オーバーウォッチ2のモニターの重要性について


 オーバーウォッチ2(OW2)では画面上の敵を認識して素早く正確にエイムをあわせて攻撃し続ける必要がある。
 特にモニターを使わず、テレビなどを使っている場合は注意が必要。ゲーム用ではないので応答速度(画面の色の切り替わりの速さ)やリフレッシュレート(画面を1秒間に何回切り替えできるか?)といった重要な数値が悪く、戦闘で不利となってしまう。
 応答速度やリフレッシュレートが速めになっているゲーミングモニターを使うのがおすすめだ。PS4・PS5・スイッチ・PCなどのハードにより最適なモニターは異なるので、ハード別におすすめモニターを紹介していく。ぜひ確認してみてほしい。

モニターのおすすめ目次

PS5のおすすめゲーミングモニター
PS4&スイッチのおすすめモニター
PCのおすすめゲーミングモニター
目次にもどる

PS5のおすすめゲーミングモニター

ASUS ゲーミングモニター

応答速度0.5MS、リフレッシュレート165hz、画面サイズ23.6インチ、解像度1920×1080(フルHD)。
PS5は120hzまで切り替え可能であり、リフレッシュレート165hzのこの商品ならPS5の性能に対応可能。
応答速度も0.5MSと速い。画面サイズも24.5インチで24インチ前後が最適な大きさと言われているのでちょうどいい。
PS5を持っている人はもちろん、今はPS4だがいずれPS5にする可能性が高い人にもおすすめのゲーミングモニターだ。
また、PCを使っている人も、PCのスペックがあまり高くない場合はこのモニターで十分。

目次にもどる

PS4&スイッチのおすすめモニター

ASUS ゲーミングモニター VG245HE-J

応答速度0.6MS、リフレッシュレート75hz、画面サイズ24インチ、解像度1920×1080(フルHD)。
リフレッシュレートが75hzと低いが、PS4やスイッチは60hzまでしか画面切り替えできないのでこの数値で十分だ。
応答速度は0.6MSと速く、画面サイズも24インチでちょうどいい。
液晶画面の書き換えを行うタイミングをビデオカードによって制御し、画面描画のチラつきやカクつきを減らすAMD FreeSync技術も搭載している。
リフレッシュレートが高くないことで、比較的低価格となっている。PS4やスイッチでオーバーウォッチ2をするならおすすめのモニターだ。

目次にもどる

PCのおすすめゲーミングモニター

AOC ゲーミング モニター

 応答速度0.5MS、リフレッシュレート240hz、画面サイズ27インチ、解像度1920×1080(フルHD)。
PCにはhzの制限がない。よってPCの性能をフル活用するならリフレッシュレートはできるだけ高い商品を選びたい。このモニターはリフレッシュレートが240hzと一般的に最高峰と言われる数値となっている。
応答速度が0.5MSは非常に速く、画面サイズ27インチは少し大きめだがちょうどいい範囲内と言える。
更に曲面VAパネルを採用しているので、画面端に映った敵も見やすく反応しやすいのも利点。
最大の長所は最強クラスの性能を持っていながら値段が異様に安い点。240hzであれば普通はもっと高い。性能が高いゲーミングPCでオーバーウォッチ2をプレイするなら最もおすすめのモニターだ(PCのスペックが低い場合はPS5クラスのモニターで十分なことも)。

 最強のリフレッシュレート280hzを誇るAcer Nitro 27インチもおすすめ。
 応答速度0.5MS、リフレッシュレート280hz、画面サイズ27インチ、解像度1920×1080(フルHD)。
リフレッシュレートは最近までは240hzが最強であった。だがついにその限界を超えた280hzのモニターが現れたのである。
応答速度も速く、画面サイズもちょっと大きめだが適正範囲内。
最大120mmの高さ調整機能、首振り角度360度のスイベル機能、画面を90回転できるピボット機能を搭載。モニターの位置を微調整し自分に最適な環境を整えることができる。
値段は高いが正真正銘の最強モニター。オーバーウォッチ2で勝ちに徹底的にこだわるならぜひ確認してみてほしい。

オーバーウォッチ2のデバイスまとめへ戻る

page top