外付けSSD(PS5・PS4)のおすすめ

 最近のゲームは大作だと100GB前後のボリュームがあるものも多い。PS5やPS4のストレージが足りなくなってしまった経験をしている人も多いはず。
 その場合におすすめなのが外付けSSDを買って容量を増やす方法。一般的に普及しているHDDよりもSSDは読み書きのスピードが速いのだ。
 PS4の場合は本体ストレージはHDD。よって、外付けSSDを使うことによって容量不足だけでなくゲームのロードの速さも大きく改善することができる。
 PS5の場合は本体ストレージはSSDであるが、ゲームのインストールに使えるのは約667GBしかないので、外付けSSDで容量を増やしたい。(ただし、PS5ソフトは外付けSSDで起動できない。本体ストレージにはPS5ソフト、外付けストレージにはPS4ソフトを保存するようにするといい。)。
 PS5・PS4に対応したおすすめの外付けSSDを紹介していく。

外付けSSD(PS5・PS4)のおすすめ目次

アイ・オー・データのポータブルSSD
BUFFALOの外付けSSD
BUFFALOの小型外付けSDD

目次にもどる

アイ・オー・データの外付けSSD

 PS5やPS4に対応している外付けSSD。読み込み速度はHDDの4.2倍、書き込み速度はHDDの3.8倍という結果が出ており性能は高い(読込速度500MB/秒、書き込み速度450MB/秒)。
 コンパクトで横置きと縦置きの両方が可能であるため、設置場所に困ることも少ない。
 米国の落下試験基準をクリアしており、高さ1.2mの場所から落としても耐える。落下したときの衝撃に強いのが魅力だ。  PS4やPS5だけでなくパソコンにつないで使うこともできるなど汎用性も高い。
 以前はPS4を使っており、PS5でこれから遊ぶプレイヤーにとって嬉しいのが専用アプリ「GigaCrystaPhantom」が搭載されている点。HDDにインストールされているゲームの実体だけをSSDに移動することができる。PS5本体に新たにゲームをダウンロードする必要がないのが大きな利点だ。
 文句のつけどころがない高性能な外付けSSDとなっているので、ぜひ確認してみてほしい。

目次にもどる

BUFFALOの外付けSSD

 こちらもPS5やPS4に対応している外付けSSD。テストでは一般的な外付けHDDと比較して書き込み時間が約55%短縮されたという結果が出ており、性能は悪くない。
 落下による衝撃から保存データを保護する耐衝撃設計が施されている。また、設置時などにかかる本体への衝撃は、底部の吸収剤が軽減して滑りを防止してくれる。壊れにくいよう多くの工夫がされていると言える。
 媒体に差し込む形式のコネクタも大きな特徴。コネクタへの刺激を減らすことで接続トラブルが起こる可能性を減らすことに成功している。
 値段が外付けSDDにしては安めとなっているのも魅力。ぜひ確認してみて。

目次にもどる

BUFFALOの小型外付けSDD

 PS5やPS4に対応している小型の外付けSSD。15.8×12.5×3.9cmと非常に小さく、本体重量はわずか約17g。USBのような圧倒的小ささであり直接差し込むことができる(ケーブルは必要ない)。外出する時など、持ち運びにも便利だし場所をとることもない。またストラップがとりつけられるホールもあり、紛失防止にもなる。
 読込速度600MB/秒、書き込み速度500MB/秒と性能も非常に高い(一般的なSSDであるSSD-PGCU3Cと比較しても約1,7倍も高速)。
 PS5やPS4での使い方がわかる取扱説明書までついているのも魅力。
 弱点は少し高めな値段であるが、この小ささで高性能なのだから仕方ないと言える。ぜひ確認してみてほしい。

  ゲームで勝ちたい!最強になりたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!