フォートナイトのプライマルボウ

  初心者オススメ度★☆☆☆☆
中級者以上オススメ度★★☆☆☆

 フォートナイトのプライマルボウはハンドガンの一種。レア度、性能、使い方について紹介していく。

プライマルボウ目次

レア度と性能
考察
クラフトについて
プライマルフレイムボウ
プライマルスティンクボウ
目次にもどる

プライマルボウのレア度と性能

 フォートナイトのプライマルボウはレア度★3のみ存在する。

レア度★3
ダメージ65
レート60RPM
DPS65
TTK(耐久100)約1秒
TTK(耐久150)約2秒
TTK(耐久200)約3秒
対物ダメージ45
マガジン弾数1
リロード時間0.8

ヘッドショットについて
 ヘッドショット倍率は2.5倍

使用弾薬について
 弾薬は矢じりを用いる。

アップデート
2021年4月16日のアプデ
ヘッドショット倍率が2倍→2.5倍に増加。
弓を最大まで引くのにかかる時間が約0.65秒→約0.6秒に増加。
目次にもどる

プライマルボウの考察

 プライマルボウは弓を引く時間の短縮を重視した弓だ。
ボタン押しっぱなしで矢を発射せずに弓を引き続けることが可能で、ボタンを離すと矢が発射される。その最大チャージにかかる時間が進化前のメイクシフトボウと比べ、約1.35秒→約0.60秒と半分以下に短縮されている。1発のダメージもメイクシフトボウと比べ、52→65に強化されている。
ただ、敵が耐久100(体力100+シールドなし)、耐久150(体力100+シールド50)、耐久200(体力100+シールド100)のいずれであっても、メイクシフトボウと比べてキルにかかる弾数は同じ。レートも変わっておらず、最速撃ちで次弾を撃てるまでの時間は約1秒のままであり、遅すぎるキルタイムが改善されたとは言い難い。
素早く弓の引きが最大まで完了することと威力減衰がない点を活かして、中距離以遠の敵を狙って撃っていき、チャージ中は遮蔽物や建築物に隠れるなどして、スキをカバーしていきたい。
 プライマルボウはメイクシフトボウよりは強いとはいえ、性能不足と言わざるを得ない。できれば他の武器を拾うか、更なるクラフトを行いたい。
目次にもどる

クラフトについて

 プライマルボウは落ちているものを拾うだけでなく、メイクシフトボウと動物の骨4つをクラフトすることでも手に入れられる。また、プライマルボウを更にクラフトすることもできる。
 プライマルボウと、ガス缶またはホタルのビンをクラフトすることで★4のプライマルフレイムボウが手に入る。
 プライマルボウと、スティンクサックまたはスティンクフィッシュ×3をクラフトすることで★4のプライマルスティンクボウが手に入る。
 プライマルフレイムボウとプライマルスティンクボウの基本性能は以下の通り。

レア度★5★4
ダメージ7268
レート60RPM60RPM
DPS7268
TTK(耐久100)約1秒約1秒
TTK(耐久150)約2秒約2秒
TTK(耐久200)約2秒約2秒
対物ダメージ5047
マガジン弾数11
リロード時間0.80.8

ヘッドショットについて
 ヘッドショット倍率は2.5倍

使用弾薬について
 弾薬は矢じりを用いる。

 プライマルボウと比べ、ダメージが上昇し、耐久200の敵でも3発キルが可能となっている。ちなみに★5にするには、NPCに強化してもらう必要がある。プライマルフレイムボウもプライマルスティンクボウも基礎性能は変わらないが、それぞれ特殊効果を持つので紹介していく。
目次にもどる

プライマルフレイムボウ

  初心者オススメ度★☆☆☆☆
中級者以上オススメ度★★☆☆☆

 プライマルフレイムボウは弓を最大まで引いてから発射することで、着弾の際に周囲を燃やすことができる。木を燃やすことで敵の守りを崩せる場合があるが、そこまで効果は高くない。

目次にもどる

プライマルスティンクボウ

  初心者オススメ度★☆☆☆☆
中級者以上オススメ度★★☆☆☆

 プライマルフレイムボウは弓を最大まで引いてから発射することで、着弾の際に周囲に悪臭を発生させることができる。悪臭の範囲はそれほど広くはないが、敵により多くのダメージを与えられる可能性がある。プライマルフレイムボウよりはこちらを目指すのをおすすめする。

武器性能まとめへ戻る

page top