Apex legendsのエイムリングのおすすめ


 Apex legendsは他のFPSゲームと比べて、エイムの微調整が非常に重要となっている。
体力が高い(キルタイムが遅い)&移動速度が速めであることがその原因だ。
敵に初弾を当てたとしても、体力が高いので、すぐには死なない。
敵は移動速度を活かして動きまわり回避しようとするので、それにあわせてエイムを微調整していかなければ敵を倒しきれない。
エイムの微調整を行うためには練習ももちろん必要。
だが、手っ取り早くエイムの微調整が行えるようになる方法として、エイムリングを使うのがおすすめできる。
エイムリングをスティックにはめ込むことで、スティックを指で操作した時に一気に倒れるのを防ぐことができる。装着当初は操作しづらくなるかもしれないが、慣れればエイムの微調整がやりやすくなり弾の命中率を高めることが可能だ。
エリムリングのおすすめを紹介していく。また、エイムリングと似た効果をもたらすエイムフリークについても紹介していく。

Apex legendsのエイムリングのおすすめ目次

定番のエイムリング
様々な硬さを試せるエイムリング
エイムフリーク
エイムリングとエイムフリークを組み合わせよう
目次にもどる

定番のエイムリング

 130という普通の硬さを持つエイムリングだ。


 このエイムリングは硬さが標準レベル。多くのプレイヤーに合い、Apex legendsでのエイム力を高めることができる。
eSportの大会で使用可能で、プロチームでもこれを使っているプレイヤーが多いなど実績がある。
自分もこれを使っているが、FPSでのエイム力が上昇したのは間違いない。
耐久性に優れたゴムが採用されており、平均1500時間は使用可能。値段も手ごろな上に長く使っていける商品になっている。
エイムリングの中でも特におすすめだ。

目次にもどる

様々な硬さを試せるエイムリング

 以下の商品には#80 #100 #130 #160 #200 #230の6種類の硬さ(数字が大きいほど硬い)のエイムリングが各1つずつ入っている。


 自分にとってちょうどいい硬さのエイムリングを探したい場合におすすめできる商品となっている。
最初に紹介したエイムリングと同様に、eSportの大会で使用可能だ。

目次にもどる

エイムフリーク

 エイムフリークは、コントローラーのスティックにつけ、スティックを高くする商品だ。
スティックが高くなることで、結果的にスティックが一気に倒れにくくなる。
エイムリングとは異なるものだが、エイムの微調整がしやすくなる点は同じ。
エイムフリークがエイムリングと異なるのは、スティックの指で触る部分に隆起があったりと指で操作しやすい工夫がされており、操作性全般がよくなる点。
その一方でスティックの高さが変化することで、違和感を感じる人もいるかもしれない。
ただ、使い慣れれば命中率向上につながるのは間違いない。おすすめのエイムフリークを紹介していくのでぜひ試してみてほしい。

Galaxy

 PS4・PS5用のエイムフリーク。左右で高さが異なるのが特徴。右は高くなっており、正確な照準に役立つ。左は低くグリップ力に優れており操作性がいい。
スティック部分は滑りにくい独自の素材と隆起が多数ある革新的な構造になっており、正確な操作を行うのに適している。
Apex legendsで動いている敵にも正確に弾を当て続けて仕留めることが可能となるので、ぜひ試してみてほしい。

Vortex

 独特な隆起構造を持つGalaxyが合わないという人も時にはいる。その場合におすすめなのがVortexだ。
PS4・PS5用のエイムフリークで、スティック部分はゴム製素材と螺旋パターンの組み合わせで滑りを抑えられる構造となっている。
Galaxyと同様に右スティック用が高く、左スティック用が低くなっており、エイムと移動の両方の正確性が向上する。

続いて、Apex legendsをスイッチでプレイする場合のおすすめエイムフリークを紹介する。

鬼エイム 鬼フリーク
 スイッチ、PS4、PS5で使える汎用性の高いエイムフリークだ。
4種類×2セット入っているのが最大の特徴。スティックを自分にあった高さに調整することができる。
値段が安めな点も魅力なので、ぜひ確認してほしい。

目次にもどる

エイムリングとエイムフリーク

 最初に説明したように、Apex legendsはFPSの中でもエイムの微調整が大切。
圧倒的なエイム調整力を得る手段としてエイムリングとエイムフリークを併用するという手がある。
どちらも使用することで最初は操作しづらく感じるかもしれないが、慣れることで極めて繊細な操作が可能となる。
命中率を大きく上げられるので、ぜひ試してみてほしい。

  ゲームで勝ちたい!最強になりたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!