Apexのデバイスのおすすめ(PS4・PC)

 Apex legendsで勝ちたいなら、ゲームに適したデバイスをぜひ使いたい。
 PS4やPC向けのおすすめデバイスを紹介していく。

Apexのゲーミングデバイスのおすすめ目次

様々なハードで使用可能
ヘッドセット
イヤホン
モニター
ゲーミングチェア
ゲーミングデスク
PS4・スイッチなど
コントローラー
エイムリング
エイムフリーク
PC
マウス
マウスパッド
キーボード
ゲーミングPC

目次にもどる

ヘッドセットのおすすめ

 ヘッドセットは極めて重要なデバイス。APEXでは足音で敵の位置を把握することが非常に大切だからだ。おすすめのヘッドセットを紹介していく。

HyperXのHX-HSCOS-GM/WW


 超薄型スピーカー振動版と強力な磁石を組み合わせて開発されたAudeze平面磁界ドライバーが最大の特徴。歪みが抑えられた透き通ったサウンドを体感できる。APEXでもわずかな敵の足音を聞き分け、前後左右はもちろん敵が上にいるのか下にいるのかも判断できる。マルチデバイス対応でPS4やPCで使えるなど汎用性も高い。値段は高いが最強の性能を誇るので、ぜひ確認してみてほしい。

SteelSeries Arctis 7


 コードが邪魔な有線ではなく、無線のヘッドセットが欲しい人におすすめの商品。
ワイヤレスのヘッドセットで注意すべきなのは音の遅延がないかどうか。このヘッドセットはゲーム用に開発された2.4G無線接続を採用しているため、音の遅延がとても少ない。
スポーツブランドを参考にしており、イヤークッションは通気性と遮音性を両立しているAirWeaveを採用し、蒸れを防ぎ快適な装着感を実現している。
S1オーディオドライバー採用で高音質となっており、足音も聞き取りやすい。
値段もそれほど高くなく性能もいいのでワイヤレスヘッドセットの中で特におすすめ。

目次にもどる

イヤホンのおすすめ

 ヘッドセットでは耳が痛くなったり、邪魔と思う場合はイヤホンを使うのがおすすめだ。

SHURE シュア 高遮音性イヤホン


 厚みのある低域を高音質で再生できる高性能ドライバーを搭載したイヤホン。低音がよく聞こえるのでAPEXのプレイでも足音が聞き取りやすい。
 騒音カット性能が高いのも特徴。周囲の音に邪魔されずにゲームプレイを楽しむことができる。
 優れた性能を持ち値段も高くない。ぜひ確認してもらいたいイヤホンだ。

XROUND AERO Wireless


 低遅延での接続が可能な無線ゲーミングイヤホン。コードがなくコンパクトなのは大きな利点だ。
 ゲーム用に作られており、足音もよく聞こえる。
 ワイヤレス商品は値段が高くなりやすいが、このイヤホンはそれほど値段も高くない。その上高い性能を持っているのでぜひ確認してみてほしい。

目次にもどる

モニターのおすすめ

 ゲーミングデバイスの中でも重要なのがモニター。敵の位置をしっかりと速く把握できるようになる(テレビでは応答速度などの性能に不安がある)。ぜひ手に入れたい。

Acer ゲーミングモニター SigmaLine 24.5インチ


応答速度0.5MS、リフレッシュレート165hz、画面サイズ23.6インチ、解像度1920×1080(フルHD)。
リフレッシュレートの制限はPS5は120hzである。このモニターであればPS5の性能を十分に発揮できると言える。
応答速度も速く、画面サイズや解像度もちょうどいい。PS5でAPEXをプレイする人や、今はPS4だがこれからPS5を買う可能性がある人におすすめ。性能が高い割には値段もそこまで高くないので、ぜひ確認してみてほしい。

ASUS ゲーミングモニター VG245HE-J


応答速度0.6MS、リフレッシュレート75hz、画面サイズ24インチ、解像度1920×1080(フルHD)。
リフレッシュレートが75hzしかないが、PS4やスイッチなら制限が60hzなので、このモニターで十分。リフレッシュレートが無駄に高くない分、値段も安いモニターとなっている。
しばらくPS4やスイッチでAPEXをプレイする予定ならおすすめ。

Acer Nitro VG252QXbmiipx 24.5型ワイド


 このモニターは応答速度0.5MS、リフレッシュレート240hz、画面サイズ24.5インチ、解像度1920×1080(フルHD)。
PCの場合リフレッシュレートの制限はない。よって高性能PCを使っているのであれば、できるだけリフレッシュレートが高いモニターを買いたい。
このゲーミングモニターは値段は高めだが、リフレッシュレートが最高峰の240hzあるのでおすすめだ。

目次にもどる

ゲーミングチェアのおすすめ

 APEXをやる上でゲーミングチェアは必須のデバイスではない。だが、自然に良い姿勢で座ることができ、疲れを軽減できるので、できれば欲しい。特に長く座っていると腰や背中が痛い人はぜひ確認してほしい。ゲームで役立つのはもちろん、それ以外の座って行うあらゆる作業で役立つ!

GtracingのGT099


 近未来的なデザインが魅力のゲーミングチェア、もちろん性能も優秀で、柔らかいPUレザーが体を優しく包み込み負荷を分散させるため疲れづらい。
 座面の上下昇降は約42~50cm、アジア人向けの高さ。自分にあった高さに調整することでより正しい姿勢をとれるようになる。
 値段もそれほど高くなく高性能のゲーミングチェアとなっているので、ぜひ確認してみてほしい。

GALAXHERO ゲーミング座椅子


 地べた派の人におすすめのゲーミング座椅子。
 正しい座姿勢を維持しやすい構造になっており、やわらかい素材で作られている。長時間座っていても疲れが溜まりにくい。
 値段もそれほど高くないので、ぜひ確認してみてほしい。

目次にもどる

ゲーミングデスクのおすすめ

 机の高さを変えられるなど、様々な工夫があるゲーミングデスクがあると、APEXが疲れにくく快適に楽しめる。

バウヒュッテのゲーミングデスク



 天板の高さを変更できるゲーミングデスク。自分にあった高さに調整することでAPEXプレイ時の疲れを軽減することができる。
 耐荷重も100kgもあり、ゲーム機はもちろん、モニター、ヘッドセット、コントローラーなど多数のデバイスを置くことができる。
 優秀なゲーミングデスクなので、ぜひ確認してみてほしい。

バウヒュッテのローデスク


 天板の高さを変更できるローデスク。座椅子との相性が抜群で、地べた派の人におすすめだ。
 比較的、低価格となっているので、ぜひ確認してみてほしい。

目次にもどる

コントローラーのおすすめ

 APEXでは通常の持ち方ではジャンプやスライディング中の視点変更が困難だ。モンハン持ちができるならいいが、そうでないなら背面ボタンがあるコントローラーを使いたい。

 スカフ INFINITY 4PS PRO

 パドル型の背面ボタンが2個あるPS4対応コントローラー。背面ボタンにジャンプやスライディングを割り当てることで、R3スティックから指を離さずにすむようになる。ジャンプやスライディング中の視点変更ができるようになる。
DUALSHOCK 4(PS4標準コントローラー)と基本構造や大きさは似ているため、操作になれやすいのも利点。
また、トリガーストップにより押し込み式のR2・L2をボタン化することが可能。
非常に優秀なコントローラーなのでPS4プレイヤーにおすすめ。

 背面ボタンアタッチメント


DUALSHOCK 4(PS4の標準コントローラー)にとりつけられる背面ボタン。背面ボタンが2つ追加され、視点変更で困らなくなる。DUALSHOCK 4を使っているプレイヤーにとって、新しくコントローラーを買う必要がないのは大きな利点と言える。
 BIGBIG WON ElitistS
スイッチに対応しており、背面ボタンがついている有線コントローラー。純正のプロコンと似た形と大きさで操作にも慣れやすい。値段も安く、スイッチでAPEXをプレイするプレイヤーに特におすすめだ。

目次にもどる

エイムリングのおすすめ

 エイムリングはコントローラーのスティックにはめて、スティックが一気に倒れるのを防ぐ。人によって合う、合わないもあり、必須のゲーミングデバイスとは言えない。ただ、APEXで動き回る敵にエイムをあわせ続けるのに苦労しているなら、使用を検討してみよう。

 エイムリング #130

 130という標準的な硬さを持ち、多くのプロプレイヤーに重宝されているエイムリング。耐久性も高く値段もそれほど高くない。ぜひ確認してみてほしい。

 エイムリング #80 #100 #130 #160 #200 #230

 様々な硬さのエイムリングが入っている。自分にあった硬さのエイムリングを見つけたい場合におすすめの商品。

目次にもどる

エイムフリークのおすすめ

 エイムフリークはスティックにとりつけ、スティックの高さを上げることができる。スティックが一気に倒れなくなり、照準移動が安定しやすくなる点はエイムリングと同じ。異なるのは指が当たる部分も変わる点。エイムリングよりこちらがしっくりくるという人もいる。あるいはエイムリングと組み合わせて使ってもいい。

Galaxy

 PS4とPS5に対応しているエイムフリーク。特に右側が高くなっている。スティックには盛り上がっている部分が多くあり、指での操作が安定する。プロにも評価されている優秀な商品。ぜひ試してみてほしい。

Vortex

 VortexもPS4・PS5用のエイムフリークで右側が高くなっている。スティックは滑りにくい構造になっているが極端な盛り上がりはない。Galaxyが合わなかった人におすすめ。

鬼エイム 鬼フリーク
 スイッチ、PS4、PS5に対応しているエイムフリーク。4種類×2セット入っており、スティックの高さを自分好みに変えられる。低価格なのも魅力。ぜひ確認してみてほしい。

目次にもどる

ゲーミングマウス

 PCでAPEXをプレイする上でマウスは非常に重要なデバイス。射撃の命中率に大きく関わるのでゲーム用に開発されたゲーミングマウスを使いたい。中でもおすすめのゲーミングマウスを紹介していく。

ロジクール G PRO X SUPERLIGHT
 無線でコードが邪魔にならないゲーミングマウス。超高速ワイヤレス接続できるので、遅延の心配をする必要もない。
 圧倒的な軽さとプロの意見を参考にしたマウス構造が長所。マウスを軽快に滑らせ、意図した場所で止めやすい。
 最強ゲーミングマウスなので、ぜひ確認してみてほしい。

ASUS ゲーミングマウス
 そこそこ軽量で高速接続が可能で耐久性もある高性能ワイヤレスゲーミングマウス。性能が高い割に値段も安くなっている。ぜひ確認してみてほしい。

目次にもどる

ゲーミングマウスパッド

 マウスパッドもAPEXのPCプレイの際、命中率に大きく関わる重要なデバイスと言える。中でもおすすめなものを紹介していく。

ロジクールのG640r
 G640rは縦が400mm、横460mmとやや大きめのマウスパッド。マウスを大きく動かせる十分な広さがある。
 やわらかいソフトな素材でつくられていて、ちょうどいい摩擦があるのが高評価。
 性能が高く使用者も多いマウスパッドとなっているので、ぜひ確認してみてほしい。

RazerのSphex V3
 ハードタイプで縦が450mm、横400mmとサイズが大きめのマウスパッド。
硬い材質の素材を使っており、摩擦が少ないので、マウスを素早く動かすことができる。例えば、APEXで横や後ろから敵に襲われた場合でも素早く振り向いて対応しやすくなる。エイムの微調整の難易度は上がるので初心者向けではないが、奇襲対応や視点変更を活かした立ち回りを重視する人におすすめ。

目次にもどる

ゲーミングキーボード

 APEXでのPCプレイではゲーミングキーボードは必須のデバイスではない。ただ、アイテム取得やアビリティの使用などキー操作に機会が多いので、できればゲーム用に最適化されたゲーミングキーボードを使いたい。おすすめのゲーミングキーボードを紹介していく。

RazerのHuntsman V2
 RazerのHuntsman V2は反応速度を重視したゲーミングキーボード(赤軸)だ。赤軸は軽いタッチでキー入力ができ、長時間ゲームプレイをしても疲れにくいのが長所。ぜひ確認してみてほしい。

ロジクールのG910r
 茶軸のゲーミングキーボード。反発力は標準的。赤軸ではキーを触っただけでも入力判定される恐れがあるので、ミスを嫌うならおすすめ。反応速度や耐久性にも優れており値段も高くない。ぜひ確認してみてほしい。

目次にもどる

ゲーミングPC

 APEXでPCプレイする上で最も重要な機器はPC本体だろう。PCが性能不足の場合は遅延やカクつきが発生し、ひどい場合にはまともに操作ができない。ぜひ高性能のゲーミングPCを使いたい。おすすめのゲーミングPCについて、以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。
ゲーミングPC(セール中商品も紹介)

ゲーミングノートPC(セール中商品も紹介)

  ゲームで勝ちたい!最強になりたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!