フォートナイトのコンバットサブマシンガン

  初心者オススメ度★★★★★
中級者以上オススメ度★★★★★

 フォートナイトのコンバットサブマシンガンはチャプター3のシーズン2で追加されたフルオート武器の一種。レア度、性能、使い方について紹介していく。

コンバットサブマシンガン目次

レア度と性能
考察
元ネタ(モデル)&エアソフトガン
目次にもどる

コンバットサブマシンガンのレア度と性能

 フォートナイトのコンバットサブマシンガンには
レア度が★5、★4、★3、★2、★1の5種が存在する。

レア度★5★4★3★2★1
ダメージ2221201918
レート720RPM720RPM720RPM720RPM720RPM
DPS264252240228216
TTK(耐久100)約0.33秒約0.33秒約0.33秒約0.41秒約0.41秒
TTK(耐久150)約0.5秒約0.58秒約0.58秒約0.58秒約0.66秒
TTK(耐久200)約0.75秒約0.75秒約0.75秒約0.83秒約0.91秒
TTK(耐久250)約0.91秒約0.91秒約1秒約1.08秒約1.08秒
対物ダメージ2221201918
マガジン弾数3232323232
リロード時間2.22.32.42.52.6

レア度の違い
 コンバットサブマシンガンは★4以上と★3以下でのレア度の差が大きい。
★5でも★4でも耐久100、200、250ではキルに必要な弾数が変わらない。★4以上なら戦闘準備完了と言っていい。
★4以上と★2では耐久250(体力100+シールド100+オーバーシールド50)の場合、キルに必要な弾数が2発も変わってくるので注意。

ヘッドショットについて
 ヘッドショット倍率は1.75倍

使用弾薬について
 弾薬は小口径弾を用いる。

アップデート
2022年3月のアプデで以下のように性能が変更
・★5~★1の対人ダメージが2低下、対物ダメージが2低下。

・ヘッドショット倍率が2倍→1.75倍に弱体化。

目次にもどる

コンバットサブマシンガンの考察

 コンバットサブマシンガンは高いダメージと高レートを両立しており、近距離火力が非常に高い武器。

 加えて威力減衰が起こるのは約40mから。サブマシンガンにしては射程も優れている。
 精度も悪くはない。近距離戦であれば、移動しながらでも弾を命中させることができる。移動して敵弾をある程度回避しながら攻撃を叩きこむことができる。ただ連射し続けるとクロスヘアが広がっていくので、できる限り短い連射を心掛けよう。上反動があるので、銃身を下げながら撃つことを意識したい。
 リロード時間は平均的で、マガジン弾数も32発と少し多め。継戦能力もそこそこだ。
 コンバットサブマシンガンは高い火力を持っている上に射程も長い。近距離戦はもちろん、中距離戦もある程度こなせてしまう。スティンガーサブマシンガンと比べても対物ダメージでは劣るものの対人火力は上。非常に強力な武器と言える。

武器性能まとめへ戻る

page top


目次にもどる

コンバットサブマシンガンの元ネタ(モデル)

 フォートナイトで登場するコンバットサブマシンガンの元ネタ(モデル)は恐らくUMPと思われる。
1990年前後、多くのサブマシンガンに使用されていた9x19mmパラベラム弾について、ストッピングパワーの低さが指摘されるようになっていた。.45ACP弾や.40S&W弾といった大口径化を求める声が大きくなり、その声に答えるために開発された大口径短機関銃がUMPである。大口径でストッピングパワーが高い点がフォートナイトでも再現され、コンバットサブマシンガンはダメージが高く設定されていると言える。
作動方式はシンプルブローバック方式だが、撃発はクローズドボルト方式で行われ射撃精度が高まっているのが特徴だ。
そんなUMPのエアソフトガンが存在する。
 発射に合わせブローバックが行われるなど実銃の再現を意識したエアソフトガン。
セレクタはセーフ、セミ、2点バースト、フルオートに切り替え可能。様々な発射形式での射撃を楽しむことができる。
性能のいいエアソフトガンの割には低価格。ぜひ確認してみてほしい。