VALORANTのピークの種類とやり方

 VALORANT(ヴァロラント)のピークとは、壁や障害物などから飛び出すこと。勝敗を決める重要なテクニックだ。
 ピークの種類とやり方について紹介していく。

VALORANTのピークの種類とやり方

ワイドピーク
しゃがみピーク
オーバーピーク
ジャンプピーク
チラ見
ダブルピーク
目次にもどる

ワイドピーク


 その名の通り、横移動で出るピーク。いくつも種類があるピークの中でも最も基本的なもの。
 敵を視認するのは飛び出した側のほうが速いことから、敵の位置に照準さえあっていれば、撃ち合いでもわずかに有利となる。ここは敵がいるかもしれないという場所はワイドピークで出るのが一つの選択肢となる。

目次にもどる

しゃがみピーク

 ワイドピークで移動しつつ、途中からしゃがみに移行する。
 しゃがむことによって、ヘッドラインに照準をあわせている敵の弾の外しを狙うことができる。ただ、ヘッドラインに照準が合わされておらず、しゃがんでしまったためにヘッドショットを決められる可能性もある。
 敵が強いのが明らかな場合はヘッドラインを特に意識してくるのでワイドピークが刺さりやすい。ぜひしゃがみピークを混ぜていこう。
目次にもどる

オーバーピーク

 ワイドピークと同じく横移動で出ていくのは同じだが、大きく遮蔽物から飛び出す。
 敵がワイドピーク読みで照準をあわせていることが多くあるので、時々オーバーピークを混ぜていくことで敵が弾を外しやすくなる。
 また、複数人で行動している場合、前衛がワイドピークして撃っていると後続が進行しづらい(後続もワイドピークしてしまうとまとめて撃たれてしまう危険がある)。前衛がオーバーピークで出つつ、後続がワイドピークで出るようにすると強力だ。

目次にもどる

ジャンプピーク

 ジャンプでわずかに遮蔽物から出て、すぐに遮蔽物内に戻るテクニック。一瞬出ている間に敵の位置などを確認することができる。攻撃は考えず索敵に特化したピークと言える。
 非常に強力なのでぜひ覚えたいピークだが、やり方は少々難しい。

 ①遮蔽物からやや離れ、出たい方向に前進しつつジャンプする。


 ②以下の画像の場合は遮蔽物が右にあるので、マウスを右に振りつつDキーを押して右方向に移動する(あるいはジャンプ後にSキーとDキーを押して右斜めに後退する)。


 遮蔽物から身体見えすぎてしまうと撃たれてしまう。わずかに一瞬だけ身体が出るように調整してやる必要がある。少し難しいが、何度も練習してマスターするだけの価値はある。
 ジャンプして障害物の上から顔を出して敵を確認するやり方もある。
目次にもどる

チラ見


 身体を遮蔽物から少し出してから引っ込む。一瞬出ている間に敵の位置を確認する。やっていることはジャンプピークと同じでこちらも強力。
 ジャンプピークとチラ見を混ぜて使っていくことで、敵に立ち回りを読まれずに索敵が可能となる。

目次にもどる

ダブルピーク

 味方と連携して同時にピークを行って攻撃することをダブルピークという。
 味方と同じ位置で行ってもまとめて撃たれてしまうので、やや離れた位置に味方がいる場面で行うといい。
 特に敵が1人しかいない場合、こちらが同時に2人で出れば両方に対応することができない。決まれば非常に強力なピークと言える。


戦術・知識まとめへ戻る

VALORANT(ヴァロラント)のpage top