COD VのMARCO 5の性能とガンスミス

  初心者オススメ度★★☆☆☆
中級者以上オススメ度★★★★☆


 COD VのMARCO 5はデュアルにすることが可能なサブマシンガン(SMG)だ。
シーズン4のバトルパスのティア15でアンロックできる。
ただし、アンロックができるのは6月23日から?なので注意しよう。
性能の詳細、おすすめのアタッチメントやカスタムについて紹介していく。

MARCO 5の目次

性能と立ち回り
アプデ

マズル
バレル
サイト
ストック
アンダーバレル
マガジン
弾薬タイプ
リアグリップ
熟練度
キット

おすすめカスタム1
おすすめカスタム2

目次にもどる

MARCO 5の性能と立ち回り

現在の性能
 COD VのMARCO 5は、レートが666.7RPM、有効射程は約10.16mでダメージ31。ただし胸と腹は高いダメージになっており、胸か腹に3発当てれば3発キル可能で、その場合のキルタイムは約0.179秒(頭に1発当てても3発キルできる)。アタッチメントなしの割には速いキルタイムである。

 約10.16m~約15mまでは胸・腹に2発当てれば4発キルが可能でキルタイムは約0.269秒。

 約15m以降は胸・腹に全て命中させれば5発キルでき、キルタイムは約0.359秒。頭に当てない場合1発でも手足に当てると6発キルになってしまい、キルタイム約0.449秒。この距離で戦うのは無謀。

 ホローポイント弾をつければ手足のダメージを胸・腹ダメージと同等にでき、キルタイム安定性が高まる。
 一方で3発キル→2発キルする手段はない(ダメージ増加マガジンをつければ頭に2発当てれば2発キル可能だが限定的すぎる)。一丁持ちの場合はアタッチメントをつけても劇的にキルタイムは上げられない。一応、レート強化アタッチメントはあるので、ある程度は火力を強化できる。
 MARCO 5にはデュアルがあるので、至近距離のキルタイムを劇的に上げることは可能。
 反動は以下のようになっている。

反動が右上反動。反動はやや大きめであり中距離以遠を狙うなら反動軽減アタッチメントが必要だ。
 弾速は353m/秒(全SMG同じ)。他武器種と比較すると弾速が遅い。
 射程・反動・弾速がイマイチなので、中距離以遠の戦闘は向いていないと言わざるを得ない。

 エイム速度は0.19秒でSMGの中では平均より少し速め
 エイム中歩行速度、移動速度、腰撃ち精度もSMGの中では平均レベル(平均的なSMGであるMP40と比べると、エイム中歩行速度と移動速度はわずかに速い)。

 リロード時間は2,6秒、マガジン弾数は30発と平均的。継戦能力は普通と言える。

 MARCO 5は一丁持ちの場合は、MP40より射程が短いが、キルタイムや取り回しでは勝るという武器。
デュアルで至近距離特化すれば他SMGと差別化ができ、立ち回りが上手くできるプレイヤーが使えば活躍可能。

MARCO 5のアタッチメント

 MARCO 5にガンスミスでつけられるアタッチメントについて紹介する。
おすすめのアタッチメントを選んでみたので、ぜひ使ってみてほしい。

目次にもどる

MARCO 5のマズル

ストライフコンペンセーター
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+1.2%
短所…なし

F8スタビライザー(おすすめ)
長所…有効射程距離+10%
   水平反動制御+7.1%
短所…ダッシュ後射撃速度-4.8%
   腰撃ち時の命中率-4.0%

NO.3ライフルブレーキ
長所…水平反動制御+3.6%
短所…なし

マーキュリーサイレンサー(おすすめ)
長所…消音(発砲時にコンパスに赤点表示されない)
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+1.2%
短所…有効射程距離-10%

リコイルブースター(おすすめ)
長所…連射速度+5.9%
短所…水平反動制御-3.7%

マローダーフラッシュハイド
長所…マズルフラッシュ抑制
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+1.2%
短所…エイム速度-4.2%

M1929サイレンサー(超おすすめ)
長所…消音(発砲時にコンパスに赤点表示されない)
   水平反動制御+3.6%
短所…エイム速度-4.2%

考察
 一丁持ちなら、サイレンサー系アタッチメントで消音しつつ、弱点の反動軽減を行うのがおすすめ。弱点の射程が上がるF8スタビライザーも選択肢だ。
 デュアルの場合、必要ないエイム速度が下がり、消音と水平反動制御ができるM1929サイレンサーがおすすめ。
 レートが上げられるリコイルブースターは一丁持ちでもデュアルでも選択肢になる。

目次にもどる

MARCO 5のバレル

 MARCO 5だけでなく全ての武器に該当するが、バレルは長所も短所も極端に大きいので、特に考慮して選びたい。

イメリト 482MMバースト
長所…3点バースト化
   垂直反動制御+10.0%
   水平反動制御+10.0%
   エイム時のブレ制御+52.0%
短所…連射速度-34.8%

考察
 3点バースト化する。キルタイム的には変化がなく、バースト後、次弾発射まで時間がかかるようになるのが大きな欠点。射撃精度がよくなるとはいえおすすめできない。

ボッテイ285MMカスタム(超おすすめ)
長所…センタリング即素+5%
   腰撃ち時の命中率+25.0%
短所…垂直反動制御-20%
   水平反動制御-30%

考察
 腰撃ち精度が大きく向上する。デュアル時にほぼ必須となるアタッチメント。

イメリト 342MM O4P(おすすめ)
長所…エイム速度+8.9%
   垂直反動制御+30%
   水平反動制御+20%
   エイム時のブレ制御+52%
   ひるみ耐性+10%
短所…ダッシュ後射撃速度-9.6%
   腰撃ち時の命中率-20%

考察
 大きく反動軽減できる上にエイム速度も上げられる強力アタッチメント。一丁持ちなら選択肢になる。

ペルフェットレスト
長所…エイム速度+10%
   エイム中歩行速度+20%
   ダッシュ後射撃速度+10.2%
   移動速度+10%
短所…弾丸速度-25%
   垂直反動制御-20%
   水平反動制御-15%

考察
 取り回しがよくなるが、弱点の弾速と反動が更に悪化するのが厳しい。あまりおすすめできない。

ボッテイ 240MM VL(超おすすめ)
長所…連射速度+11.1%
短所…垂直反動制御-10%
   水平反動制御-25%
   腰撃ち精度-20%

考察
 腰撃ち精度が下がるのでデュアルには向かない。一丁持ちの場合、火力を増強できる数少ないアタッチメントなので優先度は高い。3発キルした場合キルタイム約0.16秒を出せるようになる。

目次にもどる

MARCO 5のサイト

単眼リフレクター
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイトで精密照準。
短所…なし

サタン 1.35Xレンズ(おすすめ)
長所…1.35倍ミニチュアレンズスコープで精密照準。
短所…なし

ZC2 1.35Xレンズ
長所…1.35倍ミニチュアレンズスコープで精密照準。
短所…なし

G16 2.5X
長所…2.5倍コンパクトスコープ
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+88.6%
短所…エイム時間-4.2%

スレートリフレクター
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイト(小)で精密照準。
短所…なし

ZF4 3.5Xライフルスコープ
長所…3.5倍コンパクトスコープで精密照準。
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+86.3%
短所…エイム時間-4.2%

ナイダーモデル47
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイトで精密照準。
短所…なし

M19 4.0Xフリップ(おすすめ)
長所…1.5倍サンフィルターおよび4.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+79.4%
短所…エイム時間-6.3%

M38/スレート 2.5Xカスタム(おすすめ)
長所…1.35倍リフレクターおよび2.5倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+79.4%
短所…エイム時間-6.3%

MK3サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

MK3リフレクター
長所…1.35倍フレームレスグラスサイトで精密照準。
短所…なし

MK.12ナイトビジョン
長所…ナイトビジョン3倍で暗闇の視野が向上
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+79.4%
短所…エイム時間-6.3%

MK18 サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

1229/スレート 3.25Xカスタム(おすすめ)
長所…1.35倍リフレクターおよび3.25倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+79.4%
短所…エイム時間-6.3%

MK3 MOD.2サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

1913ヴァリアブル4-8X(おすすめ)
長所…4.0倍サンフィルターおよび8.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+79.4%
短所…エイム時間-7.9%
   敵がスコープの反射を視認可能。

MK8リフレクター
長所…1.35倍フレームレスグラスサイトで精密照準。
短所…なし

SVT-40 PUスコープ3-6X
長所…3.0倍サンフィルターおよび6.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+79.4%
短所…エイム時間-4.2%

考察
 MARCO 5のアイアンサイトは枠もなく視認性に優れている。

ただ、何かしらサイトはつけたい。
 1丁持ちするなら、MK3サンフィルター、サタン 1.35Xレンズ、MK3 MOD.2サンフィルター、MK3 MOD.2サンフィルターで精度を高めるのがおすすめ。
 デュアルにするなら、1913ヴァリアブル4-8X、1229/スレート 3.25Xカスタム、MK.12ナイトビジョン、M38/スレート 2.5Xカスタム、M19 4.0Xフリップのいずれかをつけて反動軽減するのがおすすめ。

目次にもどる

MARCO 5のストック

ボッテイHFフォールド(おすすめ)
長所…腰撃ち時の命中率+7.5%
   ダッシュ後射撃速度+5.4%
   エイム中歩行速度+10%
   エイム速度+3.7%
短所…垂直反動制御-10.7%
   水平反動制御-12.2%
   センタリング速度-10%
   ひるみ耐性-10%

イメリトFR(超おすすめ)
長所…エイム時間+3.7%
   初期反動軽減
   センタリング速度+10%
短所…腰撃ち命中率-5%
   連射時の反動が増加。

ペルフェットエサッタ
長所…垂直反動制御+13.6%
   水平反動制御+13.8%
   エイム時のブレ制御+60%
   ひるみ耐性+20%
短所…移動速度-6%
   エイム時間-7.9%

考察
 一丁持ちなら、エイム速度を上げられ、初期反動も軽減できるイメリトFRでほぼ確定。
 デュアルなら、腰撃ち精度が上がるボッテイHFフォールドは選択肢。ただエイム速度やエイム中歩行速度などデュアル時に無駄となる性能が向上し、反動やセンタリング速度、ひるみ耐性が悪化してしまう。デュアルにするならこの枠には何もつけないのも手だ。

目次にもどる

MARCO 5のアンダーバレル

MARK VI スケルトン(おすすめ)
長所…エイム速度+3.7%
短所…なし

カーヴァーフォアグリップ
長所…垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+2.5%
   腰撃ち時の命中率+4%
短所…エイム速度-4.2%

SMLEハンドガングリップ
長所…ダッシュ後射撃速度+10.2%
   腰撃ち時の命中率+4.0%
短所…垂直反動制御-5.0%
   水平反動制御-5.1%

M1930ストライフアングル
長所…水平反動制御+7.1%
   エイム安定性・エイム時移動安定性を上昇。
短所…ダッシュ後射撃速度-4.8%

SG98コンパクト
長所…エイム中歩行速度+10%
短所…なし

GF-59フラッシュライト
長所…敵ネームプレート視認距離が上昇。
短所…光で敵から見つかりやすくなる。

M1915ステディ
長所…腰撃ち命中率+4%
短所…なし

M1941ハンドストップ(おすすめ)
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
短所…腰撃ちの命中率-4%

考察
 MARK VI スケルトンでエイム速度を上げたり、M1941ハンドストップで反動軽減するのがおすすめ。
 デュアルを選んだ場合、アンダーバレル枠にはアタットメントを装着できない。

目次にもどる

MARCO 5のマガジン

 MARCO 5以外の他の武器にも言えることだが、マガジンは長所も短所も極端に大きいので、特に考慮して選びたい。

9MM 30ラウンドファストマグ(おすすめ)
長所…リロード速度が2.6秒→2.1秒に短縮。
短所…なし

考察
 リロード速度の短縮率がそこそこで短所もないので選択肢になるアタッチメント。

8MM南部弾60ラウンドマガジン(おすすめ)
長所…連射速度+11.1%
   移動速度+2%
   エイム時間+5.8%
   垂直反動制御+25%
   水平反動制御+25%
   腰撃ち命中率+4%
   マガジン弾数が30→60に増加。
   開始時の弾薬+100%
   装弾数+100%

短所…射程距離-30%
   弾丸速度-20.0%

考察
レートが向上し腰撃ち精度も上がりダメージは下がらず継戦能力も増す。射程や弾速は大きく下がるが、元々遠い距離では無力のデュアルにするならそこまで悪影響はない。デュアルにするなら選択肢になるアタッチメント。

9MM 45ラウンドドラム(おすすめ)
長所…マガジン弾数が30発→45発
   開始時の弾薬+50%
   装弾数+50%
短所…リロード時間が2.6秒→3.0秒に増加

考察
 マガジン弾数が大きく増え、継戦能力が高まるので選択肢になるアタッチメント。

8MMクルツ30ラウンドマガジン
長所…ダメージ+9.7%
   有効射程距離+50%
   バイタルダメージ+10.9%
   弾丸速度+25%
   乗り物へのダメージ+10.5%
   貫通力+433.3%
短所…連射速度-16.7%
   移動速度-2.0%
   垂直反動制御-20%
   水平反動制御-10%
   腰撃ち時命中率-20%

考察
 特に射程が大きく伸びるアタッチメント。ダメージが増加することで、有効射程内なら手足当てでも3発キルが確実にとれるようになる。
 ただ、レートが大きく落ちるのがマイナスポイント。3発キルでもキルタイムは約0.21秒と平凡なものとなってしまうのでおすすめできない。
 腰撃ち精度が下がってしまうのでデュアルとの相性も悪い。

目次にもどる

MARCO 5の弾薬タイプ

FMJ弾
長所…貫通力+100%
短所…なし

長尺弾(おすすめ)
長所…弾丸速度+30%
短所…なし

亜音速弾
長所…ミニマップピンなし(発砲時にコンパスに赤点表示されない)。
   発射の被視認性
短所…弾丸速度-10%

フランジブル弾
長所…敵の治療を遅らせる
   敵の脚に命中すると動きが鈍くなる
短所…なし

ホローポイント弾(超おすすめ)
長所…手足へのダメージ向上
短所…有効射程距離-10%

焼夷弾
長所…焼夷弾ダメージ
短所…弾丸速度-10%
   有効射程距離-5%

考察
 胸・腹以外に当てたとしても、胸・腹ど同等のダメージが与えられるようになるホローポイント弾がおすすめ。ただしデュアル時は手足ダメージが下がる(手足の中でもダメージが異なり、太もも=腕>手の先>足先となっている)。デュアル+ホローポイント弾の場合は胸・腹ダメージと手足ダメージを同等にできないので注意。
 参考として、有効射程内で、デュアルのみの場合は太もも当てだとキルに5発かかる。デュアル+ホローポイント弾であれば太もも当てで4発でキル可能。胸・腹に当てた場合のように3発キルはとれないものの、デュアル時にホローポイント弾をつける意味はある。
 長尺弾で弾速を上げるのも選択肢だ。

目次にもどる

MARCO 5のリアグリップ

ハッチグリップ
長所…水平反動制御+3.6%
短所…なし

ラバーグリップ
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+2.4%
短所…なし

レザーグリップ(おすすめ)
長所…エイム速度+3.7%
短所…なし

パインタールグリップ(超おすすめ)
長所…垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+2.5%
   腰撃ち時の命中率+4%
短所…エイム速度-4.2%

スティップルグリップ(おすすめ)
長所…撃った直後の反動が軽減
   センタリング速度+20%
短所…なし

ポリマーグリップ
長所…ひるみ耐性+40.0%
   連射中の命中率と反動を改善。
短所…なし

グループグリップ
長所…エイム中歩行速度+10%
   水平反動制御+7.1%
短所…ダッシュ後射撃速度-4.8%
   エイム時間-4.2%

テープグリップ
長所…エイム時のブレ制御+21.4%
   武器の切替速度
短所…なし

粒状グリップ
長所…エイム中歩行速度+5.0%
   エイム時のブレ制御+19%
短所…なし

ファブリックグリップ
長所…エイム速度+3.7%
   ダッシュ後射撃速度+5.4%
短所…水平反動制御-3.8%

考察
 レザーグリップでエイム速度を上げたり、スティップルグリップで反動軽減するのがおすすめ。
 デュアルにするなら、パインタールグリップで腰撃ち精度を上げるのがおすすめだ。
目次にもどる

MARCO 5の熟練度

アンマークド
長所…キル後に足音を消音。
短所…なし

ディスカード
長所…撃ち切り後のリロード速度を強化。
短所…なし。

モメンタム
長所…キル後の移動速度が向上。
短所…なし

デュアル(超おすすめ)
長所…2丁の銃を持って腰撃ちできる。
短所…エイムできなくなる。

フレンジー(超おすすめ)
長所…キル後の体力自動回復
短所…なし

ガンホー(超おすすめ)
長所…ダッシュ中の射撃
短所…なし


考察
 一丁持ちなら、連戦で強くなるフレンジーかダッシュ中攻撃が可能となるガンホーがおすすめだ。
 デュアルにすれば銃を2丁持ち、腰撃ちしかできないが圧倒的火力を得られる。最速で左右同時発射2回で敵を倒せ、その場合のキルタイムは驚異の約0.089秒と驚異的だ。ただし、一切説明されていないが、手足当てのダメージが下がる点には注意。手足の中でもダメージが異なり、太もも=腕>手の先>足先となっている。できるだけ敵の身体の中心を狙って撃っていくことが大切。

目次にもどる

MARCO 5のキット

クイック(超おすすめ)
長所…ダッシュ速度が上昇。
短所…なし

サープラス
長所…キルXPが上昇。
短所…なし

高速近接
長所…近接攻撃速度が向上。
短所…なし

オンハンド(おすすめ)
長所…装備使用後のクールダウンタイムが短縮
短所…なし

フルロード(おすすめ)
長所…開始時の最大弾薬数最大
短所…なし

ディフェンダー(おすすめ)
長所…武器マウント時の動きと使用時間を向上。
短所…なし

ヘビーヒッター
長所…近接スタンパワーを付与
短所…なし

リーチ
長所…近接攻撃範囲が向上。
短所…なし

考察
 クイックが特におすすめだ。ダッシュ速度が上がれば素早く目標まで移動したり、裏取りや逃走がしやすくなる。
 装備の使用後のクールダウン短縮ができるオンハンド、弾を増やせるフルロード、マウント時の動きを改善するディフェンダーも選択肢。

目次にもどる

MARCO 5のおすすめカスタム1

メイン武器…MARCO 5
・M1929サイレンサー(マズル)
・ボッティ240MMカスタム(バレル)
・1913ヴァリアブル4-8X(サイト)
・ボッティ HF フォールド(ストック)
・装着できない(アンダーバレル)
・9MM 45ラウンドドラム(マガジン)
・ホローポイント弾(弾薬タイプ)
・パインタールグリップ(リアグリップ)
・デュアル(熟練度)
・クイック(キット)

考察
 デュアルを選択し、至近距離特化したMARCO 5カスタム。左右同時2回目で勝負を決めればキルタイム約0.089秒を叩き出せる。

 残りのアタッチメントではできるだけ腰撃ち精度を上げた。
 腰撃ちである以上、ある程度の手足当ては避けられない。手足当て時のダメージを抑えるためにホローポイント弾を採用している。
 9MM 45ラウンドドラムでマガジン弾数を増やしているので継戦能力も高い。
 距離を詰める立ち回りができれば、至近距離戦で複数人まとめてキルも可能で強力だ。

目次にもどる

MARCO 5のおすすめカスタム2

メイン武器…MARCO 5
・F8スタビライザー(マズル)
・ボッティ240MM VL(バレル)
・サタン1.35レンズ(サイト)
・イメリトFR(ストック)
・MARKVIスケルトン(アンダーバレル)
・9MM 45ラウンドドラム(マガジン)
・ホローポイント弾(弾薬タイプ)
・スティップルグリップ(リアグリップ)
・フレンジー(熟練度)
・クイック(キット)

考察
 一丁持ちで火力と継戦能力の両立を目指したMARCO 5カスタム。

 ボッティ240MM VLを採用しレートを上げたことでキルタイムは約0.16秒と速くなった。
 加えて、9MM 45ラウンドドラムでマガジン弾数を増やし、フレンジーでキルすれば体力回復を素早くできるようにした。
 消音はしていないので敵を呼ぶが、連戦能力が非常に高いので問題ない。敵を1人倒したら敵を勝手におびき寄せて連続キルを狙うこともできる。

武器まとめへ戻る

COD Vのpage top