VALORANTのリコイルコントロールについて

 VALORANT(ヴァロラント)ではリコイルコントロールをすることで銃弾の命中率を上げることができる。
 リコイルコントロールのやり方や練習方法について紹介していく。

リコイルコントロール目次

銃身を逆方向に移動させる
近距離以外ではフルオートで撃たない
リコイルコントロールの練習方法
目次にもどる

銃身を逆方向に移動させる

 武器によってリコイルの大きさや方向が異なる。まずは使う武器のリコイルがどうなっているのか知らないと話にならない。各武器の性能については以下の記事にまとめているので参考にしてほしい。

武器性能まとめ

 例えば、ファントムの場合には1~10発目は右上方向に反動がある。

 この場合、左下方向に銃身を下げながら撃つことでリコイルコントロールができ、敵に弾を連続ヒットさせやすくなる(右反動はあまりないので、単純に銃身を下げるだけでもほぼ大丈夫)。
 ただし、ほとんど全ての銃が撃ち続けると次第に反動が増し、反動方向も変化するので、リコイルコントロールの難易度が大幅に上がる。短い連射を心掛けることが大切だ。

目次にもどる

近距離以外ではフルオートで撃たない

 VALORANTは他FPSと比較してもリコイルが大きく、更には撃ち続けるほどクロスヘアが拡散していくので、特に中距離以遠の敵にはフルオートではあまり当たらない。よって、フルオートで撃つのはだいたい15~20m、遠くとも25mまでにしたほうがいい。
 中距離以遠の敵に対しては2~3発ずつ指切りしながら撃つことが大切。リコイルコントロールができ、敵に弾が当たりやすくなる。
目次にもどる

リコイルコントロールの練習方法


 リコイルコントロールの練習がしたい場合には、射撃場で壁に撃ってみるのがおすすめ。弾痕を見ればリコイルコントロールできているかは一目瞭然。何度も繰り返していれば、どの程度銃身を下げればいいのかわかってくる。
 長く連射する必要はなく、例えばフルオート武器のファントムであれば1~10発目程度までリコイルコントロールできれば十分。10発以上撃つ前に勝負が決まっていることが多いので、それ以降の反動はあまり気にする必要はない。


戦術・知識まとめへ戻る

VALORANT(ヴァロラント)のpage top