VALORANTのシェリフの性能と評価

  初心者オススメ度★☆☆☆☆
中級者以上オススメ度★★★★★

 VALORANT(ヴァロラント)のシェリフは高威力の弾丸を発射できるサイドアームだ。性能や立ち回りについて紹介していく。

シェリフの性能・評価

基本性能
リコイル
立ち回り
買うタイミング
目次にもどる

シェリフの基本性能

 シェリフの性能は以下の通り。

ダメージ0~30m30~50m
頭部159145
胴体5550
脚部4642


連射速度移動速度構える速さ初弾の拡散率 腰だめ/照準
240RPM5.4m/秒1秒0.25

貫通力マガジン弾数リロード速度値段
6発2.25秒800

 シェリフは30m以内のヘッドショットダメージが159。頭に当てれば相手がアーマーをつけていようが問答無用で一撃キルできる。積極的に頭を狙っていこう。

ヘッドショットできなかった場合のキルタイムは以下の通り。

キル弾数キルタイム
2発キル約0.25秒
3発キル約0.5秒
4発キル約0.75秒

 シェリフはダメージは高めだが連射力は高くない。2発キルできればまだいいが、相手がシールドをつけており頭に当てられなかった場合はキルに3発以上かかり、キルタイムは絶望的になる。とにかく頭を狙っていくべき武器と言える。しっかりストッピングして、頭を撃ち抜くことを意識したい。
 リロードは2.25秒とメイン武器と比べればやや速いが、マガジン弾数は6発しかない。ただ、頭に当てられるなら連戦をこなすことも可能。
 シェリフは他武器と比較してもヘッドショットの重要性が高い。800クレジットという値段を考えると初心者にとっては最弱にすらなりえる武器。だが、頭を狙えるエイム力がある実力者にとっては頼りになるサイドアームと言える。
目次にもどる

シェリフのリコイル

 シェリフのリコイルは以下の通り。

 反動自体はそれほど大きくはないが、最初からランダムなリコイルであるため、リコイル制御はしづらい。上の画像はあくまでも例であり、毎回、異なる場所に弾痕が残る。
 ヘッドショットするには、初弾から頭を狙っていく必要がある。

目次にもどる

シェリフの立ち回り

 シェリフは当てられるだけではダメ。ヘッドショットできなければ話にならない武器。敵と遭遇した時に頭がどの位置から現れるかを常に考えながら立ち回りをしよう。
 ある程度、ヘッドショットできるようになれば、一気に頼れる相棒に変貌する。射撃練習をする価値が特にある武器と言える。

目次にもどる

シェリフを買うタイミング

 シェリフはピストルラウンド(1または13ラウンド)で購入することも可能。ただ、800クレジットしか持っておらず、シェリフの購入に800クレジットかかる。つまり、シェリフを購入するとアーマーもアビリティも買えず、大きなリスクを背負うことになる。ただ、ライトシールドをつけた敵でもヘッドショットで一撃キルできるのは利点であり、購入するのは一応アリ。
 エコラウンド(クレジットが少なく節約を心掛けるラウンド)でも購入の選択肢になる。ヘッドショットが狙えるプレイヤーならメイン武器に勝てる可能性がある。


武器まとめへ戻る

VALORANT(ヴァロラント)のpage top