ゲーミングチェアマット(大きさ別)のおすすめ

 身体に優しいゲーミングチェアを買ったとしても、それだけでは床には優しくない。床に傷がついたりチェアを動かした時に大きな音がするのでは快適なゲーム環境とは言えない。おすすめはゲーミングチェアマットを購入すること。
 床に傷がつくのを防ぎ、キャスターの移動がスムーズになり、移動の際の音も軽減することができる。デザインが素晴らしくゲーミング部屋を作るのに貢献してくれるものも多い。
 多くの商品があるので、その中でもおすすめのゲーミングチェアマットを大きさ別に紹介していく。

ゲーミングチェアマット(大きさ別)のおすすめ

大型のゲーミングチェアマット
標準的な大きさのゲーミングチェアマット
小型のゲーミングチェアマット

目次にもどる

大型のゲーミングチェアマット

バウヒュッテのチェアマット
 160×130cmで厚さ1.5mmとなっており、大きいゲーミングチェアマット。
 ゲーミングチェアだけでなく机もカバーすることができるのが魅力。大抵のL字デスクにも対応可能。
 裏面に滑り止め加工が施されている。椅子を移動させてもマットがズレにくくなっている。
 キャスターから床に伝わる圧力・振動を軽減する設計になっている。椅子のスムーズな移動が可能。騒音対策にも役立つ。
 素材はPVC製。撥水性があり汚れやシミに強い。水拭き可能で清潔に保つことができる。
 値段は少し高めだが、大きさを考えると仕方ない。あらゆる面で素晴らしい性能を持つ商品となっているので、ぜひ確認してみてほしい。

‎WEIDUOYIのゲーミングマットチェアマット
 160×140cmで厚さ4mmとなっており、大きいゲーミングチェアマット。
 最初に紹介した商品よりもわずかに大きいサイズであり、椅子だけでなく机もカバーすることができる。
 キャスター移動による床の傷や音を防げる他、吸着力がよくずれにくくなっている。
 洗濯機で繰り返し洗えるので清潔に保つことができる。床暖房にも適している。
 大きさや性能の割には低価格となっているのが嬉しい。コスパに優れた商品なので、ぜひ確認してみてほしい。

目次にもどる

標準的な大きさのゲーミングチェアマット

HAODEMIのチェアマット
 140×100cmで厚さ4mm。標準的な大きさとなっているゲーミングチェアマット。
 そこそこの広さがあるので、ある程度椅子を自由に動かせる。
 裏側が粘着面になっており、椅子を動かした際のズレを防止できる。
 適度な弾力の素材と二国間縫製により、床を保護することができ椅子の移動もスムーズだ。耐用年数も長くなっていて、使い続けられる商品になっている。
 性能が高く値段も普通。おすすめのゲーミングチェアマットなので、ぜひ確認してみてほしい。

Hriiiiyaのチェアマット
 140×90cmで厚さ4mm。標準的な大きさのゲーミングチェアマット。
 机のカバーは困難だが、椅子を動かせる面積をある程度確保できるのが嬉しい。
 粘着性が高く椅子を動かしてもずれにくい。丈夫で床の保護能力も高い。
 洗うことが可能で清潔に使い続けることができ、床暖房としても貢献してくれる。
 カットが可能。自宅環境に合わせて様々な形状に変えることができる。
 性能が高めで値段も安めとなっている。コスパに優れた優良商品なので、ぜひ確認してみてほしい。

目次にもどる

小型のゲーミングチェアマット

Hriiiiyaのチェアマット
 120×90cmで厚さ4mm。小型のゲーミングチェアマット。
 丈夫な素材を使っており、キャスターを移動から床を守り振動を抑えることで出す音も軽減することができる。
 防水PVC製でジュースなどが飛び散っても容易に拭き取れる。洗濯機で洗うこともできる。
 帯電防止機能もありホコリがつきづらく、掃除も簡単にすませやすくなる。
 高い性能を持つ商品でありながら値段は安い。椅子を動かせる範囲は狭くなる大きさだが、費用を抑えたいならおすすめの商品。ぜひ確認してみてほしい。

GTRacingのゲーミングチェアマット
 110×90cmで厚さ2mmとなっており、小型のゲーミングチェアマット。
 床にピタッと吸着して、椅子を移動させてもずれづらい。床を保護して傷がつくのを防いでくれる。
 ゴミが絡みにくい素材でできているので、掃除する時も楽。
 マットの素材には抗菌性銀イオンなどの成分を添加しており、抗菌・消臭効果があるのも嬉しい。
 かっこいい色とデザインなのも魅力。ゲーミングチェアとマットの色を揃えれば統一性のあるゲーミング空間を構築できる。
 値段もそれほど高くない。ぜひ確認してみてほしい商品だ。

  ゲームで勝ちたい!最強になりたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!