COD MW2のSP-X 80の性能とカスタム

  初心者オススメ度★★★☆☆
中級者以上オススメ度★★★★★

 COD MW2のSP-X 80はエイム速度が速めのスナイパーライフル(SR)だ。詳しい性能とカスタムについて紹介していく。

COD MW2のSP-X 80の目次

性能と立ち回り
おすすめカスタム
目次にもどる

SP-X 80の性能と立ち回り


 COD MW2のSP-X 80はレート約49RPM。約1.22秒で次の弾を発射できる。
 約44mまで頭、胸、腹、手(肩から手の先まで)に当てるとワンショットキル可能。SRの中ではエイム速度が最も速い武器にもかかわらず、なぜか手の先でも一撃キルができ、MCPR-300やSIGNAL 50よりも即死部位が広い。
 約44~51mでは手の先に当てた場合に一撃キルできなくなるが、引き続き頭、胸、腹、肩に当てるとワンショットキル可能。
 約51m以降は肩当てでも一撃キルできなくなるが、引き続き、頭、胸、腹当てで一撃キルが可能。
 約59m以降は腹当てで一撃キルできなくなり、頭と胸のみワンショットキルとなる(これがこの武器の数少ない弱点と言える)。

 反動は右上方向。ワンショットキル武器で連射力も高くないので反動はそこまで気にする必要はない。ただ撃った後に銃身が下がらない点には少し注意。

 エイム速度はSRの中では最も速く、LMGクラスのエイム速度はある。
 マガジン弾数は5発ある。一撃キル武器なので継戦能力は十分。
 デフォルトサイトは倍率が高く、遠距離の敵も大きく見え、狙撃しやすい。

 スコープから白の光が出る弱点はあるものの、1枠使ってサイト変更する必要性は薄いと言える。

 SP-X 80だけでなく全てのスナイパーライフル共通の弱点としてひるみ耐性がとても低くなっている。例として、距離10mの敵の胸に照準をあわせていた場合、敵のM4の銃弾1発を喰らうと敵の頭の少し上まで銃身が跳ね上がってしまう。こちらが狙撃する直前に銃弾を受ければ高確率で攻撃を外してしまうと言っていい。
 ひるみ耐性を強化するアタッチメントをつけるか、ボーナスパークのフォーカスをつけることでひるみ対策したい。ただ、エイム速度強化アタッチメントを多くつけたいので、ひるみ耐性アタットメントをつける余裕はあまりない。

 SP-X 80はSRの中で最速のエイム速度と広い即死部位を両立している。MCPR-300やLA-B 330と比べてわずかであるが連射力も上回る。スナイパーライフル(SR)の中では強力な武器と言える。
 ひるみ以外の唯一の弱点は約59mを超えると腹ワンショットキルもできなくなってしまう点。基本的にはSRを使うならSP-X 80が一番おすすめだが、50m台を超える遠距離戦が多くなるマップではLA-B 330を使ったほうがいい場合もある。

目次にもどる

SP-X 80のおすすめカスタム

18.5BRYSON LRファクトリー(バレル)
長所…エイム速度
   腰だめ撃ち反動制御
短所…射程距離
   腰だめ撃ち命中率
   弾丸の速度

コリオ LAZ-44 V3(レーザー)
長所…エイム速度
   エイム時の安定性
短所…エイム時のレーザー視認性

MAX DMRプレシジョン(ストック)
長所…エイム時の安定性
   しゃがみ時の移動速度
   エイム速度
短所…エイム時の歩行速度
   ダッシュ速度
   反動制御

シューガーマッチグリップ(コーム)
長所…ダッシュ後射撃速度
   エイム速度
短所…反動制御

考察
 エイム速度強化を徹底したSP-X 80カスタム。エイム速度アップのアタッチメントのみを4つつけてあり、エイム安定性についても2アタッチメントで強化してある。
 コリオ LAZ-44 V3により、エイム時は緑レーザーが出るので敵に発見されやすくなった点に注意。とはいえ元々スコープの光もあり位置バレしやすいので、大きな問題にはならない。
 このカスタムであれば技量があれば凸砂もある程度可能だ。

武器まとめへ戻る

COD MW2のpage top