クラロワの範囲攻撃ユニットの使い方と対策


 クラロワの範囲攻撃ユニットは同時に複数の敵を攻撃可能なのが利点。
多くの敵を巻き込むことで大戦果をあげることも可能だ。
一方で単体ユニットと1VS1で殴り合いすると火力で劣るので不利となってしまう。
範囲攻撃ユニットの使い方と対策について紹介していく。

クラロワの宝箱

範囲攻撃ユニットの使い方
範囲攻撃ユニット対策
目次にもどる

範囲攻撃ユニットの使い方

範囲攻撃ユニットでの防衛方法
 範囲攻撃ユニットでの防衛は比較的簡単。攻め込んできた敵ユニットをみて、苦手な高火力単体ユニット以外にぶつけていけばいいからだ。

小型の複数ユニットがきたら、範囲攻撃ユニットを出せば、すぐに倒してくれる。
 また、HPの低い敵後衛ユニット(ウィザード系、マスケット銃士、ネクロマンサーなど)が複数いる場合は、バルキリーやダークプリンスといった高いHPを持つ範囲攻撃ユニットが有効。
後衛ユニットの攻撃を耐えつつ、まとめて処理することができる。
 範囲攻撃ユニットを出す時には攻撃方向を意識したい。
例えば、メガナイトやダークプリンスの場合は前方方向のみの範囲攻撃となるので、できるだけ、敵ユニットが前方のみに集中しているタイミングで出したい。一方で全方向に攻撃するバルキリーであれば敵集団の真ん中に出撃させるのが強力だ。ボウラーや執行人ファルチェなど射程が長く一方向に貫通する範囲攻撃ユニットの場合は敵が一直線に並んでいるタイミングで出したい。できるだけ多くの敵に範囲攻撃を当てられるように出すことが大切だ。

範囲攻撃ユニットでの攻撃方法

 範囲攻撃ユニットのみでの攻撃はあまり好ましくはない。
敵が複数いてもまとめて攻撃できる利点はあるが、火力はそれほど高くない。タワーにたどり着いたとしても単体では重大なダメージを与えるのは難しい。そして単体攻撃ユニットで防衛されると不利になる。
範囲攻撃ユニット+単体攻撃ユニット(例えばベビードラゴン+プリンス、メガナイト+インフェルノドラゴンなど)のようにHPの高いカードを前衛にしつつ組み合わせて運用すると、互いの弱点を補えるため戦果を上げやすい。
目次にもどる

範囲攻撃ユニット対策

単体攻撃ユニットをぶつけろ
 火力で勝る単体攻撃ユニットをぶつければ、範囲攻撃ユニットを倒すのは難しくない。

特に防衛では単体攻撃ユニットを好きな場所に出せるので範囲攻撃ユニットを倒しやすく、有効な対策と言える。

高HPカードでターゲットをとれ
 範囲攻撃ユニットに対して高HPのユニットや建物でターゲットをとるのも強力な対策だ。

範囲攻撃ユニットの火力は高くないので時間稼ぎができる。特に防衛では時間稼ぎできればタワーや他ユニットの攻撃で範囲攻撃ユニットのHPを削ることができる。
更にターゲットさえとっているなら複数ユニットも範囲攻撃ユニットに対して有効となる。
例えばメガナイトのターゲットを高HPのナイトでとった上で、メガナイトの後ろから小型の複数ユニットであるゴブリンギャングを出す。メガナイトの攻撃は前方のみなのでゴブリンギャングには当たらない。5体分の火力は高くメガナイトを倒すことができる。ただし、この作戦は360度に攻撃するバルキリーには効かない。
 攻める場合でも高HPユニットを前衛に出しておけば、範囲攻撃ユニットの攻撃は火力が低いのでかなり耐えられる。
その間に他の後衛ユニットで攻撃して範囲攻撃ユニットを撃破しよう。
範囲攻撃に巻き込まれてしまえば、ターゲットをとっていても意味がないので、相手の防衛範囲攻撃ユニットにあわせて後衛を配置したい(敵が近接範囲攻撃ユニットであれば、遠距離後衛ユニットを前衛から少し離した位置に配置して援護するなど)。

戦術・知識まとめへ戻る

page top