COD V(ヴァンガード)のデッドサイレンスについて

  初心者オススメ度★★★★★
中級者以上オススメ度★★★★★


 COD V(ヴァンガード)のデッドサイレンスはフィールドアップグレードの一つ。一時的の足音を抑え、偵察機、敵のインテル、フィールドマイクに感知されなくなる。銃、近接、投げナイフキルにより持続時間がリセットされる。
リチャージ速度:高

デッドサイレンスの性能と使い方

 デッドサイレンスの足音を抑える効果については、デッドサイレンスなしでもあまり足音が聞こえないため、そこまで恩恵はない。
 重要なのは偵察機、敵のインテル、フィールドマイクに感知されなくなる点。しかも、ゴーストと異なり「移動中」という条件もない。よって特に機動性が低い武器を使ったり、一か所にとどまるような立ち回りをするならゴーストより有用。敵が偵察機やインテルを使ったタイミングで使用していくといい。
また、敵に「位置情報探知」を出された場合も、ゴーストと同じように赤点表示はされるが向きはばれずにすむ。
 効果時間は約15秒だが、敵を銃、近接、投げナイフでキルすることでリセット可能。できるだけ交戦前に使用することで効果を長く使うことができる。なぜか投げナイフ以外の装備でのキルではリセットできない点に注意。
 デッドサイレンスはリチャージ速度も速く、効果も非常に優秀。フィールドアップグレードの中でも有力な選択肢の一つと言える。


フィールドアップグレードまとめへ戻る

COD V(ヴァンガード)のpage top