公開日:2023/12/19  更新日:2023/12/19

COD MW3のリーサルについて

COD MW3のリーサルは敵に直接ダメージを与えることができ、キルも狙うことができる爆発物が揃っている。今作は11種類もあるのでどれを使うべきか悩んでいる人もいるはず。そこで各リーサルの考察を行っていく。

COD MW3のリーサルの目次

フラグ
クレイモア
投げナイフ
テルミット
サーモバリックグレネ-ド
センサーマイン
ドリルチャージ
セムテックス
C4
手裏剣
ブリーチャードローン
目次にもどる

フラグ

  初心者オススメ度★★☆☆☆

中級者以上オススメ度★★★★★

COD MW3のフラグ

説明

爆破のタイミングが調整可能なグレネード。

考察

そこそこ遠くまで投げられるお馴染みの爆発物。

爆発の威力はリーサルの中でも最高峰で、EODパッドをつけていない敵に対しては即死距離が約5mもある。ただしEODパッドをつけている敵に対しては、どう当てたとしても即死させることはできない。

とはいえ今作のギアはEODパッド一択ではなく、ゴーストT/V迷彩など対抗馬もある。つまり敵がEODパッドをつけておらずフラグの即死距離の長さを活かせることも多くなっている。

弱点はピンを抜いてから爆発までの時間が約3.5秒と長いこと。敵を見つけてすぐに投げても爆発までに逃げられてしまうことが多い(ただ敵を強制的に移動させたいなどの目的があるなら、それでも問題ない)。

フラグはボタンを押した後離さなければ、手に持ったまま保持することができる。敵との距離にあわせて手に持つ時間を調整し爆発までの時間を短縮した上で投げることで、敵の近くまで飛んだフラグが即爆発する回避不能な攻撃と化すので強力。ただ手に保持している間は当然無防備となるので敵に襲われないように立ち回りする必要がある。

フラグは基本のリーサルという扱いだが、実際は爆発までの時間調整が必要でやや使用難度が高い装備となっている。ただ、前作MW2と比較して多くの爆発物のダメージが低下し爆発物耐性装備なしでも即死させにくくなっている中、フラグは今までと同様に即死距離が5mもあるのは大きな魅力。実力者が使えば輝くリーサルと言える。

目次にもどる

クレイモア

  初心者オススメ度★★★★☆

中級者以上オススメ度★★★★★

COD MW3のクレイモア

説明

敵が近づくと爆発する地雷

考察

お馴染みの仕掛けるタイプの地雷。赤いレーザーが出ている方向から、約2mちょっとの距離まで近づいた敵を検知し爆発する。

検知から爆発までの時間が非常に短く、EODパッドを敵がつけていない状態で検知して爆発したならほぼ確実にキルできる。だが、EODパッドをつけた敵は即死させられない。

また、敵がエンジニアベストの効果で壁の向こう側のクレイモアを看破してきたり、敵がシグナルジャマーをつけていて爆発までの時間を遅らせて回避してくることがあるので注意。

とはいえ、赤いレーザーが敵がくるであろう方向から見えないようにきちんと仕掛ければ、敵のEODパッドなどの対策状況にもよるが、かなりキルがとれることも多い。

たとえキルがとれなくてもクレイモアの位置に敵がいることがわかり、ダメージを喰らった敵を追撃すれば有利に戦うこともできる。

スナイパーライフルなどで狙撃する際の守りに最適。そうでなくとも今作はサイレントスニーカーが強力で敵に気づかず左右や後ろから不意打ちされる場面が多い。裏取りされそうなルートにクレイモアを仕掛けておくと少しは安心して戦える。

デモリッションベストをつけクレイモア2つを同じ場所に仕掛ければEODパッド使用者すら即死させることが可能。

クレイモアはあまり使用率は高くないが、かなり有用なリーサルとなっている。

目次にもどる

投げナイフ

  初心者オススメ度★☆☆☆☆

中級者以上オススメ度★★★★☆

COD MW3の投げナイフ

説明

殺傷能力能力が高く回収可能な投げナイフ。

考察

敵のどの部位に当てても一撃のナイフを投げることができる。HP150でキルタイムが遅い今作では一撃で倒せるだけでも大きな利点と言える。

ただし弾速が遅いため、動き回る敵に当てるのは簡単ではない。外せばスキを敵に晒すことになり不利になる。初心者にはおすすめできない。

敵がいるとわかっている時にはボタンを押して投げナイフを持って構えておき、敵が見えたらボタンを放して投げるといい。ナイフをとりだす時間をカットできるので勝ちやすくなる。

クイックグリップグローブ、オードナンスグローブ、オーバーキルベストの3つの装備にはリーサル・タクティカルなどを取り出して投げるまでの速度がだいたい33%前後短縮されるという隠し効果がある。当然、投げナイフにも適用され、ナイフをとりだして投げるまでにかかる時間を短縮することができる。投げナイフの場合はキルタイムや命中率に関わるので、他リーサル・タクティカルと比較しても重要性はケタ違い。投げナイフを使うつもりなら、3つの装備のうちどれかはつけるようにしたい。

通常は投げナイフは前方に投げた場合約13m前後で急速に落下する。それ以降の距離では上に投げたりすれば当たる可能性はあるが、かなり命中させるのが困難となる。オードナンスグローブには遠くまで装備を投げることができるようになる効果もあり、前方に投げた場合約18m前後で急速に落下するようになる。射程が伸びるので投げナイフの性能優先ならオードナンスグローブをつけるのが特におすすめだ。

地面落ちているナイフは回収することが可能。交戦後はできるだけ敵がいた場所まで移動して投げナイフを回収するといい。

デモリションベストをつけた場合は最初に2つの投げナイフを持っているだけでなく、3つまで投げナイフを持てるようになる(試合開始時は2つだが、3つ目入手のチャージが即始まる)。投げナイフを優先するなら特におすすめのベストだ。

目次にもどる

テルミット

  初心者オススメ度★★★☆☆

中級者以上オススメ度★★★★☆

COD MW3のテルミット

説明

どんなオブジェクトにも付着する爆発性焼夷デバイス。

考察

着弾すると周囲約3mに火花を約5.4秒間放つ爆発物を投げることができる。着弾したテルミットに敵が近いほど大きなダメージを与えられる。

ダメージの目安として、着弾地点から敵が2mの距離にいれば火花で約2.5秒でキルでき、敵がEODパッドをつけている場合は約4秒でキルできる。

EODパッド使用者相手でも時間をかければキルができるので、強制的に移動させる能力はかなり高い(ただし約3mの距離だとEODパッドをつけた敵に耐えきられるので、ある程度敵に近い距離に投げる必要はある)。

ただダメージが入るのに時間がかかり、敵が移動した場合はEODパッド使用者でなくともキルできることは稀。テルミットを投げた後、ダメージを負って移動した敵を追撃するなど工夫したい。

なお直撃させることで敵に引っ付けることができる。この場合はEODパッド使用者でも確実にキルが可能。強力なので直撃を積極的に狙っていくといい。ただキルに時間はかかるため直撃したら隠れて時間を稼ごう。

火花を散らしている時間が長く、進路を塞ぐのにも使うことができる。

なかなか汎用性が高く臨機応変に使うことで輝くリーサルと言える。

目次にもどる

サーモバリックグレネード

  初心者オススメ度★★☆☆☆

中級者以上オススメ度★★★☆☆

COD MW3のサーモバリックグレネード

説明

爆発のタイミングが調整可能なグレネード。敵をスタンさせて残り火を放ち、爆発物の威力を一定時間アップさせる。

考察

フラグのようにピンを抜いてから約3.5秒で爆発し、爆発までの時間を手に持つことで調整可能。爆発すると敵を短時間スタンさせ周囲に炎をばらまく。炎は約7秒ほど燃え続けるので、敵の進路を塞ぐのにも使うことができる。

ただ、爆発の範囲は約1.5mと非常に狭い。

ダメージの目安として、着弾地点から敵が1mの距離にいれば火花で約1.2秒でキルでき、敵がEODパッドをつけている場合は約2.4秒でキルできる。

説明によれば爆発物の威力を上げる効果があるらしいが、非常に検証が難しくよくわからない。

ダメージはテルミットと比較して高いものの、とにかく爆発範囲が狭いのが懸念点。しかも爆発までの時間が長いことから、やや使いづらいリーサルと言わざるを得ない。

目次にもどる

センサーマイン

  初心者オススメ度★★★☆☆

中級者以上オススメ度★★★★☆

COD MW3のセンサーマイン

説明

空中で発射し、周辺に大ダメージを与える近接サンサー付の爆薬。

考察

クレイモアと同じく仕掛けるタイプの爆弾。

約2.5mの距離まで敵が近づくと空中に飛んでから爆発する。EODパッドを敵がつけていなければ敵が立ち状態なら走り抜けられてもほぼ確実にキルが可能。ただ、EODパッド使用者は即死させることはできない。説明には大ダメージを与えると記され実際に過去作では爆発物耐性パークすら突破する威力があることもあったが、今作はダメージは普通レベルになってしまっているのが痛い。

加えて空中で爆発するので敵がしゃがみやスライディングをするとダメージ軽減され、伏せられるとダメージすら与えられない。EODパッドを敵がつけてなくても、スライディングなどをされてダメージ軽減されキルがとれないことも多い。

利点はどの方向から敵が来ても爆発する点、投げられるので素早く仕掛けたい場所に設置しやすい点。

センサーマインは使いやすいもののキルがとりづらい。個人的にはクレイモアのほうがおすすめ。

目次にもどる

ドリルチャージ

  初心者オススメ度★★☆☆☆

中級者以上オススメ度★★★★☆

COD MW3のドリルチャージ

説明

表面に入り込んでから起爆するサーマルランス型の炸薬。

考察

ドリルチャージは着弾すると、約3秒弱で爆発する。

爆発する際に壁などを貫通して侵入するのが特徴。かなりごつい壁でもしっかりと貫通する。

EODパッド付きの敵は直撃以外で即死させられないが、EODパッドがついていない敵への即死距離は約4mとそこそこ広い。ただ爆発までに時間がかかり近くにいる敵にドリルチャージ警告マークが出ることから逃げられやすい。このリーサル単体ではダメージは与えられてもキルまではとれないことが多い。

ドリルチャージでダメージを与えた後、積極的に追撃していく立ち回りをしたい。

目次にもどる

セムテックス

  初心者オススメ度★★★★★

中級者以上オススメ度★★★★★

COD MW3のセムテックス

説明

時限式の粘着グレネード。

考察

着弾後、約1.7秒後に爆発する爆弾を投げることができる。フラグと異なり着弾してから爆発するまでが短いのが魅力。敵を見つけてから、すぐに投げても効果を発揮する。

セムテックスを敵にくっつけた場合は、EODパッド使用者だろうが確実にキルできるので、できるだけ狙っていこう。

ただ、フラグと比べると爆発の威力は劣り、即死距離は約3.5m。EODパッドをつけている敵に対しては爆発に巻き込んだだけでは即死させることはできない。

安定して敵にくっつけるのは困難であり、弱って隠れた敵に素早く投げてのとどめ刺しに使ったり、セムテックスで弱った敵を追撃して仕留めるといった立ち回りが基本になる。

使いやすいリーサルとなっているので、初心者から上級者にまでおすすめできる。

デモリションベストをつけた場合は2個連続投げができ、EODパッド使用者に対してすら爆発に巻き込んでキルを狙えるので非常に強力だ。

目次にもどる

C4

  初心者オススメ度★★☆☆☆

中級者以上オススメ度★★★☆☆

COD MW3のC4

説明

対象の表面に張り付く大型爆薬。展開後にもう一度リーサルボタンを押すか、リロードボタン2度押しでいつても起爆可能。

考察

投げて設置でき、手動で爆破できる爆発物。

投げ始めてからリロードボタン2度押しでの最速爆破に約1.2秒しかかからないという長所がある。

ただ、通常は即死距離が約3.5m、EODパッドをつけている敵は即死させられない。大型爆薬と説明に書かれているが威力はセムテックスと同レベル

そして、遠くまで届かないのが大きなデメリットとなっている。

投げて使うならセムテックス、仕掛けてトラップとして使うなら自動で敵を見張るクレイモアやセンサーマインのほうが役立つことが多い。

中途半端な性能であり、性能不足を感じるリーサルと言わざるを得ない。

目次にもどる

手裏剣

  初心者オススメ度★☆☆☆☆

中級者以上オススメ度★☆☆☆☆

COD MW3の手裏剣

説明

素早く致命傷を与える手裏剣。敵に負傷効果を付与。

考察

頭に当てれば一撃。それ以外の箇所に当てると2発キルの手裏剣を投げることができる。

通常は0.3秒に1回投げることができ、連射力をクイックグリップグローブ、オードナンスグローブ、オーバーキルベストで高められるのでどれかはつけよう。

投げナイフと比べると弾道落下が緩い。前方に投げた場合、25m~30mではやや弾道落下するがそれでも敵の足などに当たる場合がある。オードナンスグローブで投げる距離を伸ばせば中距離戦も不可能ではない。

ただ、やはり弾速が遅く距離が遠くなるほど当てづらくなる。近距離戦で使うのが基本だ。

通常は5つ持っているが投げナイフと違って回収できないので注意。デモリションベストをつけた場合は最初から6つ持っており、最大8つまでチャージされる。

投げるまでの時間や弾速の遅さを考えると頭に当てない限りキルタイムは銃と比べると劣る。よってあまりおすすめできないリーサルだ。

目次にもどる

ブリーチャードローン

  初心者オススメ度★★★☆☆

中級者以上オススメ度★★★★☆

COD MW3のブリーチャードローン

説明

敵に接近したり、衝撃を与えたりすると起爆する爆発型ドローン。

考察

ドローンを投げて攻撃することができる。投げたドローンはひたすら高速前進し敵が約1.5m以内に入ったり何かぶつかると爆発する。

即死距離は約2.5m。EODパッドをつけた敵は即死させることができない。

最大の特徴はリーサルとは思えない射程距離の長さ。障害物さえなければ100mを超えても前進することを確認。中距離・遠距離にいる敵への攻撃手段としても使うことができるのが面白い。特に2階など一か所にとどまっているならブリーチャードローンで攻撃しやすい。

これまでのCODシリーズにはない使っていて楽しいユニークなリーサル。弱体化を喰らってしまったが、それでも選択肢にはなる装備と言える。

2023年12月15日のアプデ

ブリーチャードローンのダメージが低下。通常時で喰らった場合の即死距離約5m→約2.5m。EODパッドをつけて喰らった場合の即死距離が約4m→即死しない。

このアプデがくるまではEODパッドをつけている敵すらキルが狙える最強リーサルだった。弱体化は妥当。

装備まとめへ戻る

COD MW3のpage top