アイスボックスのマップ名称・攻め方・守り方


 VALORANT(ヴァロラント)のアイスボックスのマップ名称、守り方、攻め方、おすすめエージェントなどを紹介していく。

アイスボックス目次

マップ名称と特徴
守り方と攻め方
スパイク設置場所
おすすめエージェント
アプデ(2022年3月2日)
目次にもどる

アイスボックスのマップ名称と特徴


 アイスボックスの正式なマップ名称は以上のようになっている。
 AネストとAベルト付近をAメインと呼ぶことが多い。
 BグリーンをBロング、BガレージをBロビーと呼ぶことが多い。
 中央バレット周辺をミッドと呼ぶことが多い。
 アイスボックスの特徴としては、高低差が大きいことがあげられる。上から下からの予想外の奇襲を喰らうことが多い。丁寧なクリアリングを要求されるマップだ。
目次にもどる

アイスボックスの守り方と攻め方

A側
 A側はAメイン(Aネスト&Aベルト周辺)~Aサイトで交戦がはじまることが多い。
 ここでの守り方としては以下のような位置で待ち伏せするのが有効。

 待ちポジA-1(Aベルト)


 待ちポジA-2(Aネスト)


 待ちポジA-3(Aラフター)


 待ちポジA-4


 待ちポジA-5


 待ちポジA-6


 待ちポジA-7


 待ちポジA-8


 防衛側の待ちポジとしては、特にパイプが遮蔽物になる待ちポジA-1(Aパイプ)と待ちポジA-2が強力。

 攻め方としては待ちポジA-1(Aバイブ)にいる敵にはアビリティを撃ちこんで移動を強制させるといい。
 待ちポジA-2についてはクリアリングを怠ると上から奇襲されて致命傷になりかねない。壁抜きするかジャンプしてクリアリングを行いたい。

B側
 B側はBロング(Bグリーン)で交戦がはじまることが多い。
 ここは攻撃側がクリアリングするのが難しく、難所だったが2022年3月2日のアプデでだいぶ改善されている。細い道を進むルートの他にBガレージから攻めるルートもあり、2つのルートから攻められるようになったので攻めやすくなった(前はBガレージを通っても細い道にすぐ合流してしまい、防衛側は一か所を監視するだけでよかった)。とは言っても、高所から撃たれることが多く、クリアリングが大変な場所であることには変わりない。
 ここでの守り方としては以下のような位置で待ち伏せ可能。

 待ちポジB-1


 待ちポジB-2


 待ちポジB-3


 待ちポジB-4


 待ちポジB-5(ここはアビリティなしで登れる)


 待ちポジB-6(アビリティ必須)


 待ちポジB-7(アビリティ必須)


 ジェット・レイズ・セージ・オーメンなどのアビリティを使えば、待ちポジB-6や待ちポジB-7へ行くことが可能となっている。

 攻撃側が攻めるのは非常に大変。Bロングは狭くなっている上に、見るべき場所があまりに多い。索敵アビリティなどを使った上で慎重に進んでいくことが大切だ。

 スモークキャラがいるなら以下の地点にスモークをたくのがおすすめ。待ちポジ3、4、5から攻撃されるのを防げる。

 ガレージ側からもクリアリングがやりやすくなる。

 Bイエロー前まで辿り着いたら、Bサイト周辺から狙われないよう以下のようにスモークなどをたき、Bイエローの遮蔽物の裏まで辿り着こう。


 Bサイトの守り方としては、以下のような位置で待ち伏せするのが強力。

 待ちポジB-8


 待ちポジB-9


 待ちポジB-10


 待ちポジB-11


 待ちポジB-12


 攻め方としては敵がいるところにスモークや壁アビリティを使った上で攻め込みたい。
 B方面からのみ攻めるのはかなり厳しいので、ミッドやキッチンからも同時攻撃するのが望ましい。
ミッド
 ミッドの守り方としては以下のような位置で待ち伏せするのが有効。

 待ちポジ ミッド-1(Bチューブ下)


 待ちポジ ミッド-2(Bチューブ下角)


 待ちポジ ミッド-3


 待ちポジ ミッド-4


 待ちポジ ミッド-5


 待ちポジ ミッド-6(キッチン)



 クリアリングするべき箇所が多い。攻め方としてはスモークを以下の位置にたいた上で進行したいところ。

 ミッドをとれると、守りが硬いBサイトを攻めやすくなる。Bチューブの下をくぐって攻めるだけでも強力。

 また、Bチューブ中を通って、キッチンをとる立ち回りも有効。ここがとれれば以下の通路からBサイトへ攻めやすくなる。

 以下の場所からBサイトへ攻撃も可能。

 それだけでなく、敵がAサイトとBサイトの間を支配して、敵が寄るのを阻止することも可能。。

 セージであればBチューブの通路に縦にバリアオーブを配置することで、敵は3枚壁を壊さないと前進ができなくなる。

 時間稼ぎとして非常に強力なので覚えておこう。

目次にもどる

アイスボックスのスパイク設置場所

Aサイト
 アイスボックスのAサイトでのおすすめのスパイク設置場所は以下の通り。

箱の陰

 比較的安全に設置が可能。

2階

 スパイク設置後に、Aメインからスパイクを見張ることができる。危険だが設置できれば強力だ。

Aサイトの角(セージ必須)

 バリアオーブで壁を形成した後に設置。Aメインから見張りやすく強力。

建物の陰(セージ必須)

 ここもバリアオーブで安全な場所を作って設置する。ここも見張りやすく強力だ。

Bサイト
 アイスボックスのBサイトでは以下の設置がおすすめ。

コンテナの壁の陰

 射線を遮りやすく、深く攻め込む必要がないので設置しやすい。イエローから見張ることが可能。

Bサイト内の壁の角1と2



 ここもイエローなどから見張ることができる。

Bサイト内の壁の陰

 設置時に少し怖いが様々な場所から見張れる。

コンテナの壁の陰2

 裏取りしてBサイトに攻め込んだ場合には、ここに仕掛けるといい。

目次にもどる

アイスボックスのおすすめエージェント

セージ

 射線切りがしたい場面が多い。物理的にバリアオーブ(C)で壁を作れるセージは特におすすめだ。バリアオーブ(C)を使って高所に登ることも可能。

セージの詳しい性能は以下の記事で紹介している。
セージ考察

ヴァイパー

 アイスボックスはAサイト、Bサイト共に射線が様々なところから通り、スモークでは防ぎきるのが難しい。よって、トキシックスクリーン(E)で長い壁を展開できるヴァイパーがおすすめだ。

ヴァイパーの詳しい性能は以下の記事で紹介している。
ヴァイパー考察

ソーヴァ

 Aサイト、Bサイト、Bロングなど入り組んでおり、クリアリングが難しい場所が多い。索敵できるソーヴァはおすすめのエージェントだ。

ソーヴァの詳しい性能は以下の記事で紹介している。
ソーヴァ考察

キルジョイ

 侵攻できるルートが割と多いので、裏取りもされやすい。キルジョイのアラームボット(Q)やタレット(E)を仕掛けておくと対策できる。

キルジョイの詳しい性能は以下の記事で紹介している。
キルジョイ考察

ジェット

 他のマップ同様に機動性を活かしたオペレーター狙撃が強力。このマップではBロングなどで、アップドラフト(Q)を使った高所取りも強力だ。
ジェットの詳しい性能は以下の記事で紹介している。
ジェット考察

レイズ

 ジェットと同じくアビリティでの高所取りが可能なので、おすすめのエージェントだ。

レイズの詳しい性能は以下の記事で紹介している。
レイズ考察

目次にもどる

アイスボックスのアプデ

2022年3月2日のアプデでマップ構造が変更

Aサイト
 ・Aサイト後方の遮蔽物を調整。防衛側が身を隠せる新たなポジションを作成。

 ・攻撃側のパイプの段差を削除。攻撃側の攻撃力が低下。

 ・スクリーンの上にいるプレイヤーからの足を狙われるのを防ぐため、A出入口を以前より低くした。

Bグリーン
 ・Bグリーンの通路付近にある、アタック側スポーンからの出入口をB小部屋に移動。アタッカー側のBグリーンへの侵入ルートが増加。

 ・Bグリーンの通路の幅が拡大し移動しやすくなった。

 ・Bグリーンのイエロー付近の通路のくぼみを拡大。Bサイトと雪だるま側への射線を視認しやすく、よりクリアにするための調整。

Bサイト
 ・イエローの黄色いコンテナの向きを調整。攻撃側はスパイク設置後、イエローでの待ち伏せの強みは以前としてあるが、これまでよりも広いエリアを制圧する意義が生まれる。

 ・Bサイトの下部コンテナが削除。上部コンテナの出入口を拡大して位置調整。スパイク設置ゾーンも拡大。より多様なスパイク設置が可能に。

 ・Bバックの建物が閉鎖。攻撃側がサイトにより深く攻め込み、制圧することを促進。

ミッド
 ・視界の調整とエリア内でのプレイのしやすさに重点を置いた。

 ・キッチンの後壁を調整。エリア内の移動とクリアリングがしやすくなる。

 ・デンジャーからチューブ下への射線を切るため、オレンジの通路に箱を追加。

 ・ボイラーの坂道の幅を狭めて、簡略化。スモークでボイラーの道を塞ぎやすくなった。


マップ考察まとめへ戻る

VALORANT(ヴァロラント)のpage top