COD VのWHITLEYの性能とカスタム

  初心者オススメ度★☆☆☆☆
中級者以上オススメ度★★☆☆☆


 COD VのWHITLEYは高威力低レートのライトマシンガン(LMG)だ。
シーズン2(2022年2月15日頃開始)のバトルパスのティア31でアンロックできる。
性能の詳細、おすすめのアタッチメントやカスタムについて紹介していく。

WHITLEYの目次

性能と立ち回り
アプデ

マズル
バレル
サイト
ストック
アンダーバレル
マガジン
弾薬タイプ
リアグリップ
熟練度
キット

おすすめカスタム

WARZONEのWHITLEY考察へ

目次にもどる

WHITLEYの性能と立ち回り

現在の性能
 COD VのWHITLEYは、レートが550.5RPM、有効射程は約55.88mでダメージ40。3発キルが可能でキルタイムは約0.21秒とそこそこ。頭に1発当てた場合は残りをどこに当てても2発キルとなるので強力(キルタイム約0.108秒)。

 ダメージ増加マガジンをつけても3発キルのままで、キルタイム約0.23秒、頭に1発当ててもキルタイム約0.11秒に弱体化する。

 反動は以下の通り。

反動は右上方向。上反動は小さいが、右反動が大きい。アタッチメントで横反動を軽減してやりたい。

 弾速は930m/秒(全LMG同じ)。アサルトライフル(833m/秒)よりわずかに優れており、サブマシンガン(353m/秒)より圧倒的に速い。
 エイム速度は0.475秒でライトマシンガンの中でも一番遅い。いくら火力があるといっても敵を見つけてからエイムをあわせたのでは返り討ちにあうことも多い。

 エイム中歩行速度もライトマシンガンの中で最遅。アタッチメントで強化してやりたい。
 腰撃ち精度もライトマシンガン(LMG)の中で最も悪い。よほどの至近距離でない限り腰撃ちをしてはならない。
 マガジン弾数は80発と多めで連戦は余裕でこなせる。リロードは4.5秒と長めな点には注意。必須級のダメージ増加マガジンをつければマガジン弾数150発になるので、継戦能力は非常に高いと言える。

 WHITLEYは以前はダメージ増加マガジンがあれば非常に高い火力が出せた。現在は火力も出せず、取り回しも最悪レベル。なんのとりえもない弱武器になってしまった。

目次にもどる

アプデ

2022年5月11日のアプデで以下のように性能が変更
.303ブリティッシュ 45ラウンドマガジン
・ダメージが-30%→-22.5%。よって、ダメージ値が28→31に強化。

・有効射程距離が-20%→-30%に弱体化。

ダメージ減少がマシになり、胸か腹に3発当てれば3発キルできる(キルタイム約0.19秒)。ホローポイント弾もつければ、どこに当てても3発キルとなる。他の強武器と比べれば劣るキルタイムだが、WHITLEYのアタッチメントの中では選択肢になる。

2022年4月01日のアプデ
.50 BMG 150ラウンドマガジンが調整。
・ダメージが+70%→+10%に弱体化

・乗り物ダメージが+70.6%→+11.8%に弱体化

・有効射程距離が+20%→+30%に強化

・連射速度が-22.1%→-6.8%に強化

・エイム速度が-13.7%→-8.6%に強化

・垂直反動制御が-29.5%→-20%に強化

・水平反動制御が-29.5%→-20%に強化

強化項目も多いものの、2発キルできなくなったのが致命的なので総合的には大きく弱体化した。キルタイムは以前は約0.139秒を出せたが今は約0.23秒しか出せず、通常弾に劣る。しかもエイム速度や反動も悪化度が減少したとはいえ、下がることにかわりはない。つけるメリットがほとんどなくなってしまった。
2発キルできた武器が3発キルになると大幅にキルタイムが変化してしまう。個人的には2発キルはそのままにレートを下げて調整してほしかった。

WHITLEYのアタッチメント

 WHITLEYにガンスミスでつけられるアタッチメントについて紹介する。
おすすめのアタッチメントを選んでみたので、ぜひ使ってみてほしい。

目次にもどる

WHITLEYのマズル

リコイルブースター(おすすめ)
長所…連射速度+5.8%
短所…水平反動制御-3.8%

F8スタビライザー
長所…有効射程距離+10%
   水平反動制御+7.1%
短所…ダッシュ後射撃速度-5.0%
   腰撃ち時の命中率-4.0%

Lブレーキ
長所…水平反動制御+3.6%
短所…なし

マーキュリーサイレンサー(超おすすめ)
長所…消音(発砲時にコンパスに赤点表示されない)
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+1.2%
短所…有効射程距離-10%

G28コンペンセーター
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+1.2%
短所…なし

イスコヴフラッシュハイド
長所…マズルフラッシュ抑制
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+1.2%
短所…エイム速度-4.0%

MXサイレンサー(超おすすめ)
長所…消音(発砲時にコンパスに赤点表示されない)
   水平反動制御+3.6%
短所…エイム速度-4.2%

考察
 サイレンサー系アタッチメントで消音&反動抑制を行うのがおすすめ。
 リコイルブースターで火力を上げるのも選択肢。

目次にもどる

WHITLEYのバレル

 WHITLEYだけでなく全ての武器に言えることだが、バレルは長所も短所も極端に大きいので、特に考慮して選びたい。

28 グレイシー MK9(おすすめ)
長所…垂直反動制御+40.0%
   水平反動制御+45.0%
   エイム時のブレ制御+52%
   ひるみ軽減+40%
短所…移動速度-8%
   ダッシュ後射撃速度-30%
   エイム時間-9.9%

考察
 デメリットもあるが、大きく反動軽減できるアタッチメント。中距離以遠での戦闘を重視するならおすすめ。

16 CGC シュラルド(おすすめ)
長所…連射速度+23.9%
   エイム中歩行速度+20.0%
   ダッシュ後射撃速度+10%
   エイム時間+16.6%
短所…有効射程距離-30%
   弾丸速度-30%
   垂直反動制御-50%
   水平反動制御-25%

考察
 エイム速度、エイム中歩行速度、キルタイムが向上するが、デメリットが痛い。特に反動の上昇量が異常だ。
 だが、ダメージ増加マガジンが弱体化したので、高い火力を出すならこのアタッチメントを採用するしかなくなった。キルタイム約0.17秒を出すことが可能となる。

20ラグドールRE2(おすすめ)
長所…有効射程距離+60%
   弾丸速度+40%
   水平反動制御+10%
短所…ダッシュ後射撃速度-20%
   腰撃ち命中率-20%

考察
 エイム速度を下げずに射程強化しつつ水平反動も軽減できるので、遠距離を重視するならおすすめのアタッチメントの一つ。デメリットも腰撃ち精度については元から悪すぎるのでこれ以上悪くなったところでそれほど影響はない。

26グレイシーラピッド
長所…有効射程距離+98.2%
   垂直反動制御+53.9%
   水平反動制御+1.3%
短所…ダメージ-32.5%
   バイタルダメージ-33.3%
   乗り物へのダメージ-32.4%
   ダッシュ後射撃速度-25%
   エイム時間-17.7%

考察
 ダメージ低下のデメリットが大きすぎるのでおすすめできない。

目次にもどる

WHITLEYのサイト

サタン 1.35Xレンズ(おすすめ)
長所…1.35倍ミニチュアレンズスコープで精密照準。
短所…なし

MK8リフレクター
長所…1.35倍フレームレスグラスサイトで精密照準。
短所…なし

単眼リフレクター
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイトで精密照準。
短所…なし

ZF4 3.5Xライフルスコープ(おすすめ)
長所…3.5倍コンパクトスコープで精密照準。
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+134.3%
短所…エイム時間-4%

スレートリフレクター
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイト(小)で精密照準。
短所…なし

G16 2.5X
長所…2.5倍コンパクトスコープ
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+128.6%
短所…エイム時間-4.1%

ナイダーモデル47
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイトで精密照準。
短所…なし

M38MOD.2 7.0Xテレスコープ
長所…スナイパーテレスコープ7倍。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+151.4%
短所…エイム時間-8.3%
   敵がスコープの反射を視認可能。

M38/スレート 2.5Xカスタム
長所…1.35倍リフレクターおよび2.5倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+151.4%
短所…エイム時間-6.5%

SVT-40 PUスコープ3-6X(おすすめ)
長所…3.0倍サンフィルターおよび6.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+151.4%
短所…エイム時間-4%

ZC2 1.35Xレンズ
長所…1.35倍ミニチュアレンズスコープで精密照準。
短所…なし

M19 4.0Xフリップ
長所…1.5倍サンフィルターおよび4.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+151.4%
短所…エイム時間-6.5%

MK3サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

MK.3リフレクター
長所…1.35倍レクタンギュラーグラスサイトで精密照準。
短所…なし

MK.12ナイトビジョン
長所…ナイトビジョン3倍で暗闇の視野が向上
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+151.4%
短所…エイム時間-6.5%

九九式 10.0Xテレスコープ
長所…10倍ヘビースコープ
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+151.4%
短所…エイム時間-8.3%
   敵がスコープの反射を視認可能。

MK18 サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

シライシTYPE-05(大)(おすすめ)
長所…エイム時間+2%。
   オルタネイト アイアンサイトコンストラクション
短所…なし

1913ヴァリアブル4-8X
長所…4.0倍サンフィルターおよび8.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+151.4%
短所…エイム時間-8.3%
   敵がスコープの反射を視認可能。

タイプ97 5Xテレスコープ
長所…スナイパーテレスコープ5倍。
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+186.9%
短所…エイム時間-4%
   エイム時移動安定性とエイム安定性が低下
   敵がスコープの反射を視認可能。

MK3 MOD.2サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

シライシカスタム TYPE-15(おすすめ)
長所…エイム時間+2%。
   オルタネイト アイアンサイトコンストラクション
短所…なし

1229/スレート 3.25Xカスタム
長所…1.35倍リフレクターおよび3.25倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+79.4%
短所…エイム時間-6.5%

考察
 WHITLEYのアイアンサイトは比較的見やすい。

ただ、せっかくサイトをつけられるので何か一つつけたい。
 弱点であるエイム速度を少しでも改善したいなら、シライシカスタム TYPE-15やシライシTYPE-05(大)をつけるといい。デフォルトのアイアンサイトとほぼ視認性は変わらず、エイム速度を上げることができる。
 視認性を重視するなら、サイト面積が広めで視認性がいいMK3サンフィルター、サタン 1.35Xレンズ、MK3 MOD.2サンフィルター、MK3 MOD.2サンフィルターがおすすめ。
 遠距離戦を重視するなら、ZF4 3.5ライフルスコープやSVT-40 PUスコープ3-6Xも選択肢。倍率が高いので遠くにいる敵も撃ちやすく、光を視認されずにすむので見つかりづらい。

目次にもどる

WHITLEYのストック

グレイシー EM3(超おすすめ)
長所…エイム中歩行速度+25%
   エイム時間+3.8%
   垂直反動制御+3.5%
   センタリング速度+10%
短所…ダッシュ後射撃速度-10%
   水平反動制御-3.4%
   腰撃ちの命中率-15.0%

クーパーアジャスタブル
長所…移動速度+2%
   ダッシュ後射撃速度+10%
短所…垂直反動制御-5,4%
   水平反動制御-3.0%

グレイシーEK8(超おすすめ)
長所…エイム中歩行速度+4%
   エイム時間+7.6%
   水平反動制御+10.5%
短所…移動速度-4%
   ダッシュ後射撃速度-5%
   腰撃ち時の命中率-10%

CGC R4
長所…移動速度+2%
   垂直反動制御+13.6%
   水平反動制御+13.8%
   移動速度+2%
   センタリング速度+10%
   ひるみ軽減+20%
短所…ダッシュ射撃速度-15%
   エイム時間-4%
   腰撃ち時の命中率-20%

CGC R2 パッド
長所…垂直反動制御+5.6%
       水平反動制御+14.8%
   ひるみ軽減+20%
短所…移動速度-4%
   エイム時ブレ制御-30%

考察
 この枠では取り回しを強化しておきたい。
 特におすすめなのは取り回しを改善しつつ、WHITLEYの弱点である右反動を軽減できるグレイシーEK8。
 エイム中歩行速度を重視するのであれば、グレイシー EM3も選択肢。


目次にもどる

WHITLEYのアンダーバレル

MARK VI スケルトン(おすすめ)
長所…エイム速度+3.8%
短所…なし

カーヴァーフォアグリップ
長所…垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+2.5%
   腰撃ち時の命中率+4%
短所…エイム速度-4.2%

SMLEハンドガングリップ
長所…ダッシュ後射撃速度+10%
   腰撃ち時の命中率+4.0%
短所…垂直反動制御-5.0%
   水平反動制御-5.0%

M1930ストライフアングル
長所…水平反動制御+7.1%
   エイム安定性・エイム時移動安定性を上昇。
短所…ダッシュ後射撃速度-5%

バイポッド
長所…武器マウント/しゃがみ・伏せ撃ち時の武器の反動制御。
短所…ダッシュ後射撃速度-5%

GF-59フラッシュライト
長所…敵ネームプレート視認距離が上昇。
短所…光で敵から見つかりやすくなる。

M1941ハンドストップ(おすすめ)
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
短所…腰撃ちの命中率-4%

ヘビーフォアグリップ
長所…センタリング速度+10%
   エイム時のブレ制御+10.0%
短所…なし

考察
 M1941ハンドストップで反動を抑えるか、MARK VI スケルトンでエイム速度を上げるのがおすすめ。

目次にもどる

WHITLEYのマガジン

 WHITLEY以外の他の武器にも言えることだが、マガジンは長所も短所も極端に大きいので、特に考慮して選びたい。

.303ブリティッシュ 45ラウンドマガジン(おすすめ)
長所…連射速度+18.5%
   移動速度+2%
   エイム時間+8.2%
   垂直反動制御+25%
   水平反動制御+25%
   腰撃ち時の命中率+4%
   リロード速度+20%
短所…ダメージ-22.5%
   有効射程距離-30%
   弾丸速度-20%
   乗り物へのダメージ-20.6%
   マガジン装弾数-43.8%
   開始時の弾薬-6.3%
   装弾数-6.3%
   貫通力-62.5%

考察
胸か腹に3発当てれば3発キルできる(キルタイム約0.19秒)。ホローポイント弾もつければ、どこに当てても3発キルとなる。射程や弾速の低下は痛いが選択肢になるアタッチメント。

.50 BMG 150ラウンドマガジン
長所…ダメージ+10%
   有効射程距離+30%
   弾丸速度+20%
   乗物へのダメージ+11.8%
   リロード時間が4.5秒→4.3秒
   マガジン装弾数+87.5%
   開始時の弾薬+87.5%
   装弾数+87,5%
   貫通力+25%

短所…連射速度-6.8%
   移動速度-2.0%
   エイム速度-8.6%
   垂直反動制御-20%
   水平反動制御-20%
   腰撃ち時命中率-15%

考察
 アプデで大幅に弱体化。ダメージが増加しても3発キルのままでレートが下がるため、キルタイムは約0.21秒→約0.23秒に悪化する。反動やエイム速度も悪化。弾が増える以外のメリットがないゴミアタッチメントに変貌してしまった。

.30-06 45ラウンドマガジン
長所…リロード速度が4.5秒→3.6秒

短所…マガジン装弾数が80発→45発に低下
   開始時の弾薬-6.3%
   装弾数-6.3%

考察
 どうして、0.9秒のリロード時間短縮でマガジン弾数が35発も減るのだろうか?話にならない。おすすめできない。

.30-06 120ラウンドマガジン
長所…リロード速度が4.5秒→4.3秒
   マガジン装弾数が80発から120発に増加
   開始時の弾薬+50%
   装弾数+50%

短所…移動速度-1%
   エイム時間-6.3%

考察
 マガジン弾数は80発あれば十分。だが、この枠のアタッチメントの中ではデメリットが小さめなので、どうしても何かつけたい人はこれをつけるといい。一番おすすめなのはこの枠には何もつけないことだ。

目次にもどる

WHITLEYの弾薬タイプ

フランジブル弾
長所…敵の治療を遅らせる
   敵の脚に命中すると動きが鈍くなる
短所…なし

FMJ弾
長所…貫通力+25%
短所…なし

長尺弾(おすすめ)
長所…弾丸速度+30%
短所…なし

ホローポイント弾
長所…手足へのダメージ向上
短所…有効射程距離-10%

徹甲弾
長所…乗物へのダメージ+58.6%
短所…なし

焼夷弾
長所…焼夷弾ダメージ
短所…弾丸速度-10%
   有効射程距離-5%

亜音速弾(おすすめ)
長所…ミニマップピンなし(発砲時にコンパスに赤点表示されない)。
   発射の被視認性
短所…弾丸速度-10%

考察
 遠距離の敵も狙っていきたいので、敵への弾丸到達時間を短くできる長尺弾が無難。
 マズル枠で消音していない場合、この枠で亜音速弾を選び発砲時の赤点表示を消すのも選択肢。

目次にもどる

WHITLEYのリアグリップ

ファブリックグリップ
長所…エイム速度+3.9%
   ダッシュ後射撃速度+5.0%
   腰撃ち時の反動回復
短所…水平反動制御-3.8%

ラバーグリップ
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+2.4%
短所…なし

レザーグリップ(おすすめ)
長所…エイム速度+3.9%
短所…なし

パインタールグリップ
長所…垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+2.5%
   腰撃ち時の命中率+4%
短所…エイム速度-4.1%

スティップルグリップ(おすすめ)
長所…撃った直後の反動が軽減
   センタリング速度+20%
短所…なし

グループグリップ
長所…エイム中歩行速度+10%
   水平反動制御+7.1%
短所…ダッシュ後射撃速度-5%
   エイム時間-4.1%

テープグリップ
長所…エイム時のブレ制御+21.4%
   武器の切替速度
短所…なし

粒状グリップ
長所…エイム中歩行速度+5.0%
   エイム時のブレ制御+19%
短所…なし

ハッチグリップ
長所…水平反動制御+3.6%
短所…なし

ポリマーグリップ
長所…ひるみ耐性+40.0%
   連射中の命中率と反動を改善。
短所…なし

考察
 スティップルグリップで撃ち始めの反動を抑えるか、レザーグリップでエイム速度を上げるのがおすすめ。
目次にもどる

WHITLEYの熟練度

ディスカード
長所…撃ち切り後のリロード速度が向上。
短所…なし

ハードスコープ
長所…エイム後の命中率が短時間上昇。
短所…なし

ディスマントル
長所…乗物とキルストリークに対するダメージが向上。
短所…なし

スライハンド
長所…リロード速度+1。
短所…なし

フレンジー(超おすすめ)
長所…キル後に体力自動回復
短所…なし

冷淡な仕打ち
長所…負傷状態でのリロード速度+1。
   負傷/制圧射撃中の命中率と反動
短所…なし

考察
 この枠はフレンジーがおすすめ。敵を倒せば回復するので弾さえあれば連戦対応は容易。
 マガジン弾数は十分あるので、フレンジーがあれば複数人の敵を返り討ちにすることも可能となる。

目次にもどる

WHITLEYのキット

オンハンド(おすすめ)
長所…装備使用後のクールダウンタイムが短縮
短所…なし

サープラス
長所…キルXPが上昇。
短所…なし

高速近接
長所…近接攻撃速度が向上。
短所…なし

ディーププレス
長所…息を止めていられる時間が上昇。
短所…なし

フルロード(おすすめ)
長所…開始時の最大弾薬数最大
短所…なし

ディフェンダー(おすすめ)
長所…武器マウント時の動きと使用時間を向上。
短所…なし

リーチ
長所…近接攻撃範囲が向上。
短所…なし

ヘビーヒッター
長所…近接スタンパワーを付与
短所…なし

考察
 この枠はあまり重要ではないので、好きなものを選んでいい。
 装備使用後のクールダウンを短くできるオンハンド、弾を増やせるフルロード、マウント時の動きを改善するディフェンダーなどが選択肢となる。

目次にもどる

WHITLEYのおすすめカスタム

メイン武器…WHITLEY
・リコイルブースター(マズル)
・28グレイシーMK9(バレル)
・MK18 サンフィルター(サイト)
・グレイシーEK8(ストック)
・MARK VI スケルトン(アンダーバレル)
・なし(マガジン)
・亜音速弾(弾薬タイプ)
・レザーグリップ(リアグリップ)
・フレンジー(熟練度)
・オンハンド(キット)

考察
 反動軽減と奇襲性を意識したWHITLEYカスタム。

 リコイルブースターをつけてキルタイムを約0.2秒に向上。後のアタッチメントは消音と反動軽減アタッチメントを多くつけた。反動についてはかなり小さく抑えられており、銃身を左下に下げながら撃っていけば遠距離の敵も容易に狙える。
 キルタイムは速くはなく、撃ち合いすると負けることも多い。できるだけ中距離以遠から消音を活かした奇襲を行っていきたい。

武器まとめへ戻る

WARZONEのWHITLEY考察へ

COD Vのpage top