COD WARZONEのType 63の性能とカスタム

  初心者オススメ度:★☆☆☆☆
中級者以上オススメ度:★★☆☆☆

 COD WARZONE(ウォーゾーン)のType 63はセミオートのタクティカルライフル(TR)だ。
性能やおすすめカスタムについて紹介していく。

COD WARZONE(ウォーゾーン)のType 63目次

Type 63の性能
Type 63おすすめカスタム

COD BOCWのType 63考察
目次にもどる

Type 63の性能

 Type 63のレートは約343RPM、弾の当て方と敵の耐久によるキルタイム(約23m以内)は以下の通り。

耐久100の敵耐久250の敵
全て胸か腹か手足約0.17秒(2発)約0.69秒(5発)
頭1発+残り胸か腹か手足約0.17秒(2発)約0.52秒(4発)

 低レートだが非常に威力が高いのが特徴。耐久250(体力100+アーマー3枚)に対し、頭に当てなかった場合のキルタイムは悪い。頭に1発当てれば非常に速いキルタイムが出せる。
 2021年9月アプデで大幅に弱体化し、胸や腹当てでのキルタイム短縮ができなくなってしまったのが厳しい。

 弾の当て方と敵の耐久によるキルタイム(約23~51m)は以下の通り。

耐久100の敵耐久250の敵
全て胸・腹・手足約0.34秒(3発)約0.87秒(6発)
頭1発+胸・腹・手足約0.17秒(2発)約0.69秒(5発)

 レートが遅いこともあり、この距離ではかなりキルタイムが落ち込んでしまう。低反動なので戦えないことはないが正面から撃ち合いすると負ける場合も多いので避けたほうがいい。


 反動はほぼ上方向。ごくわずかに右方向にも反動があるが、ほとんど気にする必要はない。上反動も小さめであり、反動制御は難しくない。
 エイム速度はアサルトライフル(AR)と同レベル。速くはないが、それほど遅くもない。
 マガジン弾数は25発で、1発の高い威力を考えると弾が多い。リロード時間も約2.1秒と短め。継戦能力は十分に高く強化する必要性が薄い。
 Type 63は2021年9月アプデの弱体化が凄まじく、強武器からむしろ弱武器に転落してしまった。

アップデート
2021年9月9日のアプデで以下のように性能が変更
・頭部ダメージ倍率2.1→1.58

・首部ダメージ倍率1.2→1.58

・胸ダメージ倍率1.2→1

・腹ダメージ倍率1.1→1

・発砲時の銃の跳ね返りが減少。大した違いはない。

減衰前は胸に1発か腹に2発当てるだけでキルタイム短縮できる隠れ強武器だったのだが、ついに大幅弱体化。
頭や首当て以外では一切キルタイム短縮が不可能になってしまった。

目次にもどる

Type 63おすすめカスタム

 Type 63をロードアウトドロップマーカーで呼び出す場合のおすすめカスタムについて紹介していく。

マズルブレーキ7.62(マズル枠)
長所…垂直反動制御が上昇
短所…なし

21.5マッチグレード(バレル枠)
長所…有効射程距離が上昇
短所…ダッシュ時の移動速度が低下

シリックス・ホロスカウト(サイト枠)
 1.75倍の円形ホロサイト。
ひずみのないクリアな視野を実現。

スペツナズPKMストック(ストック枠)
長所…エイム時の移動速度が上昇
   射撃時の移動速度が上昇
   エイム射撃時の移動速度が上昇
短所…腰撃ち命中率が低下

GRU弾性ラップ(リアグリップ枠)
長所…エイム速度が上昇
   ひるみ耐性が上昇
   エイム安定性が上昇
短所…エイム射撃時の移動速度が低下
   射撃時の移動速度が低下
   ダッシュ後射撃速度が低下

考察
 近距離~近めの中距離での戦闘を想定しガンスミスを組んだType 63カスタム。
 中距離の敵を狙うためにはサイトの視認性を上げたいが、あまり倍率が高いものをつけると近距離戦がやりにくい。そこで、倍率1.75倍とそれほど高くないシリックス・ホロスカウトを選んだ。
 21.5マッチグレードで射程を上げ、最高火力を叩きこめる距離を増やした。
 マズルブレーキで上反動を抑え、距離が離れた敵を狙いやすくした。
 GRU弾性ラップでエイム速度を上げ、スペツナズPKMストックでエイム中歩行速度を上げており、取り回しもできるだけよくしてある。ただ、できればエイムした状態で交戦開始できるのが理想。
 命中率がある程度高いプレイヤーが、距離詰めして使えば活躍できるカスタムだ。
COD WARZONE(ウォーゾーン)の武器まとめへ戻る。
COD WARZONE(ウォーゾーン)の考察へ戻る。

COD BOCWのType 63考察

  COD MWで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!