VALORANTのショーティーの性能と評価

  初心者オススメ度★★★☆☆
中級者以上オススメ度★★★★★

 VALORANT(ヴァロラント)のショーティーは散弾を撃ち出すサイドアーム。性能や立ち回りについて紹介していく。

ショーティーの性能・評価

基本性能
リコイル
立ち回り
買うタイミング
目次にもどる

ショーティーの基本性能

 ショーティーの性能は以下の通り。

ダメージ0~7m7~15m15~50m
頭部24(360)16(240)6(90)
胴体12(180)8(120)3(45)
脚部10(150)6(90)2(30)
ショーティーは15発の散弾を撃ち出す。()内は全弾が当たった場合のダメージとなっている。距離が遠い敵には全ての弾が当たることはないので、参考程度に。


連射速度移動速度構える速さ初弾の拡散率 腰だめ/照準
200RPM5.4m/秒0.75秒4

貫通力マガジン弾数リロード速度値段
2発1.75秒150

 ショーティーは7m以内であれば全弾命中で150ダメージ以上が出せる(たとえ全て脚部に当てても150ダメージだ)。敵にアーマーがあってもワンショットキルが可能で非常に強力だ。

 ワンショットキルに失敗したとしても、2発キルならキルタイム約0.3秒。ある程度は戦える火力はあるが、フルオート武器と比べるとキルタイムは劣り不利。
 7mを超えると敵にアーマーがあった場合、上手く当てても2発キルがやっとになってしまう。
 動きを止めずともクロスヘアは狭い。近距離では横移動して回避行動をとりながら撃つ立ち回りが強力だ。
 マガジン弾数は2発しかない。2発撃って敵を仕留めきれなかった場合は、リロードを挟むか武器切り替えしないと攻撃できず、明らかに不利となってしまう。
 ショーティーは近距離ワンショットキルは素晴らしいが7mを超えると弱く、1発外すだけで大きく不利になる。とはいえ、たった150クレジットでどの武器にも勝てるチャンスがある。特に防衛側の場合は好きな場所で待ち伏せでき近距離戦に持ち込みやすいので、選択肢になる武器だ。ピストルラウンド以降でも近距離戦が苦手なオペレーターのお供に持っておくのもアリ。
目次にもどる

ショーティーのリコイル

 ショーティーの撃つと以下のように散弾が飛ぶ。

 ショーティの場合、レートが低いので1発撃った後、2発目を撃つ前には銃身が下がる。よってリコイルについて気にする必要はほぼないと言える。

目次にもどる

ショーティーの立ち回り

 ショーティーを使う場合、敵の足音などをよく聞いて移動し7m以内に距離詰めすることと、確実に当てることを意識して立ち回りをしていきたい。
 狙撃用のオペレーターを使う場合のバックアップとして持っておくのも悪くない。

目次にもどる

ショーティーを買うタイミング

 ショーティーは150クレジットと安く、1ラウンド目、13ラウンド目のピストルラウンド(800クレジットしかくなく武器はサイドアーム以外は購入できない)で購入の選択肢の一つとなる。残りのクレジットをアーマーやアビリティに回すといい。
 また、エコラウンド(負けてクレジットがなく節約するしかないラウンド)で買うのも有効。
 7m以内の近距離戦に持ち込めばワンショットキルが可能なので、メイン武器を持った敵を圧倒することが可能。特に防衛側なら、狭いところで角待ちするなどしてある程度戦う場所を選べるので、購入する選択肢になる。

武器まとめへ戻る

VALORANT(ヴァロラント)のpage top