スマホゲームのFPS向けコントローラーのおすすめ

 スマホゲームでもCODモバイル、APEXモバイル、荒野行動などFPSを楽しめるものが増えてきた。
FPSの他TPSやアクションゲームなどでは、スマホにコントローラーをつけたほうがプレイしやすくなり、成績が上がることも多い。
そこで、おすすめのスマホゲーム用コントローラーについて紹介していく。

スマホゲームのFPS向けコントローラー目次

Android用コントローラー
IOS用コントローラー
安いコントローラー
冷却機能付きコントローラー
スマホに接続可能コントローラー
目次にもどる

Android用コントローラー

Androidモバイルコントローラー
 Androidスマホにとりつけて、スマホ自体をコントローラーのように持つことが可能になる商品。
 伸縮式となっており、長さ173mmまでのスマホに装着可能。
 特にFPSでは射撃+エイム+移動+視点変更が可能となるのでとても戦いやすくなる。柔らかいラバーグリップを採用しているので持ちやすい。
 この商品にはバッテリーはなくスマホからの電力供給で動作するのでバッテリー寿命の心配はない。また、超低消費電力となっているので長い時間ゲームプレイが可能だ。
 300万回の耐用年数を持つマイクロスイッチボタンを採用しているので長く使える商品となっているのも嬉しい。
 AndroidでFPSのスマホゲームをするならおすすめの商品だ。

目次にもどる

IOS用コントローラー

iphone専用ゲーミングコントローラー
 IOSスマホにとりつけて、スマホ自体をコントローラーのように持ってゲームプレイが可能となる。
 伸縮式する構造となっており、長さ100~173mmまでのスマホに装着することができる。
 FPSで射撃+エイム+移動+視点変更が容易にできるようになり成績向上に貢献してくれる。
 握りやすいソフトラバーグリップを採用しており、長時間持っていても疲れづらく快適にゲームプレイができる。
 高速のLightningポートを採用しており、遅延入力がほとんどないようになっているのも魅力。
 IOSでFPSのスマホゲームをプレイするなら特におすすめ。ぜひ確認してみてほしい。

目次にもどる

安いコントローラー

AIYUJIWUのスマホコントローラー
 Androidとiphoneの両方に対応可能なコントローラー。2つのアタットメントをスマホにとりつける形式。スマホの対応厚さが約6mm~13mmとなっており余裕がある。ほとんどのスマホにガラスフィルムやケースがあっても装着が可能。
 FPSスマホゲームで射撃+エイム+移動+視点変更を行うことが可能となり射撃精度を向上させることができる。
 電源ボタンと音量ボタンに干渉するのを防ぐために溝が入っている。スマホや液晶フィルムに傷をつけない仕様になっている。
 全金属製であるため、プラスチック製の同系統商品と比較して耐久性が高い。長く使っていくことができる。
 性能が高くデザインもかっこいい。その割に値段がとても安く非常にコスパがいい商品となっている。ぜひ確認してみてほしい。

目次にもどる

冷却機能付きコントローラー

使命召唤スマホ一体式コントローラー
 Androidとiosの両方にとりつけ可能なコントローラー。
 7000回/分のスピードで回転してスマホを冷やしてくれる冷却ファンがついているのが魅力。ゲームプレイを続けているとスマホが熱くなってしまう場合に特におすすめの商品だ。
 大型バッテリーを搭載しており、4~6時間はスマホを冷やすことができる。更にモバイルバッテリーとしても使用が可能。
 FPSスマホゲームで射撃+エイム+移動+視点変更ができるようになるのはもちろん、人体工学に基づいたデザインをしているのでより正確な操作が可能となっている。
 反応速度を速め操作性向上に役立つ指サックが2個ついているのも嬉しい。
 コントローラーとして使え、スマホを冷却でき、バッテリーとしても使え、恐るべき汎用性を持っていながら値段は安め。ぜひ確認してみてほしい。

目次にもどる

スマホに接続可能コントローラー

Chayooのコントローラー
 スマホホルダー付きで8.89cmから15.24cmまでのAndroidやiosをとりつけられるワイヤレスコントローラー。
 コントローラーの背面にマクロボタンが2つ搭載されており、射撃+エイム+移動+視点変更をジャンプやスライディングしながらでも行いやすい。FPSをプレイするのに適している。
 人間工学を意識して設計されているので操作しやすく持ちやすい。
 Bluetooth接続が可能でスマホゲーム、スイッチ、PCで使える汎用性の高さが魅力。別のハードのゲームでも1つのコントローラーでプレイでき、操作感が変わらないのが大きな利点だ。
 性能と汎用性を両立しているのに値段も安い。ぜひ確認してみてほしい。

page topから各メニューを選択!