COD WARZONEのVargo 52の性能とカスタム

  初心者オススメ度:★★★☆☆
中級者以上オススメ度:★★★☆☆

 COD WARZONE(ウォーゾーン)のVargo 52は2022年3月4日に追加されたアサルトライフル(AR)だ。
性能やおすすめカスタムについて紹介していく。

COD WARZONE(ウォーゾーン)のVargo 52目次

Vargo 52の性能
アップデート
Vargo 52おすすめカスタム

COD BOCWのVargo 52考察
目次にもどる

Vargo 52の性能

現在の性能
 Vargo 52のレートは約800RPM、弾の当て方と敵の耐久によるキルタイム(約26m以内)は以下の通り。

耐久300の敵
全て胸・腹・手足約0.83秒(12発)
頭1発+残り胸・腹・手足約0.75秒(11発)

 耐久300(体力150+アーマー3枚)の敵に対し、胸・腹・手足に全て当てた場合のキルタイムは普通。頭に1発当てればキルタイム短縮が可能だ。


 約26mを超えると威力減衰が発生する。キルタイムは以下の通り。

耐久300の敵
全て胸・腹・手足約0.9秒(13発)
頭1発+残り胸・腹・手足約0.83秒(12発)

 耐久300(体力150+アーマー3枚)の敵に対し、全て胸・腹・手足に当てた場合のキルタイムは平凡。頭に1発当てるだけでキルタイム短縮が可能。積極的に頭を狙っていきたい。

 反動は1~20発目までは上方向、それ以降は右上方向。反動自体はそこそこ大きめ。だが、ほぼ上反動のみで左右に反動がない20発目までの連射にとどめれば反動制御はそれほど難しくない。中距離以遠の敵でも問題なく狙える。
 エイム速度はAR平均よりも遅い。交戦前にエイムを完了させておく立ち回りが重要だ。
 リロード時間は約2.3秒と普通。マガジン弾数も30発と普通。ただ高レート武器であるため撃てる時間はあまり長くない。継戦能力は少し不安でマガジン系アタッチメントの必要性は高い。
 Vargo 52は。反動も20発までは上反動のみであり敵を狙いやすい。ただ耐久300化と弱体化の影響で以前ほどの火力を出せなくなった。

目次にもどる

アップデート

2022年5月26日のアプデで以下のように性能が変更
・最小ダメージが23→24

・頭倍率1.5倍→1.53倍に増加。

2022年3月23日のアプデで以下のように性能が変更
・最大ダメージが28→27

・最小ダメージが24→23

・首倍率1.2倍→1.3倍に増加。

目次にもどる

Vargo 52おすすめカスタム

 Vargo 52をロードアウトドロップマーカーで呼び出す場合のおすすめカスタムについて紹介していく。

GRUサプレッサー(マズル枠)
長所…消音効果
   垂直反動制御が上昇
   弾丸速度が上昇
   有効射程距離が上昇。
短所…エイム速度が低下
   エイム安定性が低下
   エイム時移動安定性が低下

18.6タスクフォース(バレル枠)
長所…弾丸速度が上昇
   水平反動制御が上昇
   有効射程距離が上昇
   垂直反動制御が上昇
短所…エイム時の移動速度が低下
   腰撃ち命中率が低下
   エイム速度が低下
   ダッシュ時の移動速度が低下

SPETSNAZストック(ストック枠)
長所…射撃時の移動速度が上昇
   エイム時移動速度が上昇
   エイム射撃時の移動速度が上昇
短所…腰撃ち命中率が低下

45ラウンド(マガジン枠)
長所…マガジン弾数が30→45に上昇
短所…リロード速度が低下

サーペントラップ(リアグリップ枠)
長所…エイム速度が上昇
短所…ダッシュ後射撃速度が低下

考察
 射程を伸ばすことを意識してガンスミスを組んだVargo 52カスタム。
 GRUサプレッサーと18.6タスクフォースで上反動抑制&射程強化を行った。消音もしており、発砲しても敵に見つかりづらい。
 取り回しもサーペントラップとSPETSNAZストックで強化。ただ、それでもエイム速度には不安がある。エイム時移動速度を上げているので、エイムしたまま移動して撃つ立ち回りを徹底しよう。
 45ラウンドでマガジン弾数を強化しているので、継戦能力も十分ある。
 大きな弱点はなく火力が高く反動制御しやすいので、使いやすく強いカスタムだ。
COD WARZONE(ウォーゾーン)の武器まとめへ戻る。
COD WARZONE(ウォーゾーン)のアサルトライフル(AR)まとめへ戻る。
COD WARZONE(ウォーゾーン)の考察へ戻る。

COD BOCWのVargo 52考察

  COD MWで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!