COD V(ヴァンガード)のモロトフについて

  初心者オススメ度★★☆☆☆
中級者以上オススメ度★★★☆☆


 COD V(ヴァンガード)のリーサルのモロトフは、着弾時に爆発する強化焼夷弾だ。

モロトフの性能と使い方

 モロトフは着弾後、約8秒間、周囲だいたい3mを燃やすリーサルだ。

 特性が似ているテルミットと比べると、わずかに攻撃範囲が広くダメージを与えやすいのが利点。
 ただし、攻撃力は劣る。モロトフは着弾地点から距離約2m以内に敵がいればキルできる。距離や当たり方によりキルにかかる時間はやや前後するが、おおむね2.1~2.4秒程度でキルが可能。テルミットであれば約2.5m以内で約1.5秒たてばキルできることを考えるとかなり攻撃力不足。
 テルミットと同じく燃焼ダメージであるため、対策パークがないのは利点(フォーティファイドは燃焼ダメージは防げない)。
 また、約8秒も燃える上、攻撃範囲が広いので、敵の通り道や目標に投げ込んで封鎖し、時間稼ぎを行うこともできる。
 モロトフはテルミットと比べて攻撃力とキル可能ダメージ範囲で劣る。あまりおすすめできないリーサルだ。



装備まとめへ戻る

COD V(ヴァンガード)のpage top