COD MW2のTAQ-Vの性能とカスタムについて

  初心者オススメ度★★★★★
中級者以上オススメ度★★★★★

 COD MW2のTAQ-Vは強力なバトルライフル(BR)だ。詳しい性能とカスタムについて紹介していく。

COD MW2のTAQ-Vの目次

性能と立ち回り
おすすめカスタム
目次にもどる

TAQ-Vの性能と立ち回り


 COD MW2のTAQ-Vは他BRと異なり、フルオートが初期モードとなっている。セミオートに切り替えが可能。

フルオート
 レートは約575RPM。
 約31mまでは頭に1発当てればもう1発はどこに当てても2発キルが可能でキルタイム約0.1秒という異次元火力となるのが強力。頭以外はどこに当てようが3発キルでキルタイムは約0.2秒で速め。
 約31mを超えてもヘッドショットを決めれば他はどこに当てても2発キルできる。また胸に1発当てれば他はどこに当てても3発キル可能。頭や胸に当てられなかった場合は4発キルとなり、キルタイム約0.31秒となってしまう。

 反動は以下の通り。

 反動はそこそこあるがほぼ上方向。反動制御は難しくない。
 他のバトルライフルのフルオートに比べれば遥かにマシな反動と言える。

セミオート
 レートは約360RPM。
 約31mまでは頭か胸に1発当てればもう1発はどこに当てても2発キルとなる。また、腹に2発当てても2発キルだ。2発キル成功時のキルタイムは約0.16秒と速い。手足に2発当てた場合や腹1発+手足1発の場合は3発キルとなりキルタイム約0.33秒となってしまう。しっかり胴体を狙っていこう。
 約31mを超えても頭に1発当てれば引き続き2発キルができる。胸2発当てても2発キル可能。この距離では胸上を狙うことが求められ2発キルが難しくなる。

 反動は以下の通り。

 反動は右上方向。セミオートにしては反動が大きめだが、十分制御できる範囲。

 エイム速度はBRの中では普通で、AR平均と比較するとやや遅い。エイム中歩行速度はBR平均よりは速くARよりわずかに遅い程度。
 マガジン弾数は20発ある。セミオート時には2発キルできるので20発あれば継戦能力は十分だ。一方でフルオートの場合は継戦能力不足となる。
 TAQ-Vのアイアンサイトは枠が邪魔で少し見づらい。

 この武器はフルオートでもヘッド+どこか1発で敵を倒せるのが強力。精密射撃ができるようサイトをつけるのがおすすめ。

 TAQ-Vはフルオートもセミオートも有用。
 フルオートの比較対象としてはKASTOV 762があげられる。この武器はKASTOV 762より3発キルタイムやエイム速度がごくわずかに遅くマガジン弾数も10発劣るが、どこでも3発射程が約3m長い点、反動制御がしやすい点、頭1発+どこか1発で2発キルできてしまう点で勝る。KASTOV 762も強い武器だが個人的にはTAQ-Vのほうが更に強いと思う。胸の上のほうを狙っていれば反動で銃身が上がり2発キルが出やすい。
 セミオートは高速指連射と胴体に当てるエイム力が求められるので初心者向けではない。だが、レート約360RPMを出せて2発キルを安定して出せるプレイヤーが使えば約31mまでキルタイム約0.16秒という性能なので非常に強力だ(エイム力がある人なら約31m以降も2発キル可能)。
 初心者はフルオートを使ってみるのがおすすめ。慣れてきたらセミオートにも挑戦してみよう。
目次にもどる

TAQ-Vのおすすめカスタム

POLARFIRE-S(マズル)
長所…消音
   弾丸速度
   射程距離
   反動抑制
短所…エイム速度
   エイム時の安定性

ラック50 12バレル(バレル)
長所…エイム速度
   腰だめ撃ち反動制御
短所…射程距離
   腰だめ撃ち命中率
   弾丸の速度

DF105リフレックスサイト(サイト)
長所…精密照準
短所…エイム速度

TV Xライン プロ(ストック)
長所…しゃがみ時の移動速度
   ダッシュ速度
   エイム速度
短所…反動制御

デモクリーンショットグリップ(リアグリップ)
長所…ダッシュ後射撃速度
   エイム時速度
短所…反動制御

考察
 取り回しを徹底的に強化したTAQ-Vカスタム。
 エイム速度強化アタットメントを3つつけて取り回しを強化。
 見やすいDF105リフレックスサイトをつけた。

 敵の胸の上のほうを狙っていくことでヘッドもでやすくなり、フルオートでも2発キルをとりやすくなる。
 消音もしているので、正面戦闘だけでなく裏取りでも強力。
 フルオートの場合、マガジン弾数が20発しかなく継戦能力が低いのが懸念点となる。サイトを諦め30ラウンドマガジンをつけるのも手。また、セミオートであれば2発キルが基本なので継戦能力が高まる。連戦になりそうな場合はセミオートに切り替える使い方もアリかもしれない。

武器まとめへ戻る

COD MW2のpage top