアイアンサイトは枠など邪魔なものがなく比較的見やすい。

ただ、せっかく何かつけられるのでつけたい。
 光学サイトが必要ないなら、エンプレスIS20またはエンプレスIS19をつけてエイム速度を上げるといい。
 視認性を重視するなら、サイト面積が大きく見やすいMK3サンフィルター、サタン 1.35Xレンズ、MK3 MOD.2サンフィルター、MK3 MOD.2サンフィルターがおすすめだ。
 この武器は特にホローポイント弾をつけないなら、頭か胴体に当てたい武器なので、倍率が高いZF4 3.5ライフルスコープをつけて精密射撃するのも選択肢。光を視認されずにすむのが利点だ。

目次にもどる

NIKITA AVTのストック

エンブレス AVT RS(超おすすめ)
長所…初期命中率と反動
   エイム速度+3.8%
短所…腰撃ち時の命中率-5%
   連射中の命中率と反動

エンブレスノッチ
長所…垂直反動制御+13.6%。
   水平反動制御+13.8%
   センタリング速度+10%
   ひるみ軽減+20%
   移動速度+2%
短所…ダッシュから射撃まで-14.9%。
   エイム時間-3.8%
   腰撃ち時の命中率-20.0%

コワレフスカヤフォールド(おすすめ)
長所…エイム中歩行速度+10.0%
   ダッシュ後射撃速度+5.1%
   エイム時間+3.8%
   腰撃ち時の命中率+7.5%
短所…垂直反動制御-10.0%
   水平反動制御-6.0%
   センタリング速度-10.0%
   ひるみ軽減-10.0%

ZAC MS(超おすすめ)
長所…エイム時間+3.8%
   水平反動制御+10.5%
短所…移動速度-4.0%。
   腰撃ち精度-5.0%

ZACパッド(おすすめ)
長所…エイム中歩行速度+35%
   初期命中率と反動
   エイム時のブレ制御+10.0%
短所…ダッシュ後射撃速度-14.9%。
   腰撃ち精度-5.0%

考察
 エイム速度を上げつつ反動も改善できるZAC MSやエンブレス AVT RSがおすすめ。
 取り回し優先ならエンブレス AVT RS、エイムしたまま移動して撃つ立ち回りをするならZACパッドも選択肢。

目次にもどる

NIKITA AVTのアンダーバレル

MARK VI スケルトン(おすすめ)
長所…エイム速度+3.8%
短所…なし

カーヴァーフォアグリップ
長所…垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+2.5%
   腰撃ち時の命中率+4%
短所…エイム速度-4.2%

SMLEハンドガングリップ
長所…ダッシュ後射撃速度+10.2%
   腰撃ち時の命中率+4.0%
短所…垂直反動制御-5.0%
   水平反動制御-5.1%

M1930ストライフアングル
長所…水平反動制御+7.1%
   エイム安定性・エイム時移動安定性を上昇。
短所…ダッシュ後射撃速度-4.7%

M3レディグリップ(おすすめ)
長所…エイム中歩行速度+5.0%
   ダッシュ後射撃速度+5.1%
   エイム速度+3.8%
短所…垂直反動制御-5.0%
   水平反動制御-1.2%

GF-59フラッシュライト
長所…敵ネームプレート視認距離が上昇。
短所…光で敵から見つかりやすくなる。

バイポッド
長所…武器マウント/しゃがみ・伏せ撃ち時の武器の反動制御。
短所…ダッシュ後射撃速度-4.7%

銃剣
長所…近接ダメージと近接攻撃範囲が強化
短所…近接切替スピードが低下

M1941ハンドストップ(おすすめ)
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
短所…腰撃ちの命中率-4%

考察
 エイム速度が上がるM3レディグリップやMARK VI スケルトンが選択肢。
 中距離以遠の戦闘重視なら、反動を軽減できるM1941ハンドストップをつけてもいい。

目次にもどる

NIKITA AVTのマガジン

 NIKITA AVTに限らず、マガジン枠では性能が大きく変化するので慎重に選びたい。

7.62X54MMR 45ラウンドマグ
長所…マガジン弾数が30発→45発に増加
   開始時の弾薬+50%
   装弾数+50%
短所…移動速度-2%
   エイム時間-4.6%

考察
 マガジン弾数が増えるが、エイム速度が遅くなる。ダメージ増加マガジンが強すぎることもありおすすめできない。

.30-06 25ラウンドファストマグ(超おすすめ)
長所…ダメージ+39.1%
   有効射程距離+20%
   弾丸速度+20%
   乗り物へのダメージ+37.5%
   貫通力+166.7%
   リロード時間が3秒→2.2秒に短縮
   開始時の弾薬+11.1%
   装弾数+11.1%
短所…連射速度-21.3%
   エイム時間-4.2%
   垂直反動制御-25%
   水平反動制御-25%
   腰撃ち時命中率-4%
   マガジン弾数30発→25発に減少。

考察
 ダメージが上がり、胸か腹に2発当てれば残り1発はどこに当てても3発キルできるようになり、キルタイム約0.16秒が叩き出せるようになる。非常に強力なアタッチメントであり、ほぼ必須と言っていい。ホローポイント弾もつければ条件なくどこに当てても3発キルとなる。

7.62X54MMR 25ラウンドファストマグ
長所…エイム時間-7.3%
   リロード速度3秒→2.2秒
   開始時の弾薬+11.1%
   装弾数+11.1%
短所…マガジン弾数30発→25発に減少。

考察
 マガジン弾数が5発減るがリロード速度が上がり継戦能力がそこまで下がらず、エイム速度が大きく上がる優秀なアタッチメント。ただ、ダメージ増加マガジンがそれを上回る圧倒的な強さを誇るためおすすめできない。

6.5サクラ式60ラウンドドラム
長所…連射速度+8.6%
   移動速度+2.0%
   垂直反動制御+40.0%
   水平反動制御+25.0%
   腰撃ち命中率+4%
   マガジン弾数30発→60発に増加。
   開始時の弾薬+100%
   装弾数+100%
短所…ダメージ-4.3%
   有効射程距離-30%
   弾丸速度-20%
   乗物へのダメージ-6.3%
   リロード速度-11.1%
   貫通力-50%

考察
このアタットメントだけでは確定で5発キルとなってしまう(キルタイム約0.23秒)。コワレフスカヤ546MMスナイパーもつけてダメージを上げることで胸か腹に2発当てれば4発キルができる(キルタイム約0.2秒)。ただそれでも、アタッチメントなしにも勝てないキルタイムとなってしまう。おすすめはできない。

目次にもどる

NIKITA AVTの弾薬タイプ

FMJ弾
長所…貫通力+166.7%
短所…なし

徹甲弾
長所…乗り物へのダメージ+68.6%
短所…なし

長尺弾(おすすめ)
長所…弾丸速度+30%
短所…なし

亜音速弾(おすすめ)
長所…ミニマップピンなし(発砲時にコンパスに赤点表示されない)。
   発射の被視認性
短所…弾丸速度-10%

焼夷弾
長所…焼夷弾ダメージ
短所…弾丸速度-10%
   有効射程距離-5%

ホローポイント弾(超おすすめ)
長所…手足へのダメージ向上
短所…有効射程距離-10%

フランジブル弾
長所…敵の治療を遅らせる
   敵の脚に命中すると動きが鈍くなる
短所…なし

考察
 ホローポイント弾はダメージが増加する.30-06 25ラウンドファストマグと組み合わせることで、どこに当てても3発キル(キルタイム約0.16秒)を発揮できるようになる(元々胸・腹のダメージが高くホローポイント弾をつけることで手足のダメージも上がるため)。優先度は非常に高い。

目次にもどる

NIKITA AVTのリアグリップ

ハッチグリップ
長所…水平反動制御+3.6%
短所…なし

スティップルグリップ(おすすめ)
長所…撃った直後の反動が軽減
   センタリング速度+20%
短所…なし

レザーグリップ(おすすめ)
長所…エイム速度+3.8%
短所…なし

ラバーグリップ
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+2.4%
短所…なし

粒状グリップ
長所…エイム中歩行速度+5.0%
   エイム時のブレ制御+19%
短所…なし

ポリマーグリップ
長所…ひるみ耐性+40.0%
   連射中の命中率と反動を改善。
短所…なし

ファブリックグリップ
長所…エイム速度+3.8%
   ダッシュ後射撃速度+5.1%
   腰撃ち時の反動回復
短所…水平反動制御-3.7%

パインタールグリップ
長所…垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+2.5%
   腰撃ち時の命中率+4%
短所…エイム速度-4.2%

テープグリップ
長所…エイム時のブレ制御+21.4%
   武器の切替速度
短所…なし

グループグリップ
長所…エイム中歩行速度+10%
   水平反動制御+7.1%
短所…ダッシュ後射撃速度-4.7%
   エイム時間-4.2%

考察
 レザーグリップでエイム速度を上げるかスティップルグリップで反動を抑えるのがおすすめ。
目次にもどる

NIKITA AVTの熟練度

ブレイス(おすすめ)
長所…撃ち始めの命中率と反動を改善。
短所…なし

スライハンド(おすすめ)
長所…リロード速度+1
短所…なし

ドリラー
長所…弾丸の貫通力
短所…なし

無効化
長所…サプレッション+1
短所…なし

フリート(おすすめ)
長所…武器の切替速度と移動速度+1
短所…なし

完璧主義者(おすすめ)
長所…反動制御+2
短所…ひるみ耐性-2

冷淡な仕打ち
長所…負傷状態でのリロード速度+1
   負傷/制圧射撃中の命中率と反動+1
短所…なし

考察
 この枠は反動を抑えるブレイスや完璧主義者が選択肢。完璧主義者はエンブレス613MM BFA(バレル)を選んだ際はつけるといい。エンブレス613MM BFAでひるみ耐性が減少するのを相殺できる。
 継戦能力が低いので武器切り替え速度を上げるフリート、リロード速度を上げるスライハンドも選択肢。

目次にもどる

NIKITA AVTのキット

オンハンド(おすすめ)
長所…装備使用後のクールダウンタイムが短縮
短所…なし

サープラス
長所…キルXPが上昇。
短所…なし

高速近接
長所…近接攻撃速度が向上。
短所…なし

ディーププレス
長所…息を止めていられる時間が上昇。
短所…なし

フルロード(おすすめ)
長所…開始時の最大弾薬数最大
短所…なし

ディフェンダー(おすすめ)
長所…武器マウント時の動きと使用時間を向上。
短所…なし

ヘビーヒッター
長所…近接スタンパワーを付与
短所…なし

リーチ(おすすめ)
長所…近接攻撃範囲が向上。
短所…なし

考察
 ダメージ増加マガジンを選んだ場合、合計弾数の少なさが問題になることもあるので、フルロードがおすすめ。
 装備のクールダウンを短くできるオンハンドでもいい。
 マウントの使用頻度が高いなら、ディフェンダーも選択肢。
目次にもどる

NIKITA AVTのおすすめカスタム

メイン武器…NIKITA AVT
・MXサイレンサー(マズル)
・エンプレス613MM BFA(バレル)
・MK18サンフィルター(サイト)
・ZAC MS(ストック)
・M3レディグリップ(アンダーバレル)
・.30-06 25ラウンドファストマグ(マガジン)
・ホローポイント弾(弾薬タイプ)
・レザーグリップ(リアグリップ)
・完璧主義者(熟練度)
・フルロード(キット)

考察
 .30-06 25ラウンドファストマグ+ホローポイント弾でどこに当てても3発キルを可能にしたNIKITA AVTカスタム。
 エンプレス613MM BFA+完璧主義者により反動を徹底的に抑え、視認性に優れたMK18サンフィルターをつけているので、近距離~遠距離まで対応が可能。
 残りのアタッチメントの多くはエイム速度など取り回しをよくするものを選んである。ただ、それでもエイム速度はやや低下しているので、できるだけ交戦前にエイムできるように立ち回りをしよう。
 近距離~遠距離まで戦える汎用性を持つが、継戦能力が高くないので連戦を避けづらい近距離戦はやや危険。できるだけ中距離以遠で戦闘することを心掛けたい。


武器まとめへ戻る

COD Vのpage top