COD VのM1 GARANDの性能とアタッチメント

  初心者オススメ度★☆☆☆☆
中級者以上オススメ度★★☆☆☆


 COD V(ヴァンガード)のM1 GARANDは高威力のマークスマンライフル(MR)だ。
性能の詳細、おすすめのアタッチメントやガンスミスについて紹介していく。

M1 GARANDの目次

性能と立ち回り

マズル
バレル
サイト
ストック
アンダーバレル
マガジン
弾薬タイプ
リアグリップ
熟練度
キット

おすすめカスタム

目次にもどる

M1 GARANDの性能と立ち回り

現在の性能
 COD V(ヴァンガード)のM1 GARANDは、レートが300RPM、有効射程は約63.5mでダメージ60。2発キルが可能でキルタイムは約0.2秒とそこそこ速い。ただ、手足のダメージが低くなっており、手足に2発当てた場合は2発キルできない。胸、腹、太もも、腕に1発当てていれば、残り1発が手足でも2発キル可能。手足の判定は小さく2発キルに失敗することはまずないが、一応、胴体を狙うことを意識していこう。また、指連射で3OORPMを出せないのであれば、キルタイムが落ちる。敵をしっかり狙いながらも高速でボタンを押すことを意識していこう。

 ダメージ増加系アタッチメントはなく、これ以上火力を上げることができない(一応、ヘッドショットダメージ増加はある)。

 反動は以下の通り。

8発撃っただけにしては銃の跳ね上がりが非常に大きく、反動が大きいことがわかる。ただ左右反動はなく、上反動のみなので反動制御はそこまで難しくない。

 弾速は930m/秒(全MR同じ。LMGとも同じ)。アサルトライフル(833m/秒)よりわずかに優れ、サブマシンガン(353m/秒)より圧倒的に優れている。
 エイム速度は0.335秒でマークスマンライフル(MR)中最速。ただ、アサルトライフル(AR)と比べれば劣るので過信できない。
 エイム中歩行速度はライトマシンガン(LMG)よりも遅く、エイムしたまま移動しづらい。
 腰撃ち精度も悪い。腰撃ちは至近距離戦のみで使用しよう。
 M1 GARANDだけでなくマークスマンライフルの全てに言えることだが、SMG、AR、LMGと比較して著しくひるみ軽減値が低い。そのため撃ち合い時に被弾すると銃身が上に跳ね上がってしまい、敵に弾が当たらない(距離が離れるほど影響が大きい)。一方的に狙撃できるように立ち回りをするか、ひるみ軽減アタッチメントを多くつけて対策しよう。
 マガジン弾数は8発と少ない。しかもリロードには3.7秒もかかる。継戦能力は低めと言える。ただ、2発キルできるので、無駄弾を出さず敵を仕留められるプレイヤーであればある程度は連戦をこなせる。また、アタッチメントでマガジン弾数を増やせば、継戦能力不足を克服できる。

 M1 GARANDは致命的と言えるほどの弱点はないものの、長所も特にない平凡な武器。現状では不遇な武器と言える。

M1 GARANDのアタッチメント

 M1 GARANDにガンスミスでつけられるアタッチメントについて紹介する。
おすすめのアタッチメントを選んでみたので、ぜひ使ってみてほしい。

目次にもどる

M1 GARANDのマズル

イスコヴフラッシュハイド
長所…マズルフラッシュ抑制
   垂直反動制御+4.8%
短所…エイム速度-4%

F8スタビライザー
長所…有効射程距離+10%
   水平反動制御+0%
短所…ダッシュ後射撃速度-4.2%
   腰撃ち時の命中率-4.0%

マーキュリーサイレンサー(おすすめ)
長所…消音(発砲時にコンパスに赤点表示されない)
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+0%
短所…有効射程距離-10%

G28コンペンセーター
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+0%
短所…なし

MXサイレンサー
長所…消音(発砲時にコンパスに赤点表示されない)
   水平反動制御+0%
短所…エイム速度-3%

Lブレーキ
長所…水平反動制御+0%
短所…なし

考察
 M1 GARANDの特徴として水平反動はない。よって、水平反動軽減の効果は意味がない。水平反動制御のみのアタッチメントはつけても全く意味がないと言える。
 マーキュリーサイレンサーで消音と反動軽減を行うのがおすすめ。

目次にもどる

M1 GARANDのバレル

 M1 GARANDだけでなく全ての武器に言えることだが、バレルは長所も短所も極端に大きいので、特に考慮して選びたい。

CGCアイアンサイド(おすすめ)
長所…垂直反動制御+45%
   水平反動制御+0%
   エイム時のブレ制御+52%
   ひるみ軽減+40%
短所…移動速度-8%
   エイム中歩行速度-12%
   ダッシュ後射撃速度-20%
   エイム速度-19.1%

考察
 反動を大きく抑えられる上にひるみ耐性もつくので、遠距離戦を重視するなら選択肢。ただしデメリットも大きい。

クーパー25カスタム(超おすすめ)
長所…垂直反動制御+10%
   エイム時間+4.8%(記載ミスで短所かも。)
   エイム時のブレ制御+52%
   センタリング速度+10%
短所…腰撃ち精度-20%
   ダッシュ後射撃速度-10%

考察
 反動軽減が無難に行え、デメリットも小さいのでおすすめだ。

クーパー21シュラウド
長所…有効射程距離+60%
   弾丸速度+40%
   エイム時ブレ制御+35%
短所…エイム中歩行速度-8%
   腰撃ち時の命中率-16%

考察
 射程も弾速も十分足りている。エイム中歩行速度の低下も厄介なのでおすすめしない。

チャリオット26プレシジョン
長所…バイタルダメージ+40%
   エイム速度+9%
短所…ダメージ-38.3%
   乗り物へのダメージ-38.3%
   ダッシュ後射撃速度-10%
   垂直反動制御-8.1%

考察
 ヘッドショット一撃キルを可能にするアタッチメント。だが通常ダメージ低下などのデメリットが大きいのでおすすめできない。

目次にもどる

M1 GARANDのサイト

ナイダーモデル47
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイトで精密照準。
短所…なし

M19 4.0Xフリップ
長所…1.5倍サンフィルターおよび4.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+0%
   エイム時のブレ制御+78.2%
短所…エイム時間-6.3%

1913ヴァリアブル4-8X
長所…4.0倍サンフィルターおよび8.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+0%
   エイム時のブレ制御+78.2%
短所…エイム時間-8.1%
   敵がスコープの反射を視認可能。

M38MOD.3 10.0Xテレスコープ
長所…10倍ヘビースコープ
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+0%
   エイム時のブレ制御+78.2%
短所…エイム時間-8.1%
   敵がスコープの反射を視認可能。

G16 2.5X
長所…2.5倍コンパクトスコープ
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+0%
   エイム時のブレ制御+87.9%
短所…エイム時間-3.9%

スレートリフレクター
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイト(小)で精密照準。
短所…なし

MK8リフレクター
長所…1.35倍フレームレスグラスサイトで精密照準。
短所…なし

MK3サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

サタン 1.35Xレンズ(おすすめ)
長所…1.35倍ミニチュアレンズスコープで精密照準。
短所…なし

ZF4 3.5Xライフルスコープ(おすすめ)
長所…3.5倍コンパクトスコープで精密照準。
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+0%
   エイム時のブレ制御+85.5%
短所…エイム時間-3.9%

MK18 サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

単眼リフレクター
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイトで精密照準。
短所…なし

M38MOD.2 7.0Xテレスコープ
長所…スナイパーテレスコープ7倍。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+0%
   エイム時のブレ制御+78.2%
短所…エイム時間-8.1%
   敵がスコープの反射を視認可能。

ZC2 1.35Xレンズ
長所…1.35倍ミニチュアレンズスコープで精密照準。
短所…なし

SVT-40 PUスコープ3-6X(おすすめ)
長所…3.0倍サンフィルターおよび6.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+0%
   エイム時のブレ制御+78.2%
短所…エイム時間-3.9%

MK3 MOD.2サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

1229/スレート 3.25Xカスタム
長所…1.35倍リフレクターおよび3.25倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+0%
   エイム時のブレ制御+78.2%
短所…エイム時間-6.3%

MK.12ナイトビジョン
長所…ナイトビジョン3倍で暗闇の視野が向上
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+0%
   エイム時のブレ制御+78.2%
短所…エイム時間-6.3%

MK.3リフレクター
長所…1.35倍レクタンギュラーグラスサイトで精密照準。
短所…なし

クーパーS MI(おすすめ)
長所…エイム時間+2.1%。
   オルタネイト アイアンサイトコンストラクション
短所…なし

M38 5Xテレスコープ
長所…スナイパーテレスコープ5倍。
   垂直反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+63.1%
短所…エイム時間-3.9%
   エイム時移動安定性とエイム安定性が低下
   敵がスコープの反射を視認可能。

考察
 M1 GARANDのアイアンサイトは枠があり、見づらい。

ぜひ、視認性の良いサイトをつけたい。
 光学サイトが必要ないなら、クーパーS MIがおすすめ。エイム速度が上がるだけでなく、サイトの枠がなくなり見やすくなる。
 近距離戦~中距離戦を重視するなら、MK3サンフィルター、サタン 1.35Xレンズ、MK3 MOD.2サンフィルター、MK3 MOD.2サンフィルターがおすすめ。
 遠距離戦もこなしたいなら、高倍率でスコープが光らないZF4 3.5XライフルスコープやSVT-40 PUスコープ3-6Xがおすすめだ。

目次にもどる

M1 GARANDのストック

CGC G2サムホール
長所…エイム速度+3.9%
   水平反動制御+0%
短所…移動速度-4%
   腰撃ち命中率-5%

チャリオット S3 TC(超おすすめ)
長所…撃ち始めの反動軽減+
   センタリング速度+10.0%
   エイム時のブレ制御+50.0%
   ひるみ軽減+20.0%
短所…ダッシュ後射撃速度-10%
   移動速度-4%

クーパーアジャスタブル(超おすすめ)
長所…エイム中歩行速度+10%
   エイム速度+3.9%
   撃ち始めの反動を軽減
   センタリング速度+10%
短所…腰撃ち命中率-5%
   移動速度-2.5%

チャリオットS1カスタム
長所…伏せうち姿勢時、しゃがみ姿勢時、武器固定時の安定性が向上。
   連射中の反動が改善。
短所…移動速度-2%

CGC G2パッド
長所…エイム中歩行速度+10%
   連射中の命中率と反動を改善
   ひるみ軽減+10%
短所…移動速度-2.5%
   エイム時のブレ制御-30%
   撃ち始めの命中率と反動が悪化

考察
 一番のおすすめはクーパーアジャスタブル。エイム速度、エイム中歩行速度、撃ち始めの反動軽減、センタリング速度強化が可能。
 より遠距離戦にこだわるなら、撃ち始めの反動軽減に加え、ひるみ耐性が強化されるチャリオット S3 TCもおすすめだ。


目次にもどる

M1 GARANDのアンダーバレル

M1930ストライフアングル
長所…水平反動制御+0%
   エイム安定性・エイム時移動安定性を上昇。
短所…ダッシュ後射撃速度-5%

カーヴァーフォアグリップ(おすすめ)
長所…垂直反動制御+9.3%
   腰撃ち時の命中率+4%
短所…エイム速度-3%

銃剣(おすすめ)
長所…近接ダメージと近接攻撃範囲が強化
短所…近接切替スピードが低下

バイポッド(おすすめ)
長所…武器マウント/しゃがみ・伏せ撃ち時の武器の反動制御。
短所…ダッシュ後射撃速度-5%

GF-59フラッシュライト
長所…敵ネームプレート視認距離が上昇。
短所…光で敵から見つかりやすくなる。

ヘビーフォアグリップ(おすすめ)
長所…センタリング速度+10%
   エイム時のブレ制御+10.0%
短所…なし

SMLEハンドガングリップ
長所…ダッシュ後射撃速度+10%
   腰撃ち時の命中率+4.0%
短所…垂直反動制御-5.0%
   水平反動制御-0%

M1941ハンドストップ(おすすめ)
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+0%
短所…腰撃ちの命中率-4%

考察
 バイポッド、M1941ハンドストップ、カーヴァーフォアグリップなどで弱点の上反動を軽減するのがおすすめ。
 他アタッチメントで反動軽減が間に合っているなら、ヘビーフォアグリップでセンタリング速度とエイム時のブレ制御を高めるのも選択肢。
 近接攻撃で一撃キルが可能となる銃剣も選択肢。キット枠でリーチを選んでおけば「6mちょっと超え」の距離まで刺すことができる。近距離戦の備えとして有効。

目次にもどる

M1 GARANDのマガジン

 M1 GARAND以外の他の武器にも言えることだが、マガジンは長所も短所も極端に大きいので、特に考慮して選びたい。

.303ブリティッシュ8ラウンドグリップ
長所…連射速度+50.4%
   移動速度+2%
   エイム時間+3.9%
   垂直反動制御+25%
   腰撃ち時の命中率+4%
短所…ダメージ-38.3%
   有効射程距離-20%
   弾丸速度-20%
   乗り物へのダメージ-38.3%

考察
 ダキルに必要な弾数が増えるのでおすすめできない。

.30-06 16ラウンドドラム(おすすめ)
長所…リロード時間3.7秒→2.6秒
   マガジン弾数8発→16発に増加
   開始時の弾薬+100%
   装弾数+100%
短所…移動速度-2%
   エイム速度-8.7%

考察
 デメリットはそこそこ痛いが、継戦能力が大幅に改善されるのでおすすめ。

.30-06 12ラウンドマガジン(おすすめ)
長所…リロード時間3.7秒→2.6秒
   マガジン弾数8発→12発に増加
   開始時の弾薬+50%
   装弾数+50%
短所…移動速度-1%
   エイム速度-6.3%

考察
 .30-06 16ラウンドドラムよりデメリットが軽いのでこちらもおすすめ。

6.5サクラ式16ラウンドドラム
長所…連射速度+75.4%
   移動速度+2%
   垂直反動制御+30%
   腰撃ち時の命中率+8%
   リロード時間3.7秒→2.6秒
   マガジン弾数8発→16発に増加
   開始時の弾薬+100%
   装弾数+100%
短所…ダメージ-38.3%
   有効射程距離-30%
   弾丸速度-30%
   乗り物へのダメージ-38.3%
   エイム速度-4.2%
   貫通力-50%

考察
 ダメージが落ち、キルに3発かかる。レートが大幅に上がっているが、それでもキルタイムは約0.2秒→約0.22秒に弱体化。526.3RPMとなるが、そのレートを指連射で安定して出すのはかなりキツく、更にキルタイムは落ちる可能性がある。おすすめできない。

目次にもどる

M1 GARANDの弾薬タイプ

FMJ弾
長所…貫通力+166.7%
短所…なし

亜音速弾(おすすめ)
長所…ミニマップピンなし(発砲時にコンパスに赤点表示されない)。
   発射の被視認性
短所…弾丸速度-10%

焼夷弾
長所…焼夷弾ダメージ
短所…弾丸速度-10%
   有効射程距離-5%

徹甲弾
長所…乗物へのダメージ+25%
短所…なし

ホローポイント弾
長所…手足へのダメージ向上
短所…有効射程距離-10%

フランジブル弾
長所…敵の治療を遅らせる
   敵の脚に命中すると動きが鈍くなる
短所…なし

長尺弾(おすすめ)
長所…弾丸速度+30%
短所…なし

考察
 マズル枠で消音できるアタッチメントをつけていないなら、この枠では亜音速弾を選び発砲時の赤点表示を消しておきたい。
 亜音速弾が必要ない場合は、弾速が上がる長尺弾が無難。

目次にもどる

M1 GARANDのリアグリップ

ハッチグリップ
長所…水平反動制御+0%
短所…なし

パインタールグリップ
長所…垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+0%
   腰撃ち時の命中率+4%
短所…エイム速度-3%

レザーグリップ(おすすめ)
長所…エイム速度+3.9%
短所…なし

ラバーグリップ
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+0%
短所…なし

ポリマーグリップ(おすすめ)
長所…ひるみ耐性+40.0%
   連射中の命中率と反動を改善。
短所…なし

スティップルグリップ(おすすめ)
長所…撃った直後の反動が軽減
   センタリング速度+20%
短所…なし

テープグリップ
長所…エイム時のブレ制御+21.4%
   武器の切替速度
短所…なし

ファブリックグリップ
長所…エイム速度+3.0%
   ダッシュ後射撃速度+5.0%
   腰撃ち時の反動回復
短所…水平反動制御-0%

グループグリップ
長所…エイム中歩行速度+10%
   水平反動制御+0%
短所…ダッシュ後射撃速度-5%
   エイム時間-3%

粒状グリップ
長所…エイム中歩行速度+5.0%
   エイム時のブレ制御+19%
短所…なし

考察
 弱点であるひるみの大きさを軽減するためにポリマーグリップをつけるのがおすすめ。
 レザーグリップでエイム速度を上昇させるか、スティップルグリップで撃ち始めの反動を軽減&センタリング速度アップをするのも選択肢だ。
目次にもどる

M1 GARANDの熟練度

プレッシャー
長所…負傷状態でのリロード速度が向上。
短所…なし

スポッター
長所…敵ネームプレート視認距離が向上。
短所…なし

アクイジション
長所…ロングショットキル後の命中率が向上。
短所…なし

スライハンド(おすすめ)
長所…リロード時間が3.7秒→3.1秒に短縮される。
短所…なし

ハードスコープ
長所…エイム後の命中率が短時間上昇
短所…なし

バイタル
長所…クリティカルヒット判定を拡大。
短所…なし

考察
 この枠ではスライハンドでM1 GARANDの弱点であるリロード時間を短縮するのがおすすめ。
 クリティカルヒット範囲を撃ってもキルに2発かかるのは変わらないので、バイタルはおすすめしない。

目次にもどる

M1 GARANDのキット

高速近接
長所…近接攻撃速度が向上。
短所…なし

ディーププレス
長所…息を止めていられる時間が上昇。
短所…なし

オンハンド(おすすめ)
長所…装備使用後のクールダウンタイムが短縮
短所…なし

サープラス
長所…キルXPが上昇。
短所…なし

ヘビーヒッター
長所…近接スタンパワーを付与
短所…なし

リーチ(おすすめ)
長所…近接攻撃範囲が向上。
短所…なし

フルロード(おすすめ)
長所…開始時の最大弾薬数最大
短所…なし

ディフェンダー(おすすめ)
長所…武器マウント時の動きと使用時間を向上。
短所…なし

考察
 この枠はそれほど重要ではないので、好きなものを選べばいい。
 装備使用後のクールダウンを短くできるオンハンド、弾を増やせるフルロード、マウント時の動きを改善するディフェンダーから選ぶのがおすすめ。
 銃剣を選んでいるならこの枠でリーチを選択することで、「6mちょっと超え」の敵まで近接一撃キルが可能なのでおすすめ。

目次にもどる

M1 GARANDのおすすめカスタム

メイン武器…M1 GARAND
・マーキュリーサイレンサー(マズル)
・クーパー25カスタム(バレル)
・SVT-40 PUスコープ3-6X(サイト)
・チャリオット S3 TC(ストック)
・バイポッド(アンダーバレル)
・.30-06 16ラウンドドラム(マガジン)
・長尺弾(弾薬タイプ)
・ポリマーグリップ(リアグリップ)
・スライハンド(熟練度)
・オンハンド(キット)

考察
 遠距離戦重視でガンスミスを組んだM1 GARANDカスタム。

 弱点である上反動をクーパー25カスタムを始め、多くのアタッチメントで補い、低反動を実現している。
 他の武器では弾を当てづらくキルタイムも落ちやすい遠距離戦を仕掛けると、その高い精度を活かすことができる。射撃時はしゃがんでバイポッドの効果を発動させるのを忘れないようにしよう。
 この武器は圧倒的火力はないので、他武器が超火力を出せる近距離~中距離戦は避けたほうが無難。



武器まとめへ戻る

COD V(ヴァンガード)のpage top