FPSのリスポーン・リスキルとは?詳細について


 FPSゲームでよく出てくる言葉であるリスポーンとは「敵に倒されるなどして死亡したプレイヤーがマップ上に再配置される」こと。
 マップ上にいくつかリスポーン地点が決められており、敵から遠い位置にリスポーンするように設定されていることが多い。

 リスキル(リスポーンキル)とは、「リスポーンで復活したプレイヤーを待ち伏せて何度もキルする」こと。嫌われる行為であるが、勝敗がかかっているので仕方ない。それができるマップ構造とリスポーン位置になっていることが問題である。

 また、クソリスとは、「敵から近い位置、敵の後方など、ありえない位置にリスポーンする」こと。リスポーン側が敵の後ろをとるなどして有利になることもあるが、その逆もある。クソリスが起こるマップは基本的に嫌われることが多い。

 リスポーンを把握することがFPSでは重要な戦術となる。詳細を紹介している。

FPSのリスポーンの詳細

味方がいないところから敵がわく
自分の位置で敵リスポーン位置を調整する
オブジェクトでリスポーン地点は変化する
目次にもどる

味方がいないところから敵がわく


 敵のリスポーン地点把握は重要な索敵手段の一つ。基本的には、味方がいないところがリスポーン地点になりやすい。味方の位置をミニマップなどを駆使して確認していれば、敵がどこからわくが予想がつきやすくなる。味方の位置から敵リスポーン地点の変更なども読み取れるようになるので奇襲される機会を減らすことができる。

目次にもどる

自分の位置で敵リスポーン位置を調整する。

 慣れてくれば、味方の位置にあわせて自身が移動することで、敵リスポーン利点をある程度固定することも可能となる。リスキルできるまでいかなくても、敵にとって不利になるようリスポーン地点を固定し続けることはある程度可能であることが多い。特にフルパで味方同士連絡をとりあえるなら成功しやすく強力な戦法と言える。

目次にもどる

オブジェクトでリスポーン地点は変化する。


 CODシリーズであればドミネーションなど、目標がある場合は、奪取している目標付近にリスポーンするなど、条件が追加されることが多い。同じマップでもゲームモードによって敵のリスポーン位置は変わってくるので注意しよう。

  ゲームで勝ちたい!最強になりたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!