Apex legendsのゲーミングルーターのおすすめ


 Apex legendsで勝つには通信速度が高速であることも大切。
遅延が少なくなり、敵よりごくわずかに早く撃ち、敵の位置に正確にエイムをあわせることができるようになる。
通信速度に大きく影響するのは光回線と接続方法(有線で接続しているか?)だ。
光回線と有線接続のためのLANケーブルについては以下の記事で紹介しているので参考にしてほしい。

勝つためのおすすめ光回線

光回線と有線接続以外で重要なのがルーターの性能だ。
見落としがちだが、ルーターの性能が低いために、高速の光回線を契約し有線接続しているにもかかわらず、安定した通信を得られない場合がある。
特に注意したいのが以下のような場合だ。

①自身が使っている機器が多かったり、大家族だったりして、一つのルーターにゲーム、スマホ、PCなどを大量に接続している。
 大量の端末に接続され、ルーターに性能以上の負荷がかかってしまうと、通信速度が低下する。

②家が2階建て。または広い
 例えばルーターが1階にあり、2階に使用している端末がある場合、使っているルーターによっては電波が十分に届かず、通信速度が安定しない場合がある。有線接続ならゲーム機は問題ないが、スマホなど他の端末で通信に苦労するのは避けたい。

光回線に問題はなく有線接続なのであれば、高性能のゲーミングルーターを使えば通信速度が改善する可能性が高い。
ゲーミングルーターの中でもおすすめなものを紹介していく。

Apex legendsのゲーミングルーター目次

コスパ最強ゲーミングルーター
性能最強ゲーミングルーター
安いルーター

目次にもどる

コスパ最強ゲーミングルーター

ゲーミングルーターの中でも値段と性能のバランスに優れているのが、TUF-AX3000だ。
 このゲーミングルーターは最新の規格であるWiFi6であり、標準的なルーターと比べて、通信速度が約2.7倍速い。また、大量の端末に接続されても速い通信速度を維持できる。
ゲーム用のLANポートが搭載されており、PS5、PS4、PC、スイッチなどで高速有線接続ができる。
最新のネットワークセキュリティ「WPA3」が搭載されているのも特徴。暗号化の強化を図っておりセキュリティカバーが可能だ。
通信されていない状態の接続端末をスリープ状態にする機能があり、電力の消費を抑えることもできる。
どの性能も非常に高く、全くスキがない。その割には値段も控えめでコスパに優れた商品と言える。
Apex legendsで勝ちたいなら、総合的に最もおすすめできるゲーミングルーターだ。

目次にもどる

性能最強ゲーミングルーター

性能最強ゲーミングルーターがGT-AX11000だ。
 高速有線接続を可能にする「ゲーミングLANポート」、ゲームの通信優先度を上げる「Adaptive QoS」、ゲームのタイムラグを軽減する「WTFast」という3つのゲーム特化機能を搭載した超高性能ゲーミングルーター。
OFDMAという通信システムを採用しており、多くの端末で接続しても通信速度が安定する。
WiFi6搭載はもちろん、セキュリティ対策も万全。
値段は高いが、その性能は最強!Apex legendsで徹底的に勝ちにこだわるなら、ぜひ確認してみてほしい。

目次にもどる

安いWiFi6のルーター

予算があまりない場合、特におすすめなのがArcher AX20だ。
 この低価格にもかかわらず最新の規格であるWiFi6に対応しており高い性能を持っているルーター。
MU-MIMO&OFDMAにより、端末多数をつないでも通信速度が下がりにくい。
ただ、電波が届く射程が短いという致命的な弱点が存在する。
特に家が広かったり、2階建ての場合には電波が届かず、困る可能性もある。
だが、家が狭い場合にはその欠点は無視できるので、むしろおすすめの商品と言える。

電波が飛ぶ距離が長いほうがよく、予算も少ない場合、特におすすめなのが11AX AX3000だ。


 先ほど紹介した安価ルーターよりは少し値段は高いが、それでもWiFi6対応ルーターの中では安価。
高性能CPUが搭載されているため、通信速度は十分速い。
4本の外部アンテナがあるため、電波が比較的遠くまで届く。
OFDMAも搭載されており、複数の端末による同時接続を行っても通信速度が落ちづらい。
予算は少ないがApex legendsに適した環境を整えたい場合におすすめできるルーターだ。

  ゲームで勝ちたい!最強になりたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!