COD Vのダブルバレルの性能とアタッチメント

  初心者オススメ度★★☆☆☆
中級者以上オススメ度★★★★★


 COD V(ヴァンガード)のダブルバレルは2連発が可能なショットガン(SG)だ。
性能の詳細、おすすめのアタッチメントやガンスミスについて紹介していく。

ダブルバレルの目次

性能と立ち回り
アプデ

マズル
バレル
サイト
ストック
アンダーバレル
マガジン
弾薬タイプ
リアグリップ
熟練度
キット

おすすめカスタム1
おすすめカスタム2

目次にもどる

ダブルバレルの性能と立ち回り

現在の性能
 COD V(ヴァンガード)のダブルバレルは、ダメージが20、レート300RPMで有効射程は5.08mとなっている。ダメージ20だと・・弱すぎ!と思うかもしれないが、実際は、約7mの距離までワンショットキルが可能。
 この記事で示すキル距離はエイムした状態で胴体を撃った場合となっている。散弾を放つため当て方によってもキル距離が変わってくるので注意。

 2発キル射程は約18m。2発キルでもキルタイム約0.2秒とそこそこ速い。

 ただ、マガジン弾数はたったの2発。リロード時間が3秒と標準的な長さはあり、2発で仕留められなかった時点で非常に不利となる。きっちり弾を当てることと連戦を避けることを徹底する必要がある。

 弾速は365m/秒(全SG同じ。SMGより少し速い程度)。中距離以遠も狙えるカスタムにした時には十分注意しよう。

 1マガジン5発を撃った時の反動は以下の通り。

反動は左右にはあまりなくほぼ上方向のみ。反動は大きいので、しっかり銃身を下げて反動制御しよう。

 エイム速度は0.35秒でショットガン(SG)の中でも遅い。遭遇戦では先手をとられやすいので、しっかり索敵を行いたい。
 エイム中歩行速度もSGの中では遅めだが、それでもアサルトライフル平均レベル程度はある。
 腰撃ち精度はSGの中では良く、アタッチメントで強化すれば遭遇戦で力を発揮する。デュアルもあるので、腰撃ち特化カスタムを作ることもできる。
 ひるみ耐性は全てのショットガンに言えることだが非常に優秀。アタッチメントの短所でひるみ軽減値を下げてしまっても影響はほとんどない。

 ダブルバレルはワンショットキル距離がそこそこ長く2連発できるのが強力。特にデュアルにすると近距離戦で圧倒的な強さを誇る。SGの中では最強だと思う。

目次にもどる

アプデ

2021年11月のアプデで以下のように性能が変更
・全てのショットガンで、射程距離、ペレットの拡散、腰撃ちのペナルティ、バグなどが調整された。

ダブルバレルのアタッチメント

 ダブルバレルにガンスミスでつけられるアタッチメントについて紹介する。
おすすめのアタッチメントを選んでみたので、ぜひ使ってみてほしい。

目次にもどる

ダブルバレルのマズル

M97フルチョーク(おすすめ)
長所…ペレットのばらつき減少
   腰撃ち時の命中率+15%
短所…なし

G28コンペンセーター
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+1.2%
短所…なし

A5スムーズボア
長所…ペレットのばらつき増加
短所…腰撃ち時の命中率-10%

ズール16ブレーキ
長所…水平反動制御+3.6%
短所…なし

考察
 M97フルチョークがおすすめ。ペレットのばらつきを減少させることでワンショットキルしやすくなる。

目次にもどる

ダブルバレルのバレル

 ダブルバレルだけでなく全ての武器に言えることだが、バレルは長所も短所も極端に大きいので、特に考慮して選びたい。

ウィルキーLJ-24プレシジョン
長所…バイタルダメージ+77.3%
   水平反動制御+40%
短所…ダメージ-15%
   乗物へのダメージ-15%
   ダッシュ後射撃速度-9.9%

考察
 通常ダメージが減るので話にならない。おすすめできない。

ウィルキーハンツマン(おすすめ)
長所…射程距離+20%
   垂直反動制御+30%
   水平反動制御+40%
短所…ダッシュ後射撃速度-9.9%
   腰撃ち命中率-20%

考察
 射程が強化される。反動制御されることで2連射する場合も当てやすくなる。エイム撃ちメインの運用ならおすすめ。

ソードオフ
長所…ペレットのばらつき増加
   ダメージ+40%
   バイタルダメージ+36.4%
   乗物へのダメージ+40%
   移動速度+4%
   エイム中歩行速度+8%
短所…垂直反動制御-50%
   水平反動制御-50%
   有効射程距離-30%
   腰撃ち命中率-100%

考察
 ペレットのばらつき増加、反動増加、腰撃ち精度の致命的な低下が大きな悪影響をもたらす。おすすめできない。

LJ-18ディフェンダー(おすすめ)
長所…ダメージ+20%
   腰撃ちダメージが向上
   有効射程距離+20%
   バイタルダメージ+18.2%
   乗物へのダメージ+20%
短所…腰撃ち時命中率-25.0%

考察
 腰撃ちメインならおすすめのアタッチメント。有効距離内では多少直撃から外れても腰撃ちでキルが取れるようになる。なぜか腰撃ち精度が下がるが他アタッチメントで補うことはできる。

目次にもどる

ダブルバレルのサイト

ZC2 1.35Xレンズ
長所…1.35倍ミニチュアレンズスコープで精密照準。
短所…なし

MK8リフレクター
長所…1.35倍フレームレスグラスサイトで精密照準。
短所…なし

MK3サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

MK3 MOD.2サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

G16 2.5X
長所…2.5倍コンパクトスコープ
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+83.3%
短所…エイム時間-4.0%

ナイダーモデル47
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイトで精密照準。
短所…なし

スレートリフレクター
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイト(小)で精密照準。
短所…なし

1913ヴァリアブル4-8X
長所…4.0倍サンフィルターおよび8.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+70%
短所…エイム時間-8%
   敵がスコープの反射を視認可能。

M38/スレート 2.5Xカスタム(おすすめ)
長所…1.35倍リフレクターおよび2.5倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+70%
短所…エイム時間-6.3%

1229/スレート 3.25Xカスタム(おすすめ)
長所…1.35倍リフレクターおよび3.25倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+9.4%
   エイム時のブレ制御+70%
短所…エイム時間-6.3%

サタン 1.35Xレンズ(おすすめ)
長所…1.35倍ミニチュアレンズスコープで精密照準。
短所…なし

単眼リフレクター
長所…1.35倍サーキュラーレンズサイトで精密照準。
短所…なし

ZF4 3.5Xライフルスコープ(おすすめ)
長所…3.5倍コンパクトスコープで精密照準。
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+80%
短所…エイム時間-4.0%

MK.3リフレクター
長所…1.35倍レクタンギュラーグラスサイトで精密照準。
短所…なし

SVT-40 PUスコープ3-6X(おすすめ)
長所…3.0倍サンフィルターおよび6.0倍スコープに切り替え可能。
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
   エイム時のブレ制御+70%
短所…エイム時間-4.0%

MK18 サンフィルター(おすすめ)
長所…1.5倍フレームサイトウィンドウで精密照準。
短所…なし

考察
 ダブルバレルのサイトは邪魔な枠もなく見やすいほう。

ただ、サイトは何か一つはつけたい。
 視認性に優れたMK3サンフィルター、サタン 1.35Xレンズ、MK3 MOD.2サンフィルター、MK3 MOD.2サンフィルターがおすすめ。
 デュアルにする場合には、M38/スレート 2.5Xカスタム、1229/スレート 3.25Xカスタムをつけてみてもいい。垂直反動制御や水平反動制御の効果が腰撃ちにも適用されるかもしれない。ただし何度か試し撃ちした感じでは大して変化がなかったので、つけなくてもほぼ支障はない。

目次にもどる

ダブルバレルのストック

スケルトンチョップ
長所…移動速度+2%
   ダッシュ後射撃速度+10.2%
短所…垂直反動制御-10%
   水平反動制御-10%

ガウェインスケルトン
長所…垂直反動制御+13.6%
       水平反動制御+13.8%
   センタリング速度+10%
   ひるみ軽減+20%
短所…腰撃ち命中率-4.0%
   ダッシュ後射撃速度-14.8%

ストックなし(超おすすめ)
長所…移動速度+2%
   ダッシュ後射撃速度+10.2%
   腰撃ち命中率+10%
短所…エイム速度-8.3%
   垂直反動制御-10.2%
   水平反動制御-10.3%

SA 12R(超おすすめ)
長所…エイム速度+3.7%
   撃ち始めの命中率と反動が改善。
   センタリング速度+10%
短所…腰撃ち精度-5%

SAウェイト
長所…伏せ撃ち姿勢時、しゃがみ姿勢時、武器固定時の安定性が向上。
   連射中の命中率と反動が改善。
短所…移動速度-4%

ウィルキーマークスマン(超おすすめ)
長所…エイム中歩行速度+5%
   エイム速度+7.4%
   水平反動制御+10.5%
短所…移動速度-8%
   ダッシュ後射撃速度-4.9%
   腰撃ち時の命中率-5%

考察
 デュアルにしないなら、エイム速度が上げられるSA 12Rかウィルキーマークスマンがおすすめだ。
 デュアルにするなら腰撃ち精度と移動速度を上げられるストックなしがおすすめ。エイム速度低下のデメリットを無視できるのが強力。


目次にもどる

ダブルバレルのアンダーバレル

M1930ストライフアングル
長所…水平反動制御+7.1%
   エイム安定性・エイム時移動安定性を上昇。
短所…ダッシュ後射撃速度-4.9%

カーヴァーフォアグリップ
長所…垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+2.5%
   腰撃ち時の命中率+4%
短所…エイム速度-4.3%

MARK VI スケルトン(おすすめ)
長所…エイム速度+3.7%
短所…なし

GF-59フラッシュライト
長所…敵ネームプレート視認距離が上昇。
短所…光で敵から見つかりやすくなる。

SMLEハンドガングリップ
長所…ダッシュ後射撃速度+10.2%
   腰撃ち時の命中率+4.0%
短所…垂直反動制御-5.0%
   水平反動制御-5.0%

M1941ハンドストップ
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+4.8%
短所…腰撃ちの命中率-4%

M1915ステディ
長所…腰撃ち命中率+4.0%
短所…なし

考察
 デュアルにしないなら、MARK VI スケルトンでエイム速度を上げておくのがおすすめ。
 デュアルにした場合はこの枠は選択できない。

目次にもどる

ダブルバレルのマガジン

 ダブルバレル以外の他の武器にも該当するが、マガジンは長所も短所も極端に大きいので、特に考慮して選びたい。

16ゲージ(超おすすめ)
長所…連射速度+7.5%
   移動速度+2%
   エイム速度+5.7%
   垂直反動制御+10%
短所…有効射程距離-50%
   貫通力-100%

考察
 説明文には「ペレット数が多く・・」と書いてあるが、実はペレット数の数は通常と同じ8である。これで射程が-50%だと・・。終わった・・と思った。
 だが、全く原理は不明だが、一撃キル距離が約7m→約9m、二撃キル距離が約18m→約20mに向上しており、実際のところ射程低下のデメリットがない。反動軽減、移動速度・連射速度アップ、エイム速度強化と長所はてんこ盛り。ほぼ完全無欠の最強アタッチメントなので、ぜひつけよう。

ダブルオート
長所…有効射程距離+10%
短所…ペレットが8→6

考察
 ペレットが減った影響はあまり感じられないものの、16ゲージが強すぎるのでおすすめできない。

目次にもどる

ダブルバレルの弾薬タイプ

火薬(少)
長所…連射速度+11.1%
   垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+1.2%
短所…射程距離-30%
   弾丸速度-10%

スラグ
長所…ダメージ+275.0%
   有効射程距離+195.5%
   バイタルダメージ+750%
   乗物へのダメージ+155.0%
   貫通力+433.3%
短所…エイム速度-50%

焼夷弾(超おすすめ)
長所…焼夷弾ダメージ
短所…弾丸速度-10%
   有効射程距離-5%

火薬(多)
長所…有効射程距離+5%
短所…連射速度-2.9%
   エイム速度-2%

ホローポイント弾
長所…手足へのダメージ向上
短所…有効射程距離-10%

フランジブル弾
長所…敵の治療を遅らせる
   敵の脚に命中すると動きが鈍くなる
短所…なし

バック&スラッグ(超おすすめ)
長所…スラグ弾1、ペレット弾4を発射する。
短所…ペレットが8→4に低下。
   エイム速度-50%

考察
 焼夷弾は約14mまで炎上ダメージ込みで一撃キルできるようになる。バック&スラッグと異なり、エイム速度を下げずにすむので選択肢になる。ただ、炎上ダメージが入るのが遅れるので注意。
 バック&スラッグは胸当てなら約15mまで一撃キル可能。腹当てなら約10mまで一撃キル可能となるので選択肢になる。エイム速度の大幅低下に注意。デュアルと組みあわせるとエイム速度低下を無視できるので相性がいい。
 スラグ弾はヘッドショット以外ではどれだけ至近距離でも一撃キルできなくなる。元々約7mまで一撃キル可能なダブルバレルにとって大きなデメリットなのでおすすめできない。ソードオフとあわせれば胸・腹・肩当てなら10mまで一撃キル可能だが、物足りない。

目次にもどる

ダブルバレルのリアグリップ

ポリマーグリップ
長所…ひるみ耐性+40.0%
   連射中の命中率と反動を改善。
短所…なし

グループグリップ
長所…エイム中歩行速度+10%
   水平反動制御+7.1%
短所…ダッシュ後射撃速度-4.9%
   エイム時間-4.3%

ハッチグリップ
長所…水平反動制御+3.6%
短所…なし

パインタールグリップ(おすすめ)
長所…垂直反動制御+9.3%
   水平反動制御+2.5%
   腰撃ち時の命中率+4%
短所…エイム速度-4.3%

スティップルグリップ
長所…撃った直後の反動が軽減
   センタリング速度+20%
短所…なし

ファブリックグリップ(おすすめ)
長所…エイム速度+3.7%
   ダッシュ後射撃速度+5.3%
   腰撃ち時の反動回復
短所…水平反動制御-3.7%

ラバーグリップ
長所…垂直反動制御+4.8%
   水平反動制御+2.4%
短所…なし

テープグリップ
長所…エイム時のブレ制御+21.4%
   武器の切替速度
短所…なし

粒状グリップ
長所…エイム中歩行速度+5.0%
   エイム時のブレ制御+19%
短所…なし

レザーグリップ(おすすめ)
長所…エイム速度+3.7%
短所…なし

考察
 ファブリックグリップかレザーグリップをつけてエイム速度を上げるのがおすすめ。デュアルにするなら、パインタールグリップで腰撃ち精度を強化しよう。
目次にもどる

ダブルバレルの熟練度

ディスカード(超おすすめ)
長所…撃ち切り後のリロード速度を強化
短所…なし

プレッシャー
長所…負傷状態でのリロード速度が改善
短所…なし

ガンホー(おすすめ)
長所…ダッシュ中に射撃可能となる。
短所…なし

パニック
長所…武器の切替速度の後の命中率と反動が改善。
短所…なし

バイタル
長所…クリティカルヒット判定を拡大。
短所…なし

スライハンド(超おすすめ)
長所…リロード時間を3秒→2.6秒に改善。
短所…なし

ステディ
長所…射撃時の移動速度低下を軽減。
短所…なし

デュアル(超おすすめ)
長所…銃を二丁持ち腰撃ちできる。
短所…エイムできない。

考察
 デュアルは左右同時発射一撃キル距離が約8m。バッグ&スラッグとの組合わせで12mワンショットキルができ強力なのでおすすめの選択肢の一つ。
 デュアルにしないなら、この枠ではリロード時間の短縮を行いたい。何せ2発撃ったらリロードせねばならないので、リロードの機会が多い。
 1発で決められる場面では1発しか撃たず、もう1発を残して連戦に備えるなら、あらゆる場面でリロード時間を短縮できるスライハンドを選ぶといい。
 一方で1発で死ぬかどうかなんてわからないので2連射するという場合は、ディスカードがおすすめ。撃ち切るならこちらのほうがリロード時間を大きく短縮できる。
 ダッシュしながら撃てるガンホーも選択肢。

目次にもどる

ダブルバレルのキット

高速近接
長所…近接攻撃速度が向上。
短所…なし

オンハンド
長所…装備使用後のクールダウンタイムが短縮
短所…なし

クイック(超おすすめ)
長所…ダッシュ速度が向上
短所…なし

サープラス
長所…キルXPが上昇。
短所…なし

フルロード(おすすめ)
長所…開始時の最大弾薬数最大
短所…なし

ヘビーヒッター
長所…近接スタンパワーを付与
短所…なし

リーチ
長所…近接攻撃範囲が向上。
短所…なし

考察
 クイックが一番おすすめ。ダッシュ速度を強化することで、距離詰めや裏取りがやりやすくなる。
 ディスカードで撃ち切るなら、弾の消費が激しくなる。フルロードで弾を増やしておくのも選択肢。
目次にもどる

ダブルバレルのおすすめカスタム1

メイン武器…ダブルバレル
・M97フルチョーク(マズル)
・LJ-18ディフェンダー(バレル)
・1229/スレート3.25カスタム(サイト)
・ストックなし(ストック)
・装着不可(アンダーバレル)
・16ゲージ(マガジン)
・バック&スラッグ(弾薬タイプ)
・パインタールグリップ(リアグリップ)
・デュアル(熟練度)
・クイック(キット)

考察
 近距離戦を重視してガンスミスを組んだダブルバレルカスタム。

バック&スラッグ+16ゲージ+腰撃ち性能強化+射程強化により、約12~13mまで左右同時発射一撃キルが可能。特に12m以内であれば多少照準が外れても一撃キルできる確実性を誇る。
近距離戦では圧倒的な強さを持つが、継戦能力は不足している。適度に攻め突っ込みすぎないことが大切。ただ、実は8~10mくらいまでは片方発射だけでワンショットキル可能。狭い場所では片方ずつ撃つことで4連戦までこなせる。

目次にもどる

ダブルバレルのおすすめカスタム2

メイン武器…ダブルバレル
・M97フルチョーク(マズル)
・ウィルキーハンツマン(バレル)
・サタン1.35倍レンズ(サイト)
・SA 12R(ストック)
・MARK VIスケルトン(アンダーバレル)
・16ゲージ(マガジン)
・焼夷弾(弾薬タイプ)
・レザーグリップ(リアグリップ)
・ディスカード(熟練度)
・フルロード(キット)

考察
 エイム速度を下げずに射程を伸ばすことを目標にガンスミスを組んだダブルバレルカスタム。

焼夷弾+射程強化アタッチメントの組み合わせにより、炎上ダメージ込みで、約20mまでワンショットキル、約30mまでツーショットキルが可能。近距離戦だけでなく中距離戦を仕掛けるのもアリ。ただ、炎上ダメージで敵が死ぬのに時間がかかるので、壁や障害物など隠れて時間稼ぎできる物がある場所で戦いたい。
エイム速度も向上しており、過信はできないが、ある程度は遭遇戦にも対処できる。
連戦は厳しい。2人までは何とかできるが、3人くるとどうしようもないことも多い。突っ込みすぎないように注意しよう。



武器まとめへ戻る

COD V(ヴァンガード)のpage top