COD MW2のLACHMANN 556の性能とカスタム

  初心者オススメ度★★☆☆☆
中級者以上オススメ度★★★★☆

 COD MW2のLACHMANN 556は射程が長めでエイム速度も速めのアサルトライフル(AR)だ。詳しい性能とカスタムについて紹介していく。

COD MW2のLACHMANN 556の目次

性能と立ち回り
おすすめカスタム
目次にもどる

LACHMANN 556の性能と立ち回り


 COD MW2のLACHMANN 556はレート約720RPM。
 約31mまでは頭以外はどこに当てても4発キルでありキルタイムは約0.25秒と平凡。特に近距離では撃ち負けやすいと言える。一応頭に2発当てれば3発キルとなりキルタイム約0.16秒が出せるもののあまり現実的ではない。
 約31mを超えると頭以外はどこを当てても5発キルでキルタイムは約0.33秒となる。頭に1発当てれば4発キルが可能。この距離ではヘッドショットできるかどうかで強さがかなり変わる。

 反動は以下の通り。

 反動はほぼ上方向で比較的小さめ。反動制御はかなりやりやすい武器だ。

 エイム速度はアサルトライフルの中ではやや速め。一方でエイム中歩行速度はAR平均より遅め。腰撃ち精度はAR平均。
 マガジン弾数は30発と普通。継戦能力は平均レベルだ。
 アイサンサイトは枠などがなくかなり見やすい。

 サイトをつけずに運用するのもアリ。だが、約31mを超える距離での運用を重視する場合はヘッドショットの必要性が高いのでサイトをつけたほうがいい。

 LACHMANN 556は「サブマシンガンとフルパワーライフルの間にある溝を埋める・・」みたいな説明があるが、決して中間の存在ではない。射程はAR平均よりも長く中距離戦向けである一方、火力があまりなく特に近距離戦では負けやすい。
 エイム速度に優れた中距離武器という他にはない要素はある。閉所にはあまり入らず走り回って裏取りする立ち回りをすれば活躍は可能な武器だ。
目次にもどる

LACHMANN 556のおすすめカスタム

サイレントファイアXG6(マズル)
長所…消音(発砲してもコンパス赤点表示されずにすむ)
   弾丸速度
   反動制御
   反動抑制
短所…エイム速度
   エイム時の歩行速度
   エイム時の安定性

ラック12バレル(バレル)
長所…移動速度
   エイム速度
短所…弾丸の速度
   反動制御

LACHMANN S9ファクトリー(ストック)
長所…ダッシュ速度
   しゃがみ時の移動速度
   エイム速度
   エイム中歩行速度
短所…エイム時の安定性
   反動制御

FSS シャークフィン90(アンダーバレル)
長所…エイム時のブレの安定性
短所…なし

LMK64グリップ(リアグリップ)
長所…ダッシュ後射撃速度
   エイム速度
短所…反動制御

考察
 取り回しと機動性を重視したLACHMANN 556カスタム。
 ラック12バレル、LACHMANN S9ファクトリー、LMK64グリップによりエイム速度の他、移動速度、ダッシュ後射撃速度、ダッシュ速度などを上げてある。
 正面からの撃ち合いはあまり得意でないので、機動性を活かして敵の側面や背後に回り込み奇襲を仕掛けよう。
 サイレントファイアXG6で反動を抑えつつ消音もしている。上手く裏取りできれば気づかれずに大量キルも可能だ。

武器まとめへ戻る

COD MW2のpage top