フォートナイトのヘビーショットガン

  初心者オススメ度★☆☆☆☆
中級者以上オススメ度★★★★★

 フォートナイトのヘビーショットガンは散弾銃の一種。レア度、性能、使い方、元ネタ(モデル)について紹介していく。

ヘビーショットガン目次

レア度と性能
考察
元ネタ(モデル)&エアソフトガン
目次にもどる

ヘビーショットガンのレア度と性能

 フォートナイトのヘビーショットガンには
レア度が★5、★4の2種が存在する。

レア度★5★4
ダメージ7774
レート約60RPM約60RPM
DPS7774
TTK(耐久100)約1.0秒約1.0秒
TTK(耐久150)約1.0秒約2.0秒
TTK(耐久200)約2.0秒約2.0秒
対物ダメージ8480
マガジン弾数77
リロード時間5.65.9

レア度の違い
 ★5であれば耐久150(体力100+シールド50)も2発でキル可能。
★4であれば、3発かかり、大幅にキルタイムが伸びてしまう。
とはいえ、大きな違いはこの程度なので、★4でも十分に実用性はある。
ヘビーショットガン自体、珍しいので、★4でも★5でも必要と思うなら拾うのがおすすめだ。

威力減衰
 威力減衰は約10mを超えてからはじまり、距離が離れるごとに徐々にダメージが低下していく。
参考として★5の場合、約10mまでは77ダメージ、約15mでも64ダメージ、約20mでも51ダメージが出せる。

ヘッドショットについて
 ヘッドショット倍率は2.5倍

使用弾薬について
 弾薬は散弾を用いる。
目次にもどる

ヘビーショットガンの考察

 ヘビーショットガンはポンプショットガンに比べると威力が低い。
ヘッドショット倍率2.5倍と高いため、頭を狙えば一撃キルできる可能性もあるものの、難易度は高い。
レートは約60RPMであり、ポンプショットガン(約42RPM)に比べればマシだが、それでも遅い。
次弾発射までに約1秒もかかってしまうので、2発目を撃つのを待つだけでは、
その前にキルされてしまう危険性が高い。
よって、他のショットガン(SG)と同様に遮蔽物や建築に隠れたり、武器切り替えして追撃するなどの立ち回りが重要になってくる。
 ヘビーショットガンが優れているのは射程。
ショットガン(SG)にしては威力減衰がはじまるのが約10mであり、有効射程に優れている。
約15mでも64ダメージ、約20mでも51ダメージを出せるのを確認しており、20m程度までの距離なら十分実用性があると言える。
よって、少し距離をとった状態で交戦し、
1発撃ったら建築で隠れる立ち回りを繰り返すヒットアンドアウェイ戦法で力を発揮する。
 マガジン弾数は7発と多くはないが、威力を考えれば、そこまで不足はしていない。
ただ、残弾0からのリロードには★5でも約5.6秒もかかってしまう。
リロードキャンセル(武器切り替え→すぐに元の武器切り替え)を駆使しつつ、小まめにリロードすることが大切だ。
 ヘビーショットガンを有効に使うには射撃技術だけでなく、建築や武器切り替えを戦況をみて行う必要がある。
初心者にはおすすめできないが、実力者が使えば強力な武器だ。

武器性能まとめへ戻る

page top


目次にもどる

ヘビーショットガンの元ネタ(モデル)

 フォートナイトで登場するヘビーショットガンの元ネタはKSGというショットガン(SG)だ。
アメリカのKel-Tec CNC社が開発した12番径ブルパップ方式ポンプアクション散弾銃。警備・保身を想定している。
銃身の下に備えた2つのチューブラーマガジンから供弾されるのが特徴。レバーを片側に切り替えることで、それぞれのマガジンから弾が贈られる。リロードせずに撃てる弾を増やすだけでなく、片方のマガジンに散弾、もう片方にスラグ弾を入れておき、戦況にあわせて撃ち分けることも可能となっている。レバーを中央にすることで、薬室に直接手動で1発装填することも可能。
このKSGのエアソフトガンがある。
 3発または6発のBB弾を同時に発射できるエアソフトガン。相手の距離にあわせて同時発射数を切り替えられるという点は、実銃を可能な限り再現しようとした結果だろう。
実物から採寸しており、各パーツの細部デザインもしっかりと再現している。
アウターバレル上部のロングマウントレイルや、下部のアンダーマウントレイルには、20mm幅のレールに対応したオプションパーツがとりつけ可能でカスタマイズ性も高い。
とことん再現にこだわった完成度の高いエアソフトガンなので、ぜひ確認してみてほしい。