メカニカル式キーボード(赤軸&茶軸)について

 PCでFPS・バトロワ・TPS・アクションゲームなどをやるなら、ゲームプレイに特化したキーボードを使いたい。性能が高いメカニカル式キーボードは押した時の感触によって種類が分かれている(赤軸、茶軸、青軸など)。混乱しやすいのでキーボードの種類について紹介していく。また、メカニカル式キーボードの中でも反応速度や耐久性に優れたおすすめのものを紹介していく。

メカニカル式キーボード目次

キーボードの種類
メカニカル式ゲーミングキーボード(赤軸&茶軸)のおすすめ

目次にもどる

キーボードの種類

 ゲーミングキーボードには大きく分けて、メカニカル式、メンブレン式、静電容量無接点方式の3種類がある。

メカニカル式キーボード
 キーごとに独立した電気スイッチを内蔵しており、反応速度と耐久性が高い。一つのキーが破損したとしてもスイッチ交換すれば使い続けられる。複雑な構造となっているので値段は高め。メカニカル式はキーを押した時の感触によって、いくつかのタイプがある。

・赤軸(リニア)
 キーが押した時の反発力が小さい。つまり疲れづらい。疲れはFPSやバトロワでは成績低下につながることを考えると、個人的にはこれを選ぶのがおすすめ。カチャカチャと音を立てたくない場合にも適している。

・茶軸(タクタイル)
 キーが押した時に標準的な反発力がある。赤軸では触れただけで意図せずキー入力してしまい、それがミスにつながると考えるならこちらもアリ。ゲーミングキーボード初心者にもいいかもしれない。

・青軸(クリッキー型)
 キーが押した時に強い反発力があり、打鍵感を得たい人にはおすすめ。ただ、反発力の高さから疲れやすくなるので個人的にはあまりおすすめしない。カチャカチャ音が大きく、ゲーム配信やVCなどの邪魔になる場合もある。

メンブレン式キーボード
 2枚の接点シートが触れることでスイッチを形成する方式。構造が単純であるため安価。ただし、耐久性はあまり高くなく、長年使っているとキーを押し心地が悪くなっていくことが多い。ゲーム用にするには向いてない。

静電容量無接点方式キーボード
 メカニカル式と同様に各キーで構造が独立している。かつ電極と物理的な接点がないのが特徴。よって接合部の摩耗や抵抗がなく耐久性が高い。最後まで押し込まなくても認識するため素早くキーを押すことができる。ポテンシャルは高いが今だ商品数が少ない。

 おすすめなのはメカニカル式キーボードの赤軸または茶軸だ。その中でもおすすめなものを紹介していく。

目次にもどる

メカニカル式キーボード(赤軸&茶軸)のおすすめ


最強メカニカル式キーボード(赤軸)
 RazerのHuntsman V2は最高クラスの性能を誇る赤軸のメカニカル式キーボード(赤軸)だ。特に反応速度を重視して開発されており、市場で最高クラスのキー応答速度を誇る。また、硬く耐久性に優れた頑丈なキーキャップを採用しており長く使える商品になっている。値段は高めだが、FPSやバトロワ好きなら手に入れておいて損はない。

コスパのいいメカニカル式キーボード(赤軸)
 Razerのメカニカル式ゲーミングキーボード。このキーボードは一般的な赤軸よりもさらにキーの反発力が小さい。少し触れただけでキー入力されてしまい、使い始めは入力ミスが増えるかもしれない。だが、それは非常に素早くスイッチできるということであり、慣れればFPSやバトロワなどのゲームで強力な武器になる。値段も安めなので、ぜひ確認してみてほしい。

メカニカル式ゲーミングキーボード(茶軸)
 赤軸ではキー入力が軽すぎる場合には、茶軸となっているこのメカニカル式キーボードを選ぶのがおすすめ。独自に開発されたRomer-Gタクタイルスイッチが搭載されており反応速度に優れているので、PCでFPSをするのに向いていると言える。9個のGキーと3個のメモリーパターンキーで、最大27つのマクロ設定が可能。特にバトロワ系FPSをする場合、アイテムの使用など必要なアクジョンの種類が増加するので役立つ。値段も抑えられているのでぜひ確認してみてほしい。

  ゲームで勝ちたい!最強になりたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!