フォートナイトのツーショットショットガン

  初心者オススメ度★☆☆☆☆
中級者以上オススメ度★★☆☆☆

 フォートナイトのツーショットショットガンはチャプター3のシーズン3で追加された2点バーストのショットガンの一種。レア度、性能、使い方について紹介していく。

ツーショットショットガン目次

レア度と性能
アプデ
考察
目次にもどる

ツーショットショットガンのレア度と性能

 フォートナイトのツーショットショットガンには
レア度が★6、★5、★4、★3、★2、★1の6種が存在する。

レア度★6★5★4★3★2★1
ダメージ72×269×266×263×260×257×2
対物ダメージ35×234×232×230×229×227×2
マガジン弾数888888
リロード時間7.147.567.988.48.829.24

レア度の違い
 ツーショットショットガンはたとえ★1でも相手の耐久が100ならワントリガーキル可能。建物ありルールでは圧倒的なレア度の差はない。
ただ、ゼロビルドの場合は耐久250(体力100+シールド100+オーバーシールド50)も2トリガーで撃破可能な★3以上と★2以下に差が生まれるので注意。ゼロビルドなら★3以上をぜひ使いたいところ。

ヘッドショットについて
 ヘッドショット倍率は1.5倍

使用弾薬について
 弾薬は散弾を用いる。

目次にもどる

ツーショットショットガンのアプデ

2022年6月10日のアプデで以下のように性能が変更
・各レアリティのダメージが3上昇。

・最低ヒット弾数が増加。

・射撃精度が向上した。

目次にもどる

ツーショットショットガンの考察

 ツーショットショットガンは2点バーストであり、1発撃った後次の1発を撃つまでの時間はだいたい0.2秒。ただ後に次の弾を撃つまでにかかる時間は約1.2秒と長い。

 ストライカーポンプショットガンと比較して2発分のダメージはわずかに勝るものの大差はない。ストライカーポンプショットガンは1発撃った後すぐに建築などに隠れていいが、ツーショットショットガンは2発撃つのにかかる0.2秒の間は隠れるわけにいかないのが厳しい。また、相手が耐久100で1トリガーキルできたとしてもキルタイムは約0.2秒。ワンショットキルが可能なストライカーポンプショットガンと比べて明らかに見劣りしてしまう。
 腰撃ちでもエイム撃ちでも射撃精度がよくなくクロスヘアが大きめ。少し離れると与えるダメージが急激に落ちていく。
 マガジン弾数は8発だが、2発ずつ撃つので4トリガーしかできない。2発ずつリロードする形式だがリロード時間は長い。継戦能力も低いと言わざるを得ない。
 ツーショットショットガンは特別長所がなくストライカーポンプショットガンの劣化になりそうな武器。これしか武器がないなら拾うしかないが、そうでないなら積極的に拾うのはおすすめできない武器だ。

武器性能まとめへ戻る

page top