COD MW2のVICTUS XMRの性能とカスタム

  初心者オススメ度★☆☆☆☆
中級者以上オススメ度★★★☆☆

 COD MW2のVICTUS XMRは特に射程が優れたスナイパーライフル(SR)だ。シーズン1のバトルパスで入手可能。詳しい性能とカスタムについて紹介していく。

COD MW2のVICTUS XMRの目次

性能と立ち回り
おすすめカスタム
目次にもどる

VICTUS XMRの性能と立ち回り


 COD MW2のVICTUS XMRはレート約36RPM。約1.66秒で次の弾を発射できる。
 頭、胸、腹、肩に当てるとワンショットキル可能(約85mまでは確認、それ以降で威力減衰が起こって即死部位が減る可能性はある)。

 反動は右上方向で大きい。だが連射力が低く次弾を撃つ頃には銃身は元の位置に戻っているので大した問題ではない。

 エイム速度は遅くSIGNAL 50に匹敵するほど。敵を見つけてからエイムしても間に合わないことも多い。
 マガジン弾数は5発ある。遠距離までワンショットキルが可能な武器なので継戦能力は十分あると言える。
 デフォルトサイトは倍率が高いスコープとなっていて、遠くの敵も大きく見え、精密狙撃しやすい。

 スコープから白の光が出てしまう欠点はあるものの、1枠使ってサイト変更する必要性は薄いと言える。

 VICTUS XMRだけでなく全てのスナイパーライフル共通の欠点としてひるみ耐性がとても低い。例として、距離10mの敵の胸に照準をあわせていた場合、敵のM4の銃弾1発を喰らうと敵の頭の少し上まで銃身が跳ね上がってしまう。こちらが狙撃する直前に被弾すれば高確率で攻撃を外してしまう。
 ひるみ耐性を強化するアタッチメントをつけるか、ボーナスパークのフォーカスをつけることでひるみ対策したい。ただ、エイム速度強化アタッチメントを多くつけたいので、ひるみ耐性アタットメントをつける余裕はあまりない。

 VICTUS XMRはワンショットキル射程がとにかく長い。他のSRは途中で威力減衰して即死部位が減ってしまうが、この武器では自分が検証した範囲では即死部位の減少を見つけられなかった。
 ただ、エイム速度が遅く連射力もSRの中で最も遅い。そして圧倒的な射程も6VS6のマルチではそれほど活かせる機会はない。
 不遇な武器だが、WARZONE、DMZ、グランドウォーなどでは活躍の機械があるかもしれない。

目次にもどる

VICTUS XMRのおすすめカスタム

MACK 8 21.5ショート(バレル)
長所…エイム速度
   腰だめ撃ち反動制御
短所…射程距離
   腰だめ撃ち命中率
   弾丸の速度

精密5MWレーザー(レーザー)
長所…エイム速度
   エイム時の安定性
短所…エイム時のレーザー視認性

XRKライズ50(ストック)
長所…しゃがみ時の移動速度
   ダッシュ速度
   エイム速度
短所…反動制御

50口径高速弾(弾薬)
長所…弾丸の速度
短所…射程距離

BRUEN Q900グリップ(リアグリップ)
長所…ダッシュ後射撃速度
   エイム速度
短所…反動制御

考察
 弱点であるエイム速度の改善を目指したVICTUS XMRカスタム。MACK 8 21.5ショート、精密5MWレーザー、XRKライズ50、BRUEN Q900グリップの4つのアタッチメントでエイム速度を強化した。
 精密5MWレーザーにより、エイム時は緑レーザーが出るので敵に発見されやすくなった点に注意。とはいえ元々スコープの光もあり位置バレしやすいので、大きな問題にはならない。
 これだけ強化してもエイム速度は不安。不意の遭遇戦はなるだけ避け、敵を遠距離から狙い撃っていこう。

武器まとめへ戻る

COD MW2のpage top