スマホゲーム用ルーターのおすすめ

 通信速度が遅いと、スマホゲームをプレイしている際に画面がカクついたり、ラグを感じることがある。
たとえ素早い動作が必要とされないターン制系ゲームであっても不便だし、アクション系ゲームであれば勝敗に大きく影響してしまう。
通信速度に大きく影響するのがルーターや光回線の性能だ。
この記事ではどういった場合に高性能ルーターが必要なのかを紹介する。またスマホゲーム向けおすすめルーターについても紹介していく。

スマホゲーム用のルーター目次

高性能ルーターはどんな時に必要?
コスパ最強ゲーミングルーター
性能最強ゲーミングルーター
安いWiFi6のルーター
目次にもどる

高性能ルーターはどんな時に必要?

 以下の2点に該当する場合には、通信速度が遅いのはルーターの性能不足である可能性が高い。
①ルーターに多くのデバイスを接続している
 スマホだけでなくゲーム機やタブレットなど複数接続しているとルーターにかかる負荷は大きくなる。ルーターの性能を超える負荷がかかると通信速度が低下してしまう。特に大家族の場合は要注意。

②家が広い OR 2階建て以上
 家が広かったり2階建て以上だとルーターの電波が安定して届かず、通信がよく切れたり通信速度低下の原因になったりする。

以下の2点に該当する場合には、高性能のゲーミングルーターを買うのがおすすめだ。以下でおすすめの商品を選んでみたので、快適にスマホゲームをプレイするためにぜひ確認してみてほしい。

なおイマイチな光回線を使っているために通信速度が遅い可能性もある。使っている光回線が心配な場合は以下の記事を確認してみてほしい。
勝つためのおすすめ光回線

目次にもどる

コスパ最強ゲーミングルーター

TUF-AX3000
 最新のWi-Fi規格であるWi-Fi6と160MHzの帯域幅により、5GHz帯で2402Mbps、2.4GHz帯で574Mbpsという非常に速い通信速度を実現しているゲーミングルーター。
複数台でのデータ通信対策として開発されたOFDMAシステムにより、多数のデバイスが接続されても通信速度が落ちにくくなっている。。
TWT(ターゲットウェイクタイム)ができるようになっており、デバイスのデータ通信間隔を指定可能。通信していないデバイスをスリープ状態にでき、消費電力のカットが可能となっている。
ビジネスレベルのセキュリティーシステムが採用されており、接続機器を守ることができる。
非常に高い性能を持っている割には価格が抑えられており、コスパ最強のゲーミングルーターと言える。スマホゲームを快適にプレイするために、ぜひ確認してみてほしい。

目次にもどる

性能最強ゲーミングルーター

GT-AX11000
 WiFi6に対応しており、8個もの大きなアンテナのついた超高性能ゲーミングルーター。5GHz帯で4804Mbps、2.4GHz帯で1148Mbpsという異次元レベルの通信速度を実現している。
OFDMAシステムも採用しており、多くのデバイスで接続したとしても圧倒的な通信速度の維持ができる。
高度なセキュリティ機能も搭載されており、不正なWebサイトや外部からの攻撃を防いでくれる。スマホやゲーム機のセキュリティを高めることができる。
値段は高いがあらゆる面で最強の性能を誇るゲーミングルーター。スマホゲームで勝ちにこだわるならぜひ確認してみてほしい。

目次にもどる

安いWiFi6のルーター

Archer AX20
 最新規格であるWiFi6に対応しており 1.5GHzクアッド・コアを搭載しているために通信速度が速いルーター。その割に値段が異様なほど安いのが大きな魅力。
弱点は電波の射程距離が短い点。家が広い場合や2階建て以上の場合には電波が届かない可能性があるのでおすすめできない。
だが、家が狭い場合には高い性能を存分に発揮する上に費用も抑えられるのでおすすめだ。


電波をある程度飛ばす必要があり、費用もある程度抑えたい場合におすすめなのが11AX AX3000だ。


 前に紹介したルーターよりは少し値段は高いが、それでもWiFi6に対応ルーターとしては低価格。デバイスの位置を効率的に特定するビームフォーミング機能に加えて4本のアンテナを搭載したことで、電波が比較的遠くまで届くのが特徴。
高性能のCPUを搭載したことで、速い通信速度を持っている。更にOFDMAシステムも採用しているので、多くのデバイスをつなげても通信速度が落ちづらい。
費用を抑えて、快適なスマホゲーム環境を整えられる優良商品となっている。ぜひ確認してみてほしい。

page topから各メニューを選択!