VALORANTのゲーミングキーボードの重要性

 VALORANT(ヴァロラント)はキルタイムが非常に速く一瞬で決着がつく場面も多い。一つの動作の失敗やわずかな遅れが敗北につながる。キャラの移動やアビリティの使用など速さや正確さが求められるのでボロキーボードではなく、ゲーミングキーボードを使うのがおすすめだ。ゲーミングキーボードにはいくつか種類があるので紹介していく。また、おすすめのゲーミングキーボードについても紹介していく。

ゲーミングキーボードのおすすめ目次

ゲーミングキーボードの種類
おすすめゲーミングキーボード

目次にもどる

ゲーミングキーボードの種類

 ゲーミングキーボードには大きく分けて以下の3種類がある。

メカニカル式
 各キーが独立した電気スイッチを持っている。それ故に反応速度に優れ、一つのキーが壊れてしまってもスイッチ交換すればいいので長持ちしやすい。ただ、複雑な構造となっており値段は高め。メカニカル式はキーを押した時の感触によって、いくつかのタイプが存在する。

・赤軸(リニア)
 キーが押した時の反発力が小さいので軽く押すだけでいい。つまり疲れづらい。疲れてしまうと反射神経が重要となるVALORANTでは成績低下が起きやすい。個人的には赤軸(リニア)のゲーミングキーボードを選ぶのがおすすめだ。

・茶軸(タクタイル)
 キーが押した時に標準的な反発力がある。赤軸では反発力があまりに小さく、指が触れてしまったために誤入力となる事故は慣れないと発生しがち。ゲーミングキーボード初心者には茶軸(タクタイル)もおすすめだ。

・青軸(クリッキー型)
 キーが押した時に強い反発力がある。押した時にくる反発力が爽快という人もいるだろう。ただ疲れやすい。疲れが勝敗に大きく影響するVALORANTでは青軸(クリッキー型)はおすすめできない。

メンブレン式
 2枚の接点シートが触れることでスイッチを形成する方式。構造が単純であるため安価。ただし、耐久性はあまり高くなく、長年使っているとキーを押した時の感触が悪くなったり、壊れたりする。VALORANTで使うのはおすすめできない。

静電容量無接点方式
 メカニカル式と同様に各キーで構造が独立している。かつ電極と物理的な接点がないという特殊な構造となっており、よって接合部の摩耗や抵抗がなく壊れづらい。キーを最後まで押し込まなくても認識するため反応速度にも優れている。高性能なのだが今だ発展途上。今後は静電容量無接点方式のゲーミングキーボードが増えてくる可能性もある。現時点ではそもそも商品が少なく、おすすめできない。

 性能が優れているのは、メカニカル式だ。その中でもおすすめの商品を紹介していく。

目次にもどる

おすすめゲーミングキーボード


最強のゲーミングキーボード
 Huntsman V2は値段高めだが最高クラスの性能を持つゲーミングキーボードだ。特に応答速度に優れているので、高速でキー入力を反映させることができる。プラスチックよりも硬く耐久性にすぐれた頑丈なキーキャップを採用しており摩耗にも強い。値段だけの価値はあるゲーミングキーボードになっているので、VALORANTで勝ちにこだわるなら特におすすめだ。

コスパのいいゲーミングキーボード(リニア)

 このキーボードは一般的な赤軸(リニア)よりもさらにキーの反発力が小さく軽いタッチでキー入力できるのが特徴。最初のうちは入力ミスが増えるかもしれないという懸念はある。だが、それは非常に素早くキー入力できるということでもあり、入力に慣れればVALORANTの勝利に貢献してくれる。性能が高めな割に値段も安めなのでおすすめ。

有線ゲーミングキーボード(タクタイル)
 赤軸(リニア)では軽いタッチでもキー入力されてしまうので誤入力が怖いという場合、茶軸(タクタイル)のこのキーボードを選ぶのがおすすめ。応答速度が優れているのはもちろん、9個のGキーと3個のメモリーパターンキーで、最大27つのマクロ設定が可能。ボタンやキー入力の一連操作ができるので便利で、VALORANT以外でも役立つ。


戦術・知識まとめへ戻る

VALORANT(ヴァロラント)のpage top